身体情報学セミナー

Information Somatics Seminar


東京大学 先端科学技術研究センター 身体情報学分野 稲見・檜山研究室が主催するセミナーシリーズです。月1回程度外部から講師をお招きし、講演していただきます。

他の研究室の方、学外の方も参加できます。セミナー、懇談会への出欠、今後のセミナーや稲見・檜山研関係イベントやニュースのMLでの案内を希望される方は出欠・連絡先登録フォームにご記入ください。

次回セミナー

  • 第6回 2017年9月21日 (木) 17:00-

篠田裕之教授(東京大学) 「ハプティクスがモチベーションを高める 」

瓜生大