世界最大支間長の

PCエクストラドーズド橋

青森県三戸郡三戸町梅内に架かる世界最大支間長のPCエクストラドーズド橋。

青森県南東部にある三戸町の東部を南北に走る一級河川馬淵川と青い森鉄道(旧JR東北本線)、三戸町道を同時にまたぐ。 広域農道の延長として造られた。

三戸望郷大橋は、橋の長さ400m(中央径間200m)の3径間連続エクストラドーズド橋で、中央径間はPCエクストラドーズド工法による橋では世界最大級を誇る。

広域農道の延長として、三戸広域の農産物の物流を円滑にすることはもとより、眼下を流れる馬淵川の清流と、色彩あざやかな三戸町の四季の風景を一望することができる。

農道沿いには三戸町の特産品である「リンゴ」をはじめとする果樹園地帯が一面に広がり、花と果実が彩る実り豊かな「フルーツロード」を形成している。

エクストラドーズド橋とは

エクストラの「範囲外に(主桁の外に)」と、ドーズドの「補強された」に由来した、主塔と斜材により主桁を支える外ケーブル構造による橋梁です。つまり、主桁の外に補強材であるPC 鋼材を配置した構造を持つ橋をいう。

アクセス

名称:三戸望郷大橋(さんのへぼうきょうおおはし)