稲葉美里 Misato Inaba

プロフィール

稲葉 美里(Misato Inaba)

日本学術振興会特別研究員(PD)、関西大学社会学研究科

e-mail shangrileaf[@]gmail.com

研究領域 社会的交換・ゲーム間連結・評判・協力行動

業績

【論文:査読あり】

  1. Inaba, M., Inoue, Y., Akutsu, S., Takahashi, N., & Yamagishi, T. (2018). Preference and strategy in proposer’s prosocial giving in the ultimatum game. Plos One, 13(3), e0193877.download
  2. Inaba, M. & Takahashi, N. (2018). The use of reputation in repeated dyadic interactions. Rationality and Society, 30(1), 54-79. download
  3. Inaba, M., Takahashi, N., & Ohtsuki, H. (2016). Robustness of linkage strategy that leads to large-scale cooperation. Journal of Theoretical Biology, 409, 97-107. download
  4. 稲葉美里・高橋伸幸(2012). 社会的交換の形態が社会的連帯に及ぼす影響の比較. 心理学研究, 83, 27‐34.


【著書・分担執筆】

  1. 高橋伸幸・稲葉美里(2015). 規範はどのように実効化されるのか――実験的検討 亀田達也 (編著) (2015). "社会の決まり” はどのように決まるか (フロンティア実験社会科学, 第6巻) 勁草書房 pp. 85-115.
  2. Takahashi, N., Hatano, A., Inaba, M., Onoda, R., & Simunovic, D. (2014). Social learning, trial-and-error, and creativity. pp.49-63 in Akazawa T., Ogihara, N., Tanabe, H. C., and Terashima, H. (Eds.), Dynamics of Learning in Neanderthals and Modern Humans. Vol.2. Cognitive and Physical Perspectives. Tokyo: Springer.


【翻訳】

  1. 竹澤 正哲・高橋 伸幸・大槻 久・稲葉美里・波多野礼佳 (2017). 協力する種: 制度と心の共進化 (Translated from Samuel Bowles & Herbert Gintis. A Cooperative Species:Human Reciprocity and Its Evolution. Princeton University Press.)


【学会発表:国際学会・口頭】

  1. Nobuyuki Takahashi & Misato Inaba. (2018, March). Voting with their feet promotes mutual cooperation. The 14th Meeting of the German-Japanese Society for Social Sciences, Osnabrueck.
  2. Misato Inaba, Nobuyuki Takahashi, & Seina Katsuura. (2017, June). Which type of sanctioning institution is the most attractive and effective? The 17th International Conference on Social Dilemmas, Taormina.
  3. Misato Inaba & Nobuyuki Takahashi. (2015, June). Under what conditions can a linkage strategy lead to mutual cooperation? The 16th International Conference on Social Dilemmas, Hong Kong.
  4. Nobuyuki Takahashi, Misato Inaba, Ryoichi Onoda, & Yuta Takekawa. (2015, June). The role of psychological inference on the promotion of promiscuous trust. The 16th International Conference on Social Dilemmas, Hong Kong.
  5. Misato Inaba & Nobuyuki Takahashi. (2015, May). Robustness of linkage strategy which leads to mutual cooperation. The 27th Annual Meeting of the Human Behavior and Evolution Society, Columbia.
  6. Nobuyuki Takahashi & Misato Inaba. (2013, July). Why do people selectively give benefits to cooperators in SD? The 25th Annual Meeting of the Human Behavior and Evolution Society, Miami.
  7. Misato Inaba & Nobuyuki Takahashi. (2013, July). Psychological processes of linkage between social dilemmas and social exchange. The 15th International Conference on Social Dilemmas, Zurich.
  8. Nobuyuki Takahashi, Ayaka Hatano, Misato Inaba, Ryoichi Onoda, & Dora Simunovic. (2012, November). Social learning, trial-and-error, and creativity. International Conference on Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning. Tokyo.
  9. Nobuyuki Takahashi, Misato Inaba, Ayaka Hatano, & Ryoichi Onoda. (2012, June). Are sanctioners selected as leaders?. The 24th Annual Meeting of the Human Behavior and Evolution Society, Albuquerque.
  10. Nobuyuki Takahashi, Misato Inaba, & Haruka Nakagawa. (2011, June). Comparison of four types of sanctioning mechanism. The 23rd Annual Meeting of the Human Behavior and Evolution Society, Montpellier.


