オレンジコンサルティング

小さな会社のIT経営を応援します

最近のIT投資はフロントからミッドやバックオフィスの生産性向上だけでなく、業務の流れであるビジネスプロセスの変革にも活用されています。「経営戦略」とは別なものであった「IT戦略」の重要度が高まり、ひとつにまとめて「戦略策定」する必要性が高まっています。

まずは「今までの経営方針で大丈夫ですか」「これまでの強みは維持できますか」など、社長の思いを再チェックします。次に業界の変化と自社の強みのチェックをします。そして経営ビジョンを描き、ビジョン実現のために「重要経営課題解決のストーリー」を作ります。

自社の現状のIT化の実力はどの程度ですか。様々な事例がネットで報告されていますが、それらを真似すればうまくいくのでしょうか。導入する会社にあった「身の丈にあったIT化」が必要です。このような一連の分析と企画立案には経験が必要です。ITに強い社内スタッフがいない中小企業が取り組むには、専門家(ITコーディネータ)の支援をお勧めします。

ITコーディネータは、経営戦略が描くビジネスモデルを、ITを利用して実現するストーリーをIT経営企画として作成し、企業の身の丈に合ったIT経営のアクションプランを策定します。そして業界の動向、IT成熟度、重要成功要因を実現するIT活用法の選定、IT活用の戦略モデルとアクションプランへと展開します。

経営課題を解決するには、仕事のやり方を見直して、接客マニュアルを書き換えたり、年間の業務カレンダーを整備したり、経営改革・業務改革が先行する必要があります。IT経営は業務改革目標を達成する計画実行からスタートします。IT経営では、多くの部門にまたがる業務改革を実行、IT化システムは多方面のニーズを整合して立案することが必要です。その結果として、大きな生産性向上と収益性の向上を会社に還元します。

IT経営で、中小企業とともにお客様に「価値ある商品やサービス」を創り提供します。

IT経営の「見える化」で、中小企業の経営者に「決断するデータと考える時間」を提供します。

「価値共有」中小企業とお客様の目指す価値を共有して、一体となって目標達成に取り組みます。

「共存共栄」目標を持つ仲間とビジョンを共有して、お互いに協力し合い、共に価値を創り上げます。

「自己実現」事業活動を通じて、生き甲斐と充実した人生を築く場を提供します。

IT導入にはお金が必要となります。今年もIT関連の多くの補助金が存在しています.採択率は約5割ぐらいなので、申請のポイント押さえることで取得がしやすくなります。また申請書を書くことで、自社の課題や解決策も見えてきます。ご相談をいただければ「解決策」を手にできるかも知れません。現在進行中のIT関連の補助金は「IT導入補助金」や「商工会の持続化補助金」があります。※こちらに有益な情報があります。

IoTは、あらゆるモノがインターネットに接続され、内蔵したセンサー等からデータ収集できる仕組みです。センサーやネットワーク技術の進化・低価格化・省電力化が進んでおり、PC・スマートフォンだけでなく、家電・自動車・産業用機器などさまざまなモノがネット接続されて、爆発的なIoT機器の増加が期待されています。その結果、IoTにより収集されたビッグデータと、AIによって解析したデータ活用が注目されています。IoTとAIの進化はクルマの自動運転やロボットでの接客だけにとどまらず、定型業務の自動化、医療診察の支援、音楽の創作活動の支援など、私たちの日常生活やビジネスのやり方が大きく変わろうとしています。※こちらに有益な情報があります。

IT化の第一歩はパソコン導入から始まります。簡単に見積書や請求書をエクセルやワードで作ったり、青色申告用にパソコンで複式簿記をつけたり、インターネットで商品販売や集客ができます。しかし、パソコンがある日突然、不具合に至る場合があります。何も悪いことをしていないのに、急に止まってしまえば仕事に差し支えます。復旧は、専門的な知識や経験があれば数分で解決することがあります。※こちらに有益な情報があります。

パソコン不具合の原因として上位に位置します。セキュリティソフトが入っているから安心では済まない場合が多くあります。一つにはフィッシングメールがあります。知らない人からの請求が突然入ったり、知り合いの名前を利用した「なりすまし」もあります。2つにはwindowsなどの脆弱性をねらった「アタック」があります。インターネットに接続した時から、外部のブラックハッカーに狙われていると考える必要があります。分かりやすく言えば、夜に暗い都会の街を一人で歩いているイメージを想像していただければと思います。※こちらに有益な情報があります。

ホームページを開設すると、気になるのはお客様が見てくれること。お客様に見ていただくには、検索サイト(Yahoo・Google)の検索結果が上位になる必要があります。少なくとも1ページ目に表示されるには、適切なSEO対策が必要となります。解決策は、簡単に言えば「毎日の更新」「ページ数の拡大」「テキスト文に拡大」が重要な要素となります。お金をかけたリスティング広告も一つの手段となります。※こちらに有益な情報があります。

はじめまして、オレンジコンサルティング代表の「越田幸一」です。

「オレンジコンサルティング」のオレンジは、明るい太陽や炎のように生き生きと輝いている色で、生命力と躍動を象徴しています。沢山の人とお話しして関わることで、「役に立つぞ」という素直な感情が湧いてきます。この意味合いから命名しております。

私の経歴を簡単に紹介します。大手IT企業に在籍していた30代後半から、基幹システムのハードウエア・ソフトウエア・電話交換機・高速光回線などを、主に大企業に販売する法人営業を担当していました。

40代の営業マネジャー時代には、会社が所属する一般社団法人石川県情報システム工業会(ISA)で活動しており、その時に中小企業の「IT化」に不安を持ちました。大企業と比較して劇的に遅れている中小企業の「IT化」の必要性を感じたのです。

その後大阪へ異動しても、地元の中小企業を何とかしたい。自分のスキルを生かせる場はここではないと思い始めました。そこで中小企業のIT化支援は、営利を目的とした民間企業ではなく、公的機関で活動することが現実的だと気づきました。

平成19年に大手IT企業を50歳で退職して子会社に配属された時に出向を希望して、平成20年から石川県産業創出支援機構でアドバイザーとして働いています。

現在、石川県産業創出支援機構のアドバイザーとして、担当業務は「県内中小企業のIT化の推進」「県内IT企業の育成支援」「専門家派遣の申請支援」をしており、平成30年度からは「よろず支援拠点」のコーディネータを兼務しております。

大手IT企業と合わせて約40年のキャリア(経験知)と、過去からの蓄積したスキル(実践知)で、中小企業を支援していきます。よろしくお願いします。

1.社名 オレンジコンサルティング

2.代表 越田 幸一(個人事業主)※ITコーディネータ 認定番号9013472017C

3.創業 2018年4月1日

4.社員数 1名

5.住所 〒920-8203 石川県金沢市鞍月2-20(派遣先)

6.営業時間 平日 9:00~17:00(土・日・祝日を除く)

7.電話 050-5329-3744(営業時間内)

ITに関する困りごとに対応できます

弊社の理念

IT経営で、中小企業とともにお客様に「価値ある商品やサービス」を創り提供します。

ビジョン

IT経営の「見える化」で、中小企業の経営者に「決断するデータと考える時間」を提供します。


ご相談・お問い合わせはここから

営業時間

平日 9:00~17:00

土日祝日は定休日