関西融合型科学研究組織連合<KSRUG>

のホームページ

■関西融合型科学研究組織連合<KSRUG>について

乳幼児(0~6才)から低学年児童(7,8才)のかがく遊び(=「もの」「こと」に係る遊び・天体遊び、「かず」「りょう」「かたち」の遊び等)における子どもの認識およびその環境構成、さらにはそこに携わることのできる質の高い保育者養成に関心のある研究者・実践者が自らの専門領域や所属を超え、学際的かつ継続的に研究を行う集団です。

■メンバーについて (50音順)

小谷 卓也 (大阪大谷大学)

岳川 有紀子 (こどもサイエンスプランニング)

辻 弘美 (大阪樟蔭女子大学)

富田 晃彦 (和歌山大学)

長瀬 美子 (大阪大谷大学)

野田 祥代 (あいプラネット)

山田 千枝子 (御幸幼稚園・さくらんぼ保育園)

吉村 幸子 (キッズプラザ大阪)

ほか多数のみなさん

■お知らせ

●Esme Glauert 先生(Institute of Education, University College London)をお招きして研究会を行います(2020年2月);大変有意義な研究会となりました。Esme先生、参加の皆様、ありがとうございました。

●国際シンポジウム「乳幼児期のクリエイティブな思考を低学年児童期につなげる物的・人的環境の創造」が開催されます(2020年3月1日)…新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止となりました。

●日本保育学会で自主シンポジウム「Home Science, Home Math:出会うべきものはいつもの風景の中、その出会いを介在するのはあなた!」を行います(2020年5月)