【学会発表:国際学会・ポスター】

  1. Misato Inaba & Nobuyuki Takahashi. (2018, July). Second-Order Reputation in a Linked game. The 30th Annual Meeting of the Human Behavior and Evolution Society, Amsterdam.
  2. Misato Inaba, Nobuyuki Takahashi, & Seina Katsuura. (2016, July). Voluntary formation of sanctioning institutions in social dilemmas and their effectiveness. The 31st International Congress of Psychology, Yokohama.
  3. Misato Inaba & Nobuyuki Takahashi. (2016, June). Direct exchange or indirect exchange; which exchange enables the evolution of cooperation in social dilemmas? The 28th Annual Meeting of the Human Behavior and Evolution Society, Vancouver.
  4. Misato Inaba & Nobuyuki Takahashi. (2012, June). Do people link a prisoner's dilemma game with a social dilemma game even when only they know their partners' behaviors in SD? The 24th Annual Meeting of the Human Behavior and Evolution Society, Albuquerque.
  5. Misato Inaba & Nobuyuki Takahashi. (2011, June). Comparison of the effects of exchange form on social solidarity. The 23rd Annual Meeting of the Human Behavior and Evolution Society, Montpellier.


【学会発表:国内学会・口頭】

  1. 稲葉美里・川村哲也・小川一仁. (2018). 公共財問題における内生的な制度形成の効果. 日本社会心理学会第59回大会、於:追手門学院大学、8月28日-29日.
  2. 稲葉美里. (2017). 連結による協力問題の解決 -評判を用いることの適応価の解明-. 日本心理学会第81回大会、於:久留米シティプラザ、9月20日-22日.
  3. 稲葉美里・高橋伸幸・勝浦聖奈. (2016). サンクション制度への自発的参加と効果の比較. 日本社会心理学会第57回大会、於:関西学院大学、9月17日-18日.
  4. 稲葉美里・高橋伸幸. (2015). 社会的交換と社会的ジレンマの連結に基づく選別的利他行動の進化条件. 日本人間行動進化学会第8回大会、於:総合研究大学院大学、12月5-6日.
  5. 稲葉美里・高橋伸幸. (2015). 社会的交換と社会的ジレンマの連結:進化シミュレーションによる検討. 日本社会心理学会第56回大会、於:東京女子大学、10月31日-11月1日.
  6. 稲葉美里・高橋伸幸. (2014). 評判が用いられる状況の特性. 日本社会心理学会第55回大会、於:北海道大学、7月26-27日.
  7. 稲葉美里・高橋伸幸. (2013). 社会的交換場面における行動決定に評判が与える影響. 日本社会心理学会第54回大会、於:沖縄国際大学、11月2-3日.
  8. 稲葉美里・高橋伸幸. (2012). 社会的ジレンマと繰り返し囚人のジレンマの連結メカニズム. 第16回 実験社会科学カンファレンス、於:青山学院大学、12月8-9日.
  9. 稲葉美里・高橋伸幸. (2012). ゲーム間連結行動の心理メカニズム. 日本社会心理学会第53回大会、於:筑波大学、11月17-18日.
  10. 稲葉美里・高橋伸幸. (2012). 行動履歴が非対称である場合のゲーム間連結行動. 日本グループ・ダイナミックス学会第59回大会、於:京都大学、9月22-23日.
  11. 高橋伸幸・稲葉美里・Willer Robb.・Barclay Pat. (2011). 人間関係における資源投資戦略の国際比較. 日本社会心理学会第52回大会、於:名古屋大学、9月18-19日.
  12. 稲葉美里・高橋伸幸. (2011). 交換形態が社会的連帯に与える影響の比較. 日本グループ・ダイナミックス学会第58回大会、於:昭和女子大学、8月23-24日.
  13. 稲葉美里・高橋伸幸. (2011). 交換形態が社会的連帯に与える影響の比較. 北海道心理学会・東北心理学会第11回合同大会、於:北翔大学、8月20-21日.


