日本橋分析プラクシス

ユング派心理療法

夢分析・箱庭療法

カウンセリング


ごあいさつ

日本橋分析プラクシスでは、C.G.ユングの分析心理学に基づいた心理療法をおこなっています。病の症状や現在お困りのことをおうかがいして分析的な心理療法を行いますが、お話をうかがうだけではなく、夢分析・箱庭療法・絵画療法などイメージを大切にした心理療法を行っています。

なぜイメージを大切にするのかを少しお話しいたします。

精神的に痛みや苦しみを抱えていなかったとしても、私たちは、日々の生活を送りながら、ときおり自分の人生を振り返り、見つめます。家庭や職場や学校や、仕事や友人関係や恋愛の中には、一人一人それぞれ別々の現実があります。楽しかったり、苦しかったり、どきどきしたり、ひやっとしたり、明るい日射しの下にいたり、暗い迷路の中に迷い込んだりもします。いろいろなことがあるでしょう。どれも私たち一人一人の生きている現実です。

しかし、良く見てみるとこの現実は、実はそれほど安定したものではありません。移ろいやすく変化しやすいものです。ですから、急に、落ち込んだり、絶望したり、人生に望みがないように感じられたりするときもあるでしょう。そんなときには、この苦しい現実から抜け出せないと思うこともあるでしょう。いままでの人生の苦しい出来事が思い出されて、身動きが取れないこともあるでしょう。

でも実は、ユングやフロイトが発見したように、私たちのこの現実は一つの層だけで成り立っているものではありません。それにはいくつもの層があります。私たちの生きている現実は、本来は誰かが決めた一つの現実に納まるものではなく、とても多彩で多様なものなのです。

ミヒャエル・エンデというドイツの作家は、この現実の多層性をよく知っていた人の一人ですが、「ファンタジーというものは、現実から逃げるための手段ではなく、現実に到達するためのほとんど唯一の手段なのです」という言葉を残しています。

ユング派の心理療法は、夢の分析を大切にしています。それは夢というファンタジーが、固定して動かなくなってしまった現実の扉を開き、もう一度豊かな現実を生き返らせてくれる導きの糸となるからです。

夢分析や箱庭療法に留まらず、絵を描いたりコラージュをしたり、艱難辛苦や生老病死という一人一人の現実の話をうかがいながら、この現実が更新され、新たな現実にたどり着くための作業を行うことが、この分析プラクシスでのユング派の心理療法です。

心理療法に留まらず、心理アセスメント、子育て相談、教育分析といった面接の選択肢もあります。

どうぞお気軽にお問い合わせいただき、日本橋分析プラクシスにいらしてください。

猪股 剛 (いのまた つよし)

1969年生まれ。

京都大学および京都大学大学院修了後、2003年にチューリッヒ・ユング研究所にて国際ユング派分析家資格取得。


・面接時間

午前10時から午後9時

面接予約時間(空き時間の有無)は、お問い合わせください。

・料金

当プラクシスは医療機関ではなく、医療保険・各種健康保険の対象外です。料金はご希望内容・面接時間や頻度などによって異なりますが、基本は 50分で1万3千〜1万5千円となっています。また生活状況によりご相談させていただきますので、詳しくはご予約の際お尋ねください。

お問い合わせ

・ご連絡方法

電子メールでのお申し込みを基本とさせていただきます。メールへの返信には多少の時間はいただきますが、原則として二日以内には返信いたします。

日本橋分析プラクシス・メール: wildschwein.t@gmail.com

また、原則として留守番電話となっていますが、お電話でもお問い合わせいただけます。お名前とメッセージとご連絡先をお残しいただければ、金曜日もしくは土曜日に、折り返しご連絡いたします。

Tel: 03-3664-2565

・アクセス

地下鉄人形町駅、水天宮駅から共に徒歩2分。詳細はご予約時にお尋ねください。

news

出版物・活動

著作: 単著『心理学の時間』日本評論社刊、共著『遠野物語 遭遇と鎮魂』岩波書店、翻訳書 C.G.Jung『分析心理学セミナー1925』創元社、など

リンク・所属学会

日本ユング心理学研究所講座案内

http://www.ajaj.info/information.html

日本ユング心理学会

http://www.jajp-jung.info/

日本箱庭療法学会

http://www.sandplay.jp/index.html

国際分析心理学会

https://iaap.org/

国際内在性心理学会

https://www.ispdi.org/