RIMS研究集会2017「可積分系の数理と応用」

概要

平成29年度RIMS共同研究(公開型)「可積分系の数理と応用」

日時: 2017年9月4日(月)〜6日(水)

会場: 京都大学数理解析研究所420号室

研究代表者: 上岡 修平(京都大学)

プログラム

PDF版はこちら


9月4日(月)

13:40〜14:30 岡田 聡一

KP hierarchy and Giambelli identities

14:40〜15:30 茂木 康平

可解格子模型の波動関数のIzergin-Korepin解析

(20分休憩)

15:50〜16:40 尾角 正人

箱玉系再訪


9月5日(火)

09:30〜10:20 新庄 雅斗

固有値問題に関連する非自励型ハングリー可積分系について

10:30〜11:20 木村 欣司

楕円差分Nahm方程式と関連する話題について

(20分休憩)

11:40〜12:30 丸野 健一

可積分系と数値計算: 厳密解 vs. 数値解

(昼休み)

13:40〜14:30 三木 啓司

多変数Rahman多項式の最隣接関係式

(20分休憩)

14:50〜15:40 一木 信吾

非対称単純排他過程を用いた吸脱着機構を持つ自己駆動粒子系の解析

15:50〜16:40 岩尾 慎介

旗多様体の量子K理論と相対論的戸田方程式

(18:00〜 懇親会)


9月6日(水)

10:30〜11:20 松本 ディオゴ けんじ

分配束とヤン・バクスター写像の関係について

11:30〜12:20 小寺 諒介

Higher level Fock spaces and affine Yangian

(昼休み)

13:40〜14:30 川上 拓志

4次元Painlevé型方程式

14:40〜15:30 鈴木 貴雄

A型パンルヴェ系と超幾何関数

旅費支給について

参加にあたって旅費の支給を希望される方は、下記連絡先までお知らせください。なお予算に限りがありますので、学生、若手、遠方からの希望者を優先させていただく場合があります。あらかじめご了承ください.

連絡先

上岡 修平(京都大学): kamioka.shuhei.3w [at] kyoto-u.ac.jp