【学会発表:国内学会・ポスター】

  1. 稲葉美里・高橋伸幸・犬塚敦也. (2017). 格差が社会関係資本に与える影響. 日本社会心理学会第58回大会、於:広島大学、10月28-29日.
  2. 稲葉美里・高橋伸幸・宮崎梨奈. (2016). フィールドにおけるサンクショナーに対する評価. 日本人間行動進化学会第9回大会、於:金沢文化ホール、12月10-11日.
  3. 稲葉美里・高橋伸幸. (2014). 連結戦略によって社会的ジレンマでの協力は達成されるか?-Panchanathan & Boyd (2004)の進化シミュレーションによる追試-. 日本人間行動進化学会第7回大会、於:神戸大学、11月29-30日.
  4. 稲葉美里・高橋伸幸・鈴木唯. (2014). 高機会コスト社会への適応戦略としての防衛的悲観主義. 日本グループ・ダイナミックス学会第61回大会、於:東洋大学、9月6-7日.
  5. 稲葉美里・高橋伸幸. (2013). 社会的交換場面での行動決定における評判利用の抑制. 日本人間行動進化学会第6回大会、於:広島修道大学、12月7-8日.
  6. 稲葉美里・高橋伸幸. (2012). 印象形成によるゲーム間の連結. 日本人間行動進化学会第5回大会、於:東京大学、12月1-2日.
  7. 稲葉美里・高橋伸幸・中川遥. (2012). 社会的ジレンマにおけるサンクショニングメカニズムの4形態. グローバルCOE「心の社会性に関する教育研究拠点」総括シンポジウム、於:学術総合センター 東京・竹橋、3月17日.
  8. 稲葉美里・高橋伸幸. (2011). 怒りの適応的基盤-怒りが高評価につながる状況の探索的研究-. 日本人間行動進化学会第4回大会、於:北海道大学、11月19-20日.
  9. 稲葉美里・高橋伸幸・中川遥. (2011). 社会的ジレンマにおけるサンクショニングメカニズムの4形態. 日本社会心理学会第52回大会、於:名古屋大学、9月18-19日.
  10. 稲葉美里・高橋伸幸. (2011). 怒りへの評価に影響を与える状況要因の探索的研究. 日本心理学会第75回大会、於:日本大学文理学部、9月15-17日.
  11. 稲葉美里・高橋伸幸. (2010). 交換形態が社会的連帯に及ぼす影響. 日本人間行動進化学会第3回大会、於:神戸大学、12月4日-5日.


【賞罰】

  1. 2016年 SAGEー北大 社会科学国際優秀論文賞
  2. 2012年 第16回実験社会科学カンファレンストラベルアワード
  3. 2012年 第16回実験社会科学カンファレンス若手発表賞
  4. 2012年 日本人間行動進化学会第5回大会旅費援助
  5. 2011年 日本社会心理学会2011年度大学院生海外学会発表支援制度

ワーキングペーパー

  • Inaba, M., Takahashi, N., & Ohtsuki, H. (2016). Robustness of linkage strategy that leads to large-scale cooperation. Center for Experimental Research in Social Sciences Working Paper Series (No. 146). Hokkaido University. download
  • Inaba, M. & Takahashi, N. (2015). Reputation solves social dilemma because people assume that others' reputation reflect their disposition.Center for Experimental Research in Social Sciences Working Paper Series (No. 144). Hokkaido University. download

学歴

  • 2007/04 北海道大学文学部人文科学科 入学
  • 2011/03 北海道大学文学部人文科学科 卒業
  • 2011/04 北海道大学大学院文学研究科 修士課程 入学
  • 2013/03 北海道大学大学院文学研究科 修士課程 修了
  • 2013/04 北海道大学大学院文学研究科 博士後期課程 入学
  • 2016/09 北海道大学大学院文学研究科 博士後期課程 修了 博士号(文学)取得

職歴

  • 2018年4月~現在 日本学術振興会特別研究員(PD)@関西大学
  • 2017年4月~3月 関西大学ソシオネットワーク戦略研究機構経済実験センター ポスト・ドクトラル・フェロー
  • 2017年10月~3月 関西学院大学 非常勤講師(基礎心理学実験)
  • 2017年4月~3月 関西大学 非常勤講師(情報処理基礎演習、情報処理演習2、コンピュータ・プログラミング演習)
  • 2017年2月~2017年3月 北海道大学大学院文学研究 専門研究員・北海道大学社会科学実験研究センター 技術補助員
  • 2016年4月~2017年1月 科学研究費補助金基盤研究(S)「向社会行動を支える心と社会の相互構築」学術研究員・博士研究員
  • 2016年4月~9月 北海道大学大学院文学研究科研究プロジェクト「人文学と社会」リサーチアシスタント
  • 2016年度 北海道大学文学部ティーチング・アシスタント
  • 2015年度 ~2016年度 北海道科学大学 非常勤講師(社会心理学)
  • 2013年度 ~ 2015年度 日本学術振興会特別研究員(DC1)
  • 2012年度 北海道大学文学部ティーチング・アシスタント
  • 2011年度 北海道大学文学部ティーチング・アシスタント

査読経験

  • 心理学研究
  • 情報処理学会論文誌「数理モデル化と応用」
  • Judgment and Decision Making
  • Games