資源・素材学会

包括的資源利用システム

部門委員会

<設立趣旨>

SDGsなどでも天然資源のより効率的な利用が望まれる中、これまでにも我々の社会は資源利用の効率化のために様々な努力を図ってきました。他方で、例えば個別プロセスの歩留まりの向上、特定の使用済製品や特定金属のリサイクルなど、どうしてもこれまでの取り組みがボトムアップ的でありこれらをどう組み合わせていけば社会全体の資源利用効率が最適化されるかについての検討は未だ不足がちです。

そこで、社会全体の資源利用の姿を見直し、何をどう組み合わせていけばより社会全体の資源利用が効率化するのかについて、社会システム・技術双方を念頭に置き、これまでの資源・素材学会の既存の部門委員会よりも幅広いテーマについて扱っていきます。

2017年に設立されたばかりの新しい部門委員会ですが、皆様のご参加をお待ちしております。

設立時メンバー一同

入会のご案内

本委員会ではメンバーを常時募集しております。委員会活動にご興味おありの方は、下記の登録用ページからお申し込み下さい。特に入会資格は設けておりません。

入会登録ページこちら

行事等

  • 一般社団法人資源・素材学会 2018 (福岡) 企画講演セッション「包括的な資源利用の高効率化に向けて」
    • 2018年9月12日 9時30分から@ 第7会場
  • 一般社団法人資源・素材学会 平成30(2018)年度 春季大会 企画講演セッション「包括的な資源利用の高効率化に向けて」
    • 2018年3月28日 9時50分から12時00分 @ 第3会場(東京大学 本郷キャンパス 工学部3号館4階 34号講義室)
  • 廃棄物資源循環学会とのセミナーの共催