様々な学生を見てきている人事担当者に良い印象をもってもらうための面接対策についてご紹介します。

面接は第一印象が大事なのはもちろんのこと、あなたの良さをしっかりアピールする場です。

しっかり対策しましょう!

※企業により選考の開始時期は異なりますので、必ずご確認ください。

<面接とは何のために行なうのか>

エントリーシートや履歴書の提出を終え、書類選考を通過後に行なわれるのが「面接」です。

面接とは、人事担当者にとって、学生さんと話して様々なところを ”見て” ”聞いて” 最終確認をするための重要な機会です。

<企業が見る学生の本質とは!?>

基本的に以下の事柄の確認がされます。

★入社意欲があるか(あなたの”本質”を見抜く)

★自社に合っている人材なのか(あなたの”人となり”を見る)

★コミュニケーション能力があるか(社会に適応できるかを見る)

★真面目な性格か(しっかりと仕事に取り組めるか)

など

また、下記のような“人としてきちんとしているか“という部分もしっかり見ています。

★清潔感(スーツの着こなし、ヘアスタイルなど)

★表情(明るい笑顔が見れるか)

★話し方(声の大きさ、声色、話すテンポ、口癖、相槌の打ち方など)

★所作(顔の向き、手の動き、その他独特な癖の有無など)

★目線(自信を持って真実を伝えているかの判断材料)

<どんな人なら採用される!?>

あなたは、どんな人となら“友達になりたい”と思いますか?

・明るい性格で、笑顔が素敵

・ウソをつかない

・一緒にいると楽しい

・趣味が合う

など、必ず無意識に“友達になれるか”を判断していると思います。

企業も同じで、“あなたがどんな人かをしっかり知りたい”という思いで臨んでいます。

かといって、嘘をついて優等生を演じてもすぐに見抜かれてしまいますので注意が必要です。

・学生生活やアルバイトで学んだこと

・今まで頑張って継続してきたこと

・誰にでも誇れること

など、まずは自分を見つめ、箇条書きにして整理してみましょう。

そうすれば、自然と面接でも伝えることができるはずです。

<どうすればうまくできるようになる!?>

面接練習は、場数を踏むのみ!

ふくしまファンのサービスを活用したり、就職センターの方に相談したり、友達と指摘し合いながら何度も行なうことが大事です。

ふくしまファン2019公式LINE@アカウント

Copyright © Hucom Co.,Ltd. All Rights Reserved.