カロフェス in TOKYO

「カロフェス」とはカローズクラスタ(ファン)による

クラスタのための楽しい時間!

開催概要

公演名:カロフェス in TOKYO 2018

〜第51回「反省」〜

「団扇が舞いお面が飛ぶ?!大反省大会」

日時:2018年9月30日(日) 19:00~21:00

場所:日暮里サニーホール コンサートサロン

入場料:4,000円(要事前申込み)


出演者:

"カローズ応援団 "

  • 丸島和洋(歴史学者 真田丸時代考証)
  • 青木卓郎(信州上田観光協会 事務局長)
  • 小山日出映(東吾妻町 地域政策課 係長)
  • 小池和良 (東吾妻町 地域政策課 補佐)
  • 円城寺雄介(佐賀県政策部企画課企画担当係長)


"スペシャルゲスト"

  • 真田幸丸
  • 高木渉
  • 大野泰広

※敬称略

【注意】

やむを得ない事情により出演者が変更になる場合がございます。

あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。

カロフェス in TOKYO 2018 無事終了致しました。

ご参加頂いた全ての皆様に心より御礼申し上げます。

ありがとうございました。

・・・参るぞ!

はっ!

(カロフェス実行委員会)

申込み方法

事前申込が必要です。 (詳細は「申込方法について」からご確認ください)

イベント内容

  • 『裏話』/様々なイベントを実施してきた各自治体の、他で話したことがない裏話が聞ける!?
  • 『告白』/様々なイベントに参加してきたクラスタの、反省も含めた告白でプレゼントゲット!?
  • 真田丸時代考証を担当した丸島先生のプチ講演会
  • 各自治体PRタイム

※内容は全て予定です。当日の進行により変更となる場合がございます。

スペシャルゲスト

高木渉

1966年7月25日千葉県出身。

勝田声優学院卒業後テレビアニメ「ミスター味っ子」で声優としてデビュー。以後、機動新世紀ガンダムX主人公ガロード・ラン、名探偵コナンの小嶋元太と自身のアドリブにより名前が原作に逆輸入された形の高木渉刑事や、外画吹き替え、ナレーションなど声による活動を主としつつ、俳優としても数多くの舞台に立つ。

2014年放送三谷幸喜脚本の人形劇「シャーロック・ホームズ」ではワトソンの声を担当。2016年NHK大河ドラマ「真田丸」にて初の映像作品に出演、真田昌幸(演・草刈正雄)の娘・松(演・木村佳乃)の夫で後に真田信之(演・大泉洋)の重臣となった小山田茂誠役を演じ、初回放送時長野県上田市で行われたPVに登場するなど早くより同作品のイベントで活躍。(真田)カローズ『次席家老』として新たなファン層を獲得した。

2018年NHK正月時代劇「風雲児たち~蘭学革命篇~」では林子平役で華麗な殺陣を魅せ、また同年上半期連続テレビ小説「半分、青い。」木田原五郎役では奇抜なファッションでも話題となるなど声優以外での活躍も広がっている。

大野泰広

1976年11月10日東京都出身。

東京経済大学経済学部経済学科卒業後お笑いコンビ「ハレルヤ」として活動。コンビ解散後は役者として舞台、映画、テレビドラマ等に出演。また自身で立ち上げた劇団の脚本・演出を担当する一方、事務所の先輩にあたる南原清隆と狂言師野村万蔵の「現代狂言シリーズ」に脚本・演出助手として参加し演者としても舞台に立つ。

大河ドラマ「真田丸」にはカメラテストから参加し本編へと抜擢。真田信幸の側近・河原綱家役を演じ最終話(第50回)では最後の台詞を担った。また同ドラマイベントMCを数多く務め、(真田)カローズ『三席家老』として多くのファンから支持を得た。

三谷幸喜脚本2018年NHK正月時代劇「風雲児たち~蘭学革命篇~」では前野良沢(演・片岡愛之助)及び杉田玄白(演・新納慎也)両方の弟子にあたる大槻玄沢役、またNHK Eテレ放送のABUアジア子どもドラマシリーズでは番組オリジナルパペットアブちゃんの声を担当。その他番組ディレクターや舞台構成などクリエイターとしても多くの作品に関わり、マルチな才能を披露している。

真田幸丸

通称:ゆきまるくん

"真田三代(幸隆・昌幸・幸村)の里・信州上田"を広く世界にアピールすると共に愛する故郷を明るく楽しく盛り上げるために誕生したゆるかっこいいキャラクター。

郷土の英雄「真田幸村公」を彷彿とさせる"六連銭・赤備え・鹿角のカブト"で身を包んだその姿に加え、"愛"とか"正義"とか"勇気"とかヒーローには欠かせないポジティブ且つアグレッシブな熱き血潮を心にたぎらせつつ、真田魂の象徴ともいえる「不惜身命」を貫く覚悟はある。「日本一の兵」を目指している。

出演者

丸島和洋

1977年大阪府生まれ、東京都調布市育ち。慶應義塾大学大学院文学研究科後期博士課程単位取得退学。博士(史学、慶應義塾大学)。専門は戦国大名論。

NHK大河ドラマ「真田丸」時代考証。国文学研究資料館特任助教などを経て、現在立教大学・日本女子大学・国士舘大学非常勤講師。

主な著書に、『戦国大名の「外交」』(講談社選書メチエ、2011年)、『真田四代と信繁』(平凡社新書、2015年)、『真田信繁の書状を読む』(星海社新書、2016年)、『武田勝頼』(平凡社、2017年)などがある。

青木卓郎

2014年7月1日、大河ドラマ「真田丸」に対応する専門セクションとして政策企画部にシティプロモーション推進室が設置され同室に配属。

以来、2016年の「真田丸」放送終了まで、ロケ支援、キャスト招聘イベント、大河ドラマ館運営等全般に携わる。

2017年4月から商工観光部観光課に配属、上田市の「関係人口」増加を目指し日夜奮闘中!

趣味は、城下町や門前町の路地巡り&散歩、自転車、読書(主にミステリーで宮部みゆき、東野圭吾著書を愛読)。

小山日出映 & 小池和良

(写真左)東吾妻町 地域政策課 係長 小山日出映

東吾妻町 地域政策課 観光担当 6年目

(写真右)東吾妻町 地域政策課 補佐 小池和良

東吾妻町 地域政策課 観光担当 4年目

大河ドラマ真田丸では第45回「完封」出演(徳川兵役)。"真田カローズ"発祥の地「岩櫃」としてトークショーや、その他関連イベントに携わる。

円城寺雄介

佐賀県庁職員。救急医療のICT変革、ドクターヘリ導入で知られる。総務省地域情報化アドバイザー。

先祖は龍造寺隆信に仕えた龍造寺四天王、円城寺信胤。

最近は真田丸トークショーなどNHK大河ドラマやNHK正月時代劇「風雲児たち~蘭学革命篇~」と連携した企画の佐賀県誘致も精力的に行っており、その多岐に渡る活躍は全国的に注目されている。

後援

群馬県東吾妻町

(一社)信州上田観光協会

協力

山家神社

連絡先

カロフェス実行委員会(事務局)アカウント

https://twitter.com/fes_ec