ナビゲーター会員紹介

海部 美知

西嶌 隆

山村 雅夫

Ryotaro Seki

日本ユニシス株式会社で営業として活動後、2008 年に渡米、サンフランシスコでMBA 取得。米国で様々なプロジェクトに参加後、ビジネスリサーチを展開。現在、テキサス州サンアントニオ市在住。日本の多くの企業の方が適切なデジタルマーケティングを推進できるマーケティングコンサルティング事業を展開中。SEOコンサルティング、ウェブサイト構築、コンテンツマーケティング支援を軸に、北米でビジネスを展開される日本企業のマーケティングアドバイザーとして活躍中。
https://jumarketing.net/

Michi Kaifu

1983年一橋大学を卒業後本田技研に在籍。89年スタンフォード大学ビジネススクールにてMBA取得、NTTのニューヨーク現地法人とアメリカの携帯電話ベンチャーで事業開発に携わる。1998年、エノテック・コンサルティングを設立し、現在に至る。

Takashi Carney Nishijima

1977年早稲田大学理工学部電気工学科を卒業後、住友商事に就職し、その後渡米。数々の企業で、開拓営業として顧客ゼロの何もない段階から企画を提案し販売に至る業務を、エレクトロニクスに関係した製品のビジネスで経験。米国在住35年目を迎える。2012年10月にカリフォルニア法人、Nishijima Enterprises, Inc.を設立し、日米のクライアントを対象にした商社のバックグラウンドから、ビジネスコンサルタントに従事している。

Masao Yamamura

CEO at Remote System Integration February 2013 - Present

President at ZIOSOFT Japan, CDO at Ziosoft USA May 2008 - April 2012

Senior VP and GM, Fiery Products at EFI February 2004 - April 2008

Vice President and General Manager at EFI January 2000 - February 2004

Director of Software Engineer at EFI January 1998 - January 2000

Manager of Software Engineer at EFI January 1995 - January 1998

Manager of Software Engineer at Fuji Xerox January 1991 - January 1995

Software Engineer at Fuji Xerox January 1982 - January 1991

友永 哲夫

山本 雅司

ロッシェル・カップ

今井 利和

Ted Tomonaga

独立行政法人 中小企業基盤整備機構

・国際化支援アドバイザー

・海外販路開拓支援アドバイザー

・販路開拓コーディネーター

会員:

一般社団法人 販路同友会 マスターズ

CIE

IESNA(北米照明協会)

SID(ディスプレイ学会)

Mark Yamamoto

1983年上智大学外国語学部フランス語課卒、93年Santa Clara Univ. MBA取得1991年三菱電機よりベイエリア出向、Renesal Americaを経て2007年保険業に転身。現在に至る。

Rochelle Kopp

イェ−ル大学歴史学部卒業、シガゴ大学経営学院卒業。『外国人部下と仕事をするためのビジネス英語』(語研)や『反省しないアメリカ人をあつかう方法』(アルク)をはじめ、著書は多数。朝日新聞等にコラムも連載している。日本語が堪能で、日系大手金融機関の東京本社における仕事経験を持つ。シカゴ出身アメリカ人、シリコンバレー在住7年。

Toshi Imai

米国在住35年。紅花レストラン入社、永住権を獲得。Foothill College, Molson Brewery, Kirin Brewery, Oz Restaurant, Skyline College, California Massage Therapist Certificated.

キンバリー・ウィーフィリング

福永 憲一

Kimberly Wiefling

Hewlett-Packard社で10年にわたる技術管理、製品開発の経験やベンチャーの創設等を経て、リーダーシップ、コミュニケーション、プロジェクトマネジメントの分野を中心に企業の人材教育コンサルタントとしてグローバルに活躍中。15年以上の間、多数の日本と米国の大企業向けに数々のグローバルリーダーシップや組織強化プログラムを提供。

Yvonne Burton

イボン・バートンは、日本企業を対象に、コミュニ ケーションとテックフルーエンシー(テクノロジーを 自由に使えるスキル)のスキルアップを専門とするビ ジネスコンサルタントです。イボンヌは、日本での異 文化交流の経験、20 年以上にわたるテクノロジーの専 門知識、コミュニケーションの経験を最大限に活か し、個人やチームが言語、テクノロジー、文化的なコ ミュニケーションの壁を乗り越え、進化するグローバ ルなビジネス環境の要求に自信を持って応えられるよう支援しています。

www.Burtonconsulting.biz

Kenichi Fukunaga

京都市出身。Art Center College of Design BS. General Electric Company, Consumer Electronics Division Account Designer.

1982年開催の米国商務省の会議”Japan, Customer and Competitor” で自己のデザイン理論(米、日、欧の文化的相違に基づく)、“Japan and International Design” を発表。Design Office “GVO” (Palo Alto, California)と提携。

Tom Okada

Accelnova CEO

SVA (Silicon Valley Alliances)Co-Founder, Business Development

米国モトローラにて携帯電話設計開発マネージャーを経て、次世代携帯電話R&D技術部長、モトローラジャパン携帯電話事業部長、常務取締役を経て、米国に帰国。シリコンバレーにてベンチャー企業VPや社外取締役、グローバル営業担当役員を経験。現在は通信、ソフトウェア、IoT、半導体、ワイヤレス充電技術のビジネスコンサルタントやビジネスデベロップメント専門家として活動中。経産省始動プログラム及びNEDOのメンターや、SVA(Silicon Valley Alliances)共同創業者兼営業担当、JABI NPO理事として、スタートアップ支援、グローバルマネジメント支援などを行っている。本職は、MIT発スタートアップ、ワイヤレス充電のWiTricity にてグローバル営業担当バイスプレジデント。

Maarlie Wada

2001年渡米。2002年シリコンバレーでアパレル販売業を起業。2006年、奈良産のカリフォルニア靴下ブランドTabbisocksを立ち上げる。北米を中心に世界各国で販売を拡大、Free PeopleやAnthropologie等の全米チェーンをはじめ1500社以上と取引を行っている。現在は複数のブランドを手がけ、ものづくりのアメリカ進出のための商品企画アドバイザーとしてコンサルティング事業も展開している。
free people・Anthropologies

Eimei Onaga

2004年にロボット、モーションコントロールと視覚技術を専門に、アジア太平洋地域とアメリカでの製品販売、システム統合、製品開発サービスを提供する Innovation Matrix社を創業。最近は、米国物流ロボットビジネスを展開中。

1970年にアメリカに留学。卒業後、世界初のロボットメーカー, Unimation, Inc. に就職し, ロボット制御装置の開発に携わる。また、リエーゾンエンジニアとして、川崎重工とUnimation社との技術トランスファーに深く関与する。 専門はコンピューターアーキテクチャーと制御。アメリカにおいて、17の特許品を発明または共同発明。

40数年、ロボット一筋に日米のロボット業界で技術およびビジネスに貢献。専門分野以外では、2010年に日本中小企業のアメリカ進出を支援する非営利団体Japan America Business Initiatives – Silicon Valley (JABI-SV)を共同設立。これまで、自分の培った日米アジア間での交渉や、展開ニーズの為のソリューションの提供、コネクション等を中心に、JABIの目指す日米間の架け橋となる活動に貢献中。  また、2017年より経産省「始動」プロジェクトおよびNEDOのメンターとして起業家支援に貢献中。

シラキュース大学電気工学部卒業

ブリッジポート大学大学院電気工学修士卒業

Akiko Futamura

1995年東京大学農学部農芸化学科を卒業後渡米。2001年イリノイ大学シカゴ校医学部博士課程でPhD取得。住商バイオサイエンス米国法人の立上げ・副社長。2006年、バイオテクノロジー分野のコンサルティング会社インフィニットバイオ (InfiniteBio Inc.)を設立。日米50社あまりを手がけ現在に至る。2013年よりカルナバイオサイエンスの米国社長を兼任。米国バイオベンチャー企業Multispan、 GeneEd、Panomicsなど。日本バイオベンチャーの米国立上げ、フェニックスバイオ、サイバックス、リプロセル、カルナバイオサイエンスなど。


Atsuo Kimura

Ph.D. Electro Physics, Cornell Univ. 6/1974

IBM Corporation, 10/1974 – 2/2000

RORZE Automation, CA, 4/2000 – 4/2001

Technology Consultant, GSTS, 5/01 –10/02

KISHIMA USA Inc. CA, 11/2002

Kaz Nakajima

「御社の技術マーケティング部門がここにあります。」をモットーに弊社では、技術マーケティング部門の業務全般を請負、最適かつ最高のソリューションを提供いたします。様々な技術分野で活躍する独立系コンサルタントや代理店等とパートナーシップにより、技術カバー範囲は光学、光通信デバイス及びネットワークから、半導体及びパッケージング、さらに基板設計や実装にいたるまで幅広くお引き受けいたします。

二村 晶子

合田 幸雄

長富 中宏

Akiko Futamura

1995年東京大学農学部農芸化学科を卒業後渡米。2001年イリノイ大学シカゴ校医学部博士課程でPhD取得。住商バイオサイエンス米国法人の立上げ・副社長。2006年、バイオテクノロジー分野のコンサルティング会社インフィニットバイオ (InfiniteBio Inc.)を設立。日米50社あまりを手がけ現在に至る。2013年よりカルナバイオサイエンスの米国社長を兼任。米国バイオベンチャー企業Multispan、 GeneEd、Panomicsなど。日本バイオベンチャーの米国立上げ、フェニックスバイオ、サイバックス、リプロセル、カルナバイオサイエンスなど。



Yukio Goda

中西部は特にメーカが多いこともあり、技術的な理解を要求される製品を扱うことを得意とし、工作機械、産業機械、工業部品、電子部品等の会社をクライエントとして持ち、アメリカ進出時からマーケティング・セールスのコンサルティングを行う等数十社のアメリカにおける販売活動を支援し成功を収める。特に、中小企業の支援を得意としており、セールスの支援も含めトータルの支援を行える体制を組んでいる。

個々の事業内容としては、セールスネットワークのセットアップ、マーケティングプラン、メディアの手配、広告、カタログ、ビデオ制作、ウエブサイト、展示会等多岐にわたるプロジェクトをこなせる能力を備えている。


Nakahiro Nagatomi