日本土壌肥料学会

関東支部

日本土壌肥料学会は、食糧の生産に深く関係する土壌学、肥料学、植物栄養学の近代的な理論と技術体系を構築することを目的として1927年に設立された学術団体です。以来、国土資源の保全に関連する環境科学の分野なども取り込んで発展を重ね、研究活動や技術開発の範囲を広げてきました。

関東支部は、この学会の6支部(北海道、東北、関東、中部、関西、九州)の一つとして1949年に設立されました。関東支部は、新潟県・神奈川県・東京都・千葉県・埼玉県・山梨県・茨城県・栃木県・群馬県および長野県を構成県とし、各県の大学、試験研究機関、農業改良普及センター、農協、民間の肥料会社、環境調査のコンサルタントなど幅広い会員によって構成されています。