ついたち参りの信仰集める開運招福の宮

開運招福の神として広く信仰を集め、三戸町の中央高台に鎮座する。

「三戸のしんめいさま」とあまねく親しまれ、毎月のおついたち参りには多くの参拝者でにぎわう。

パワースポット「思案の石」があることでも知られる。


<行事> 市神社例祭 盆踊り大会

境内で「なにゃどやら」を踊る盆踊り大会。同時に、子ども盆踊り大会も行われる。

2017年は7月30日に行われ、金魚すくいやワタアメなどもあり、多くの家族連れで賑わった。

盆踊り大会

子ども盆踊り大会

<行事> 夏越の祓(茅の輪くぐり)

毎年6月30日に行われる。

夏越の祓(なごしのはらえ)は鳥居に設置した茅の輪をくぐり、半年の災(わざわい)・罪(つみ)・穢(けがれ)を祓い清め、開運招福・無病息災などを祈る神事。

また、この夏越の祓に対し年末に行うものを年越しの祓え(大祓(おおはらえ))といい、宮中をはじめ全国の主要な神社で行われる。

みこにゃん

三戸大神宮のオリジナル・イメージキャラクター「みこにゃん」。

名前は公募によって決められた。

人形師・夏坂師匠によって作成された人形が参拝者を出迎える。

みこにゃんの御朱印目当てに県内外からの参拝者も多い。

川村惣太郎の市神社

川村惣太郎が重税に苦しむ町民を命がけで救うために直訴し、これが許されたことを称え、死後町民有志が境内に建立した。

現在の市日や「まける日」はこの訴えにより創設されたもの。

商売の神様(市の守護神)として、今でも信仰が厚い。

思案の石

川村惣太郎が、この石に腰掛け、日々思案し単身直訴を決断した石として知られる。

この石に腰掛けて、心静かに祈念すると願い事が叶うと伝えられるパワースポット。

神明さまの歴史

「神明さま」として親しまれている三戸大神宮は、その昔は神明社、神明堂とよばれ、箸木山の八畳屋敷に鎮座していたという。箸木山の社殿は万治元年(1658)に町内有志によって建立された。祭神は天照大神。

その後、元禄元年(1688)南部家の家臣である藤枝宮内の屋敷(毘沙門館)であった現在の場所へ遷される。別当を務めたのは東学院の子、東学坊であった。これが現在の宮司山崎家の祖先。

江戸時代中期には藩命により新社殿が造営され、歴代の藩主の尊崇が厚く、代参により武運長久を祈願させたという。

町の中心部にありながら、涼しく清らかな風が吹く境内では、町内外から参拝者が絶えないほか、近年は旧会津藩にゆかりのある多くの人びとが、旧会津藩士で藩校日新館教授であった杉原凱の墓を訪ねている。

二日町の取締りを行っていた川村惣太郎が、町民の減税と市日の開設を命をかけて直訴し、これを許されたことを称え、死後町民有志が境内に建立した市神社は、商売の神様として商業者からの信仰が厚い神社。

また絵馬殿には江戸時代を中心に多くの絵馬が残されているほか、南部藩お抱え力士の墓も見つかるなど、三戸町のさまざまな歴史を伝える神社として注目を浴びている。

合格祈願の絵馬でいっぱいの絵馬掛所

庭園は整備され「神明さまの森」として町の風景木に指定されている

年間行事

毎月1日 おついたち参り

6月30日 夏越大祓式(なごしのおおはらえしき)・茅の輪神事(ちのわしんじ)

9月13〜15日 神輿渡御祭(みこしとぎょさい)・三戸まつり

アクセス

名称:三戸大神宮

祭神:天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)

所在地:青森県三戸郡三戸町同心町諏訪内43

連絡先: 0179-22-2501