髙橋純一 研究室

髙 橋 純 一 (Junichi Takahashi) 博士(文学)

福島大学人間発達文化学類 准教授

専門分野:特別支援教育・実験心理学

update 2020.01.05

< 研究内容 >

能力の多様性とその理解

⇒ 最近,取り組んでいる研究は,アファンタジア(aphantasia:心的イメージ形成の困難さ)に関する研究です(他大学の先生方と共同で進めています。また,当事者のご意見も参考にしています)。感覚・知覚・認知に関する能力は生活に直結するため,周囲の理解が必要になります。事例によっては,視覚イメージの形成が困難であっても代償的に言語方略が優れていることも報告されています。苦手なところに目がいきやすいですが,長けている能力を見つけることが重要です。

⇒ 障害観の形成と障害理解については,ゼミ生と一緒に展開しています。


① 障害理解に関する研究

― 障害観の形成と変容(障害理解教育)

― インクルーシブ教育の国際比較

― 能力の多様性(素朴な知能観)

② 知覚・認知の個人差に関する研究

― パターン認知,視覚的短期記憶

― 障害児・者の感覚・知覚・認知特性(鏡映文字,感覚過敏・感覚鈍麻,感覚の好み(preference))

― アファンタジア(aphantasia)の心的イメージ能力