國廣昇

(Noboru Kunihiro)

國廣昇 (くにひろ のぼる)

Last update 2018/06/02

English version is here.

所属・身分 東京大学・准教授

大学院情報理工学系研究科 コンピュータ科学専攻

(兼担:大学院新領域創成科学研究科 複雑理工学専攻,理学部 情報科学科)

経歴

  • 1971.6 愛知県岡崎市にて生まれる
  • 1990.3 愛知県立岡崎高校卒業
  • 1994.3 東京大学工学部計数工学科卒業(数理工学)
  • 1996.3 東京大学大学院工学系研究科計数工学専攻修士課程修了(数理工学)
  • 1996.4 NTT入社
  • 1996.8 - 2002.6 NTT コミュニケーション科学基礎研究所
  • 2001.1.18 博士(工学)
  • 2002.7 - 2006.3 電気通信大学電気通信学部情報通信工学科 講師
  • 2006.4 - 2008.2(2006.4-2007.3は助教授) 同准教授
  • 2008.3- 2018.3 東京大学大学院新領域創成科学研究科 複雑理工学専攻 准教授
  • 2018.4- 現職

学位論文

タイトル: Security and Efficiency Analyses of Public Key Cryptosystems (公開鍵暗号の安全性解析と高速化手法)

博士(工学),東京大学大学院工学系研究科計数工学専攻,2001年1月18日

研究テーマ

  • 主要な研究テーマ:
    • 暗号理論,情報セキュリティ
  • 具体的なテーマ(順不同)
    • 公開鍵暗号の安全性評価,IDに基づく暗号系,暗号プロトコル全般,秘密鍵暗号に対するside channel解析,代数的攻撃,ハッシュ関数に対する攻撃,Shorの素因数分解アルゴリズムの量子回路表現,秘密分散法の応用,などなど
  • まだ興味のあるテーマ
    • 加法連鎖

著書,翻訳本

  1. 暗号理論(<1冊でわかる>シリーズ) 太田 和夫訳・解説,國廣昇訳,岩波書店, 2004年3月発行(原書は,"Cryptography": A Very Short Introduction, Fred Piper &Sean Murphy著,Oxford University Press発行)
  2. ほんとうに安全?現代の暗号(<岩波科学ライブラリー>シリーズ) 太田 和夫,國廣昇(著),岩波書店, 2005年5月発行
  3. 数学ゲーム必勝法1,小林欣吾,佐藤創監訳,共立出版,2016年12月発行(7章の翻訳を担当)
  4. Mathematical Modelling for Next-Generation Cryptography, Editor: Tsuyoshi Takagi, Masato Wakayama, Keisuke Tanaka, Noboru Kunihiro, Kazufumi Kimoto, and Dung Hoang Duong, Springer, 2017年7月発行.
  5. 基礎系 数学 代数学 (東京大学工学教程) ,國廣昇,丸善出版,2018年1月29日発行.

解説(主要なもの)(5編)

  1. 素因数分解はRSA暗号解読より真に難しいか?,國廣昇, 電子情報通信学会会誌,Vol. 91, no. 6, pp. 474-477, 2008.
  2. APOPが破られた,國廣昇,太田和夫, 電子情報通信学会会誌,Vol. 91, no. 9, pp. 822-825, 2008.
  3. 格子理論を用いた暗号解読の最近の研究動向,國廣昇, 電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review, Vol. 5, No. 1, pp. 42-55, 2011.
  4. サイドチャネル攻撃の数理 (特集 暗号と数学), 國廣昇, 数学セミナー 2015年7月号, pp. 34-39, 2015.
  5. Mathematical Approach for Recovering Secret Key from Its Noisy Version, by Noboru Kunihiro, Mathematical Modelling for Next-Generation Cryptography, pp. 199-217, Springer, 2017.

代表的な論文(5編)

  • Noboru Kunihiro and Junya Honda, "RSA meets DPA: Recovering RSA Secret Keys from Noisy,'' in Proc. of CHES2014, LNCS 8731, pp. 261-278, 2014.
  • Noboru Kunihiro and Kaoru Kurosawa, "Deterministic Polynomial Time Equivalence between Factoring and Key-Recovery Attack on Takagi's RSA," in Proc. of PKC2007, LNCS4450, pp. 412-425, 2007.
  • Noboru Kunihiro, "Exact Analyses of Computational Time for Factoring in Quantum Computers," IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol. E88-A, No.1, pp. 105-111, 2005.
  • Noboru Kunihiro and Hirosuke Yamamoto, "New methods for generating short addition chains," IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol. E83-A, No.1, pp. 60-67, 2000.
  • Noboru Kunihiro and Kenji Koyama, "Equivalence of Counting the Number of Points on Elliptic Curve over the ring $Z_n$ and Factoring $n$," In Proceeding of Advances in Cryptology -- EUROCRYPT'98, LNCS 1403, pp. 47-58, 1998.
  • 全発表リストはこちら(2018/03/28更新)

外部資金・外部プロジェクト(2017年6月23日更新)

学外活動 (2018/06/02更新)

研究室メンバー (2018/04/01現在)

卒業生 (2018/06/02更新)

指導学生(博士後期課程のみ) (2018/04/01現在)

表彰等

  • CSS2016最優秀論文賞, ''まぜるな危険準同型暗号,'' 江村恵太,林卓也,國廣昇,佐久間淳
  • 2010年:平成21年度電子情報通信学会論文賞:佐々木悠,王磊,太田和夫,國廣昇, "Extended Password Recovery Attacks against APOP, SIP, and Digest Authentication"
  • 1997年: SCIS論文賞 「適切な位数を持つ楕円曲線に基づく素因数分解」
  • 全表彰リスト(2018/03/28更新)

担当科目

  • 平成30年度:
    • 情報符号化理論II(大学院:新領域複雑理工学専攻)(S1, S2ターム)
    • 情報数学(学部2年:理学部情報科学科)(A1, A2ターム)

過去の担当科目はこちら

住所:

〒113-8656 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学大学院新報理工学系研究科 コンピュータ科学専攻

E-mail: kunihiro@k.u-tokyo.ac.jp