時間言語フォーラム

第15回「脳のことば、神経のことば――脳内情報の解読と活用」

第15回 時間言語フォーラム/次世代脳サテライトシンポジウム2022冬

12月3日(土)14:00-17:00
要申込・参加無料
ハイブリッド開催:明海大学+Zoom

会場:明海大学浦安キャンパス(講義棟2階2206教室)
会場アクセス:京葉線新浦安駅から徒歩約8分
https://www.meikai.ac.jp/access/

プログラム:
西本伸志(大阪大学大学院生命機能研究科)「知覚・認知を支える脳の潜在情報表現」
栁澤琢史(大阪大学高等共創研究院)「脳情報を読み取り操作するBrain Computer Interface」
池谷裕二(東京大学大学院薬学系研究科)「 脳AI融合の過去と未来 」

主催:ERATO池谷脳AI 融合プロジェクト (研究代表:池谷裕二)
新学術領域研究 時間生成学 A01計画班 言語による時間生成 (研究代表:嶋田珠巳)

協力:JST CREST 脳表現空間インタラクション技術の創出 (研究代表:栁澤琢史)

共催:「次世代脳」プロジェクト

問い合わせ: 明海大学外国語学部 嶋田研究室 lingchrono@gmail.com
twitter:https://twitter.com/lingchrono01

時間言語フォーラムについて

人間の心の中にある時間意識はどのようにして生まれるのか。時間言語フォーラムは言語に現れる「時間」を手がかりに、人間の認識する「時間」について多様な視点から考える研究フォーラムです。言語学、工学、哲学、神経科学、比較認知科学など様々な分野の研究者を招いて講演・討論イベントを開催しています。

運営メンバー:嶋田珠巳・鍛治広真・ Joseph Tabolt(明海大学)


新刊案内

『時間はなぜあるのか? チンパンジー学者と言語学者の探険』平田聡 嶋田珠巳 著(2022年4月)ミネルヴァ書房

出版社の紹介ページ


『時間と言語』嶋田珠巳・鍛治広真 編著(2021年1月)三省堂

出版社の紹介ページ

第1章 「時間と言語」に関する基礎的考察 (嶋田珠巳)

第2章  時間の流れの科学──患者さんの内観からわかること (河村満・越智隆太・花塚優貴・二村明徳・緑川晶)

第3章  日本語時間名詞の構造 (田窪行則)

第4章  中国語時間詞の空間性──〈過去〉と〈未来〉の空間メタファー  (木村英樹)

第5章  指示と時間──トルコ語の指示詞 şu を手がかりとして (林徹)

第6章  エピソード記憶と言語──タイプからトークンへ (青山拓央)

第7章  形而上学的時間論の一方法論としての言語と理論──メタ形而上学的観点から (小山虎)

第8章  演算子の作用域から見た日本語の時制解釈 (中村ちどり)

第9章  理由節構文の曖昧性と時間順序 (西山佑司)

第10章 因果関係と時間──「原因」「結果」を主名詞とする連体修飾節を中心に (有田節子)

第11章 選択体系機能理論の観点から見た英語の時制──ハリデーの解釈とマティスンの細密化 (越智綾子)

第12章 時間の言語的意味のコーパス化──日本語テンス・アスペクト表現理解過程解明に向けて (吉本啓)

第13章 ティンリン語のテンスとアスペクト、時間表現 (大角翠)

第14章 時間語彙の対照研究──時間語彙類型論にむけて (鍛治広真・佐々木文彦・嶋田珠巳)

これまでの時間言語フォーラム

  1. 時間と語彙 (2019/5/18)

  2. 時間順序と因果(2019/7/6)

  3. 時間と脳と言語(2019/9/14)

  4. 時間・空間・ダイクシス(2019/11/10)

  5. コーパスと言語処理技術によるアプローチ(2020/2/11)

  6. 時間と言語の哲学(2020/7/18)

  7. 時間感覚の臨床研究(2021/1/23)

  8. 機械の時間処理 vs. 人間の時間処理(2021/7/10)

  9. 非言語の存在力―動物の時間と運動(2021/9/25)

  10. テンスの形態論(2021/11/13)

  11. 言語進化 x 時間生成(2021/12/11)

  12. アスペクトの形態論(2022/5/28)

  13. 時間研究の神経学・神経科学(2022/7/30)

  14. テンスのない言語における時間(2022/10/8


第14回「テンスのない言語における時間」

第14回時間言語フォーラム/DDDLingフォーラム

10月8日(土)14:00-17:00
オンライン開催

安達真弓(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)
「 ベトナム語における知識と時間:現場性と情報共有 」

児倉徳和(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)
「シベ語における知識と時間:過去・変化・一時性 」

コメンテーター:梅田聡( 慶應義塾大学文学部心理学研究室)

共催:
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所
基幹研究「アジア・アフリカの言語動態の記述と記録:アジア・アフリカに生きる人々の言語・文化への深い理解を目指して」(DDDLing)

新学術領域「時間生成学—時を生み出すこころの仕組み」A01計画班「言語による時間生成」

第13回「時間研究の神経学・神経科学」

2022 年 7月 30日(土)14:00~17:00

ハイブリッド開催:明海大学浦安キャンパス(講義棟2204教室)+zoom

河村満(奥沢病院名誉院長)司会・導入講義

岩田誠(メディカルクリニック柿の木坂)「脳と時間と時計」

田中真樹(北海道大学医学研究院)「時間の神経生理学」

第12回「アスペクトの形態論」

2022年5月28日(土)14:00-17:00

梅谷博之(明海大学)「モンゴル語における接尾辞で表されるアスペクト」

千田俊太郎(京都大学)「エスペラントの文法的時間表現: 動詞派生と分詞を中心に」

第11回「言語進化 x 時間生成」

共創言語進化学・時間生成学共同シンポジウム

2021年12月11日(土)14:00~17:00

岡ノ谷一夫(東京大学)「コミュニケーションから発生する時間体験」
北澤 茂(大阪大学)「AI で言語進化と時間生成は説明できるか」
指定討論者 青山拓央(京都大学)

第10回「テンスの形態論」

2021年11月13日(土)14:00~17:00

オンライン開催


松本亮(神戸市外国語大学)

「ネネツ語(ウラル語族サモエード諸語)の文法と時間」


小林正人(東京大学)

「南アジアの視点からみたコルワ語(オーストロアジア)の時制組織」

第9回「非言語の存在力―動物の時間と運動」

2021年9月25日 14:00-17:00

オンライン開催

武井智彦(玉川大学脳科学研究所)「身体の時間と運動」

平田聡(京都大学野生動物研究センター)「チンパンジーの時間」

第8回「機械の時間処理 vs. 人間の時間処理」

2021年7月10日14:00~17:00

オンライン開催

小林一郎(お茶の水女子大学)「自然言語処理研究における時間を捉えるアプローチについて」

中村ちどり(立命館大学)「日本語の時制演算子タ・ルのスコープから見た主文と従属節の時制解釈」

第7回「時間感覚の臨床研究」

2021年1月23日15:00~18:00

オンライン開催

二村明徳(昭和大学医学部内科学講座脳神経内科学部門講師)「認知症の時間感覚を考える」

緑川 晶(中央大学文学部教授)「神経心理学的アプローチから見る時間の認知や知覚の諸相」

第6回「時間と言語の哲学」

2020年7月18日14:00~17:00

オンライン開催

青山拓央(京都大学)「エピソード記憶と言語:タイプからトークンへ」

小山虎(山口大学)「形而上学的時間論の一方法論としての意味論:メタ形而上学的観点から」

第5回「コーパスと言語処理技術によるアプローチ」

2020年2月11日14:00~17:00

明海大学浦安キャンパス 2501教室

浅原正幸(国立国語研究所)「BERTによる文脈化単語埋め込みに基づく意味空間」

吉本啓(東北大学)「時間の言語的意味のコーパス化―日本語テンス・アスペクト表現理解過程の解明に向けて」

第4回「時間・空間・ダイクシス」

2019年11月10日14:00~17:00

明海大学浦安キャンパス 2201教室

木村英樹(東京大学名誉教授/追手門学院大学客員教授)「中国語における「時」の空間性」

林 徹(放送大学文京学習センター/東京大学名誉教授)「トルコ語における空間指示と時間」

コメント:平田 聡(京都大学野生動物研究センター)

第3回「時間と脳と言語」

2019年9月14日14:00~17:00

明海大学浦安キャンパス 2201教室

酒井邦嘉(東京大学)「脳から見た呼応と併合の時間的処理」

河村満(奥沢病院名誉院長/昭和大学医学部脳神経内科客員教授)「「時間」を生み出す脳」

第2回第「時間順序と因果」

2019年7月6日14:00-17:00

明海大学浦安キャンパス 2502教室

越智綾子(国立国語研究所)「日本語における時間と事象表現間の時間的順序関係 〜 選択体系機能言語学の観点から」

西山佑司(慶應義塾大学名誉教授・明海大学名誉教授)「因果のbecauseと推論のbecause」

第1回「時間と語彙」

2019年5月18日13:30-17:00

TKP東京駅セントラルカンファレンスセンター

鍛治広真(明海大学)「ツングース諸語の時間にかんする語彙の体系」

佐々木文彦(明海大学)「日本語の時に関する語彙とその変遷」

大角翠(東京女子大学名誉教授)「ティンリン語の語彙に見られる時間の観念」