金 ノ プ ロ ペ ラ 舍


I N T R O


金ノプロペラ舍

「芸術芸能・冒険・農林水畜産・衣食住・健康・テクノロジー・社会経済・文明論・コスモロジー・エコロジー」等々、その ハイパークロスな探究活動を通じ、万物を象徴する三つの翼(天・地・人)のプロペラを回転循環させる事で、現在に生きる新たなる活力・遊び・神話を再び生み出し、黄金の微風を巻き起こすチーム。

まだ芸術、遊戯、科学、宗教、生活などが未分化でどうにも名付けようのない世界、生命が辿ってきた道すじ、人間が生きる根本に触れながら、人類の直面する諸問題の解きに微力ながらも貢献したいと願う私的挑戦が始まり。

モットーは「アマチュアたれ」「必要は発明の母」「身の丈で知る」「換骨奪胎」など。

現在は岡山県高梁市有漢町を拠点とする。


M E M O


金ノプロペラ舎 覚書


西暦2011年の東日本大震災、そして西暦2012年、地元の北海道室蘭市では東日本大震災に続くかのように、真冬の吹雪で鉄塔が倒れ二万世帯近くの大停電を起こし数日間冷凍都市と化した。

まるでゆるぎない地盤と信じていたものが、実はいつ腐るかわからぬベニア板だったかのように思えた。

自分は一体なにの恩恵で生きているのか?僕の食べ物は一体誰が何処でどのように作っているのか。僕の服は一体誰が何処でどのように作っているのか。僕が使ってる電気は一体誰が何処でどのように作っているのか。僕の飲んでる水は一体誰が何処でどのように作っているのか。生活を成り立たせている基盤は霞み、生活の距離感が途方もなくつかめない。僕はそんなことも知らないで音楽を演奏したり日々生きていられる事に愕然とした。

僕は全てを0から始めなおさなくてはいけなくなった。

自分から切り離されてしまった世界の全体性を、もう一度自らの体で再生する必要があった。

僕は一体どこからきてどこへ向かっているのか?

僕はどう生きるべきなのか?

使い古された神話やコスモロギーではそれに答えることはできない。

新たなる神話、現在に生きるコスモロジーを自らの手で再生しなくてはいけない。

作るのではなく、再び生み出すのだ。

アマチュアに対してはプロの精神で。

プロに対してはアマチュアの精神で。

まるでレヴィストロースがブリコラージュと呼んだかのように。

あの手この手を使って浮かび上がってくる新たなる神話。

自分や周りの人間が治癒されていくプロセス。

遊び。

哲学らしい哲学ではなく、宗教らしい宗教ではなく、芸術らしい芸術ではなく、神話らしい神話ではなく、生活らしい生活ではなく。

そのようなものを求めている。



L I N K


Official Website of kinnopuroperasha