アンプラグド・

プログラミング・

パーティ@大月

「コンピュータを使わない、

コンピュータとプログラミング入門」

(アンプラグド・プログラミング・パーティ@大月,

UPPP@大月)

「コンピュータを使わない、コンピュータとプログラミング入門」はしばらく休会いたします。

コンピュータを使わない、コンピュータとプログラミング入門の2年めを振り返って

アンプラグド・プログラミング・パーティ@大月は、しばらく、学校教育におけるプログラミング教育の方針の観察と、プログラミング学習用ゲームの作成に注力します。

アンプラグド・プログラミング・パーティ@大月の活動を休止するわけではないので、講習の依頼をいただければ内容の相談をした上で出張講習を行ないます。

コンピュータを使わない、コンピュータとプログラミング入門#24課題予定

  • 考え方を書くことに慣れよう
    • 6 x 6 オセロを題材に、考えたことをメモし、そのメモをもとに課題や問題を分析することに慣れていただきます。
    • 課題の最中にも「考えたことを詳細にメモしよう」としつこく言うかもしれませんが、ご了承ください。
  • プログラミング学習用ゲームのテスト・プレイ
    • アンプラグド・プログラミング・パーティ@大月では、プログラミング、コンピューティングを学ぶ際に使えるゲームを製作中です。その1つが形になって来たので、テスト・プレイを行ない、またそのゲームの背景にある事柄の説明を行ないます。
  • 「6x6オセロ」、「プログラミング学習用ゲームのテスト・プレイ」に要する時間によりますが、大月市 市立図書館の蔵書でもプログラミングの勉強ができることを見るために、館内巡りをしたいと考えています。
  • 課題、内容についてはこちらもご覧ください。
  • NEW (Jul 17, 2019): ゲームの開発コードネームが決まりました。 "FLAP!" です。


ポイントシート:

「コンピュータを使わない、コンピュータとプログラミング入門」にポイントシートを導入します。30ポイントごとに粗品進呈。

ポイントはガンガン押します。 (削除 @Jul 17, 2018)

料金:

「コンピュータを使わない、コンピュータとプログラミング入門」では原則として参加費は無料ですが、教材の用意および教材作成費として、任意ですが、参加者 (見学者含む) 一人あたり500円のご負担をお願いいたします。

その他

  • 会場は、大月市 市立図書館 会議室です。
  • 「コンピュータを使わない、コンピュータとプログラミング入門」は、各回ごとに原則として独立した内容を行ないます。現在告知中のものは24回めとなりますが、「途中からだと……」という心配はなさらず、ぜひご参加ください。
  • ノートおよび情報カードは原則として持参してください。商店になかった、あるいは持ってくるのを忘れたという場合には、ノート、カードの販売もいたします。ノート1冊、カード1パックは各々¥500です。
  • 参加者の対象は、成人を含む小学生以上です。成人の方の参加も歓迎します。
    • 小学生については保護者の同伴をお願いいたします。
    • 中学生についても、可能ならば保護者の同伴をお願いいたします。
  • 見学も歓迎します。
  • 課題の内容やその他のお問い合わせはお問い合わせフォームからお願いいたします。
  • 参加のお申込みはこちらのページからお願いします。 (必須ではありませんが、資料のプリント・アウト数など準備のため、できるだけご記入をお願いします。)
  • なお、関連するコラムをすこしずつ書いていますので、よろしければご覧ください。
  • また、CampFireにて「アンプラグド・プログラミング・パーティ@大月」のファンクラブを開設しています。そちらにての応援も、ぜひお願いします。

出張講演

「コンピュータを使わない、コンピュータとプログラミング入門」は、場所を提供していただければ出張して行ないます。

その際の題材は課題案にあるもの、あるいはそれ以外のものを指定してください。とくに指定のない場合、こちらにて課題を選びます。

なお、出張講演の場合、交通費+ (4,000円 x 参加者数) の料金をいただきます (参加しない保護者などは参加者に含みません)。仮に宿泊が必要な場合、宿泊費も追加いたします。

問い合わせフォームにてお問い合わせいただくか、ご予約フォームよりご予約をお願いいたします。

疑似コードの概要

「コンピュータを使わない、コンピュータとプログラミング入門」内において、プログラムを書いていただく場合、書きの「疑似コード」を用いていただきます。なお、これは疑似コードのフル仕様ではありません。

疑似コードで記述する際は、重要ではない部分、あるいはこれから分析対象にする部分などにおいて日本語や英語での記述をしていただいてかまいません。

各ページの列の左右が対応しています。

画像をクリックし、新しいタブなどでご覧ください。

# 疑似コードMISP (MISP公開仕様 ver. 0.1)

これに

"local i"

を追加。宣言されたブロック内でのみ有効な局所変数の宣言。

(written: Aug 25, 2017)

(last modified: Jul 07, 2019: #24フライヤー)