つながる安心、

つなげる未来。

小児かかりつけ医制度とは?

かかりつけ医とは、お子様の健康と成長を見守り、子育てサポートも行う最も身近な存在です。かかりつけ医を持ちましょう!という国の制度(正式には、小児かかりつけ診療料制度)が始まり、当院も厚生労働省から認定を受けました。

かかりつけ医として行うよう求められているのは、

●急な病気やケガの際の診療

●喘息、アトピー性皮膚炎などの慢性疾患の管理・療養指導を行うこと。

●発達段階に応じた助言などを行い、健康相談やに応じること。

●予防接種の接種状況を確認して、接種の時期について説明し、予防接種の有効性・安全性に関する情報提供を行うこと。

などですが、実はこれ、今までどこの小児科でも普通に行っていることです。

では、何が変わるのか?というと、

●「小児かかりつけ診療料」に同意された保護者の方からの電話などによる問い合わせには原則常時対応

つまり、


原則24時間の電話やLINEによる相談可能


が、受けられるということです。LINE相談は、当院独自のもので、他院では行っていないところがほとんどです。


当院の、

かかりつけ医としての特徴は、

一言でいうなら、


「こども、未来、つなぐ。」


LINEで最新情報の配信(新型コロナ、インフルエンザなど感染症情報、イベント情報、ワクチン情報など)

診療時間中の急病はもちろん、急なケガにも対応

皮膚科・眼科・耳鼻科・整形外科の初期治療も可能

他院との連携を重視し、個々の病態に併せた病医院の紹介が可能

予防接種のサポート充実

お子様の教育、子育て支援のためのイベント案内

などの特徴を持っています。


強制は一切しませんので、ご希望の方のみお申しつけください。

概ね4回以上の受診歴があれば、対象となります。

他院を受診して比較していただくのもいいと思います。かかりつけ医のお申込みは書面にてお手続きが必要となりますので、詳細につきましては受付までお声がけください。公式LINEから、かかりつけ希望の旨を送信いただくと、その後の手続きをご案内いたします。

詳しくはスタッフまたはLINEにてお気軽にお問合せください。

よくある質問

Q:登録に条件はありますか?

A:対象は、6歳未満のお子様です。これまでは、3歳未満でしたが、令和2年4月1日から6歳未満までに拡充されました。一度ご登録頂くと、就学 まで恩恵が受けられます。予防接種や健診を含めて原則4回以上の来院が登録条件です。4回未満の方は、仮登録していただくことで初回から恩恵が受けられます。制度で定められた条件であるため、病気やケガのさいに、まず当院を受診していただきます。予防接種も継続して行っていただく方です。当院が休診日や明らかに専門外の場合や超緊急時に他院を受診することは問題ありません。次回の受診日に、受診内容をお知らせください。

Q:登録するとどんなメリットがありますか?

A:病気やけがの治療や予防接種、健康相談についての対応はこれまでと何ら変わりません。原則24時間の電話・LINE等による対応が最も異なる点です。ご登録頂いた方のみ、休日夜間の電話とLINE相談が可能となります。当院では、イベントや最新の医学情報(コロナ、インフルエンザなどの感染症情報など)の先行案内もあります。

Q:デメリットは何ですか?

A:登録者さまにデメリット全くありません。もちろん、登録に費用は発生しません。緊急時の他院の受診制限をするものではありません。原則1か所の施設でしか登録できませんが、引っ越しや事情により登録は変更できます

Q:予防接種だけ別の病院でもいいですか?

A:可能ですが、かかりつけ医制度の本質はお子様を継続的かつ全人的なサポートを目的にしておりますので、他施設で予防接種をお受けになる場合は、かかりつけつ登録をお断りさせていただく場合があります。他院で接種された後に、副反応の対応ができずに当院を受診される方がみえますが、接種状況が不明なため、十分な対応ができない場合があります。

Q:肌荒れは皮膚科、風邪は耳鼻科ですよね?

A:病気の診断がつけば該当するかかりつけの診療科の受診でもいいと思います。しかし、ご自身の判断で、あちこち病院を受診し、最終的に予想外の疾患で緊急入院という話はよくあります。これは、1か所で通院を続けていたら変化に気づかれたかもしれません。病気は時間経過とともに起こる変化をとらえることが診断に重要です。

小児科は、病気だけを見るのではなく、こどもを診る科です。こどもの変化を大切にします。医学的視点から子育てを共に行うというイメージで、その場しのぎではなく、将来的な成長と健康も視野にいれた診療を心がけています。特に我が国の抗生物質の乱用は世界的に大問題になっており、特に注意している点です。

お子様の体調不良の窓口、かかりつけ医とは、まず受診するところです。当然、耳鼻咽喉科、皮膚科、眼科、整形外科、外科、アレルギーなどのあらゆる症状の初期対応は可能です。その後の診断により、必要に応じて最適な科、最適な施設へご紹介しています。連携施設と密に連携をとり、幅広い人脈が当院の特徴です。かかりつけ医とは、お子様を健康に戻すための最短コースへの道先案内人と、お考え下さい。

そのため、当院受診の際には、他院受診情報をお伝えください。

Q:夜間休診日中の対応について詳しく教えてください。

A:かかりつけにご登録いただき電話番号を登録いただくと、専用電話24時間対応が可能です。医師か看護師が対応します。これまでのご相談で救急受診が必要になるケースはほとんどありませんが、スタッフが在院し対応可能の場合は当院を、不在の場合は合は連携病院をご案内します。かかりつけ専用のLINEがあり、LINE相談も24時間可能となります。一般アカウントは、夜間・休診日の緊急対応は行っておりません。

緊急時はお電話をお願いしておりますが、対応は医師一人が行いますので、電話に出られないこともあります。その場合は、救急病院の受診または#8000をご利用ください。LINE相談は海外赴任中でも対応(かかりつけご登録様のみ)できますので、大変好評です。