イッポラボのNew Activity!

子ども向け

プログラミングスクール、開校!

スクール開校にあたって

どんなことをするの?

イッポラボのプログラミングスクールでは、Scratch(スクラッチ)というツールを使います。

敷居の高いテキストを打ち込んでいくプログラミング言語ではなく、積み木のように命令文をブロック単位で組み合わせる、理解しやすい「ビジュアルプログラミング言語」を用いて学んで行きます。

「10歩動かす」「1秒待つ」といった、画面上にあらかじめ準備されているブロックを組み合わせてプログラムを作り、作ったプログラムによって画面上のキャラクター(初期状態はネコ)が動きます。ネコ以外のキャラクターや背景画像も多く用意されているため、それらを使って、多彩な作品を作ることができます。

何ができるようになるの?

2020年から日本では小学校でプログラミングの必修化が決定しました

ただし、必修化の目的はプログラマー育成ではありません。 物事には手順があり、手順を踏むと、物事をうまく解決できるといったように論理的に考えていく力である「プログラミング的思考」を育むことが目的です。


日常的に、「分岐的な思考」や「バグ(誤り)」を意識するようになり、「失敗」しても、途中までは上手くいったので、次はここを改善しようといった、ゴールへ向かうまでの前向きな考え方ができるようになります。 「説明が苦手で上手く相手に伝えれない」など、コミュニケーションにおいても力がつきます。プログラミングは実行内容が明確であり、そうした思考を持って、物事をや考えを整理して「伝える力」として身につけることが出来ます。


私たちが本当に大切だと考えているのは、子供達がプログラミングを通して「創造力」や「問題解決力」などの本質的な力を身につけてもらうことです。

何に役立つの?

これからの時代を生き抜く力を身につける。


プログラミングというと、PCなどコンピューターを想像してしまいますが、「プログラミング的思考」は分野を問わず様々な場面で役立つと考えています。


サッカーに例えますと、ゴールを決めるまでにどういったルートでボールを回すのか、分岐的思考により、どういったパスで、またはドリブルでゴールへ進める方法があるのか、そしてその中で確率が高いルートはどこなのかといった思考もプログラミング的と言えます。


今行なっている作業をどうすると簡略化でき、効率化するかなど、「プログラミング的思考」はどんな仕事でも繋がってきます。


ITが世界中で普及した今、ITやプログラミングの知識はエンジニアだけが持っていれば良いというものではなく、全ての人が持つべきこれからの時代を生きるために必要な力だと考えています。

スクールの内容 ご紹介

「Scratch」はMITメディアラボが開発した、テレビでも話題になったビジュアルプログラミングツールと呼ばれるものです。ブロックを組み立てる感覚でプログラミングに対する考え方を学習する事ができます。Scratchのサイト上に自分が作成した作品を公開し、色んな人に発表することができ、他の人のプログラムを参考にすることもできます。(現在のユーザー登録数は2500万人以上)8歳〜16歳をターゲットに作られてはいますが、大人の方でもプログラミングを始める教材としては、とても分かりやすく学びやすいです。

Scratchの特徴

プログラミングの命令となるブロックは、「動き」「見た目」「演算」「音」など、どれに関しての命令なのか色分けされており、凹凸の形によりどこに当てはめていくのかが分かるようにデザインされています。実行したプログラムはすぐ横の画面でプレビューができ、動作を確認しながらプログラミングを作ることができます。

カリキュラムの特徴

当スクールだけのオリジナルテキスト使用

イッポラボのプログラミングスクールでは、東京都世田谷区でプログラミングスクールを開校しているnanofun academyが作成したオリジナルテキストを使用します。

パソコンを使ったことがない子どもでもすぐに使い方に慣れるよう、マウスの使い方やキーボードの打ち方、アルファベット入力の仕方が身につきます。徐々にレベルを上げて行き、Scratchが出来るレベルまでスキルアップをします。


パソコン操作になれてきたら、以下の流れでプログラミングを学んでいきます。

①最初は短時間で完成できるミニゲームを作成していきます。達成感とプログラミングの楽しさを体験していただきます。

②順次、分岐、繰り返しなどのアルゴリズムを理解していきます。scratchの命令文に慣れてきたところで、プラットフォームゲーム、シューティングゲームなどを作成しながら、様々なプログラミングの手法を学んでいきます。

③自分で考えた作品を作成し、プレゼンを行えるように目指します。

スクール開校場所

隼Lab.

住所 : 〒680-0404 鳥取県八頭郡八頭町見槻中154-2 隼Lab.

アクセス:若桜線 隼駅 徒歩3分

スクール受講料

スクールお申し込み

▼お申し込みはこちら▼

*「正規コース 申し込み」ボタンをクリックすると、共同運営者のnanofun academyのウェブサイトにあるお申し込みページに飛びます

*講座は「継続講座」→「Scratchコース」をお選びください。

*希望場所は「鳥取 隼校」をお選びください。

スクール運営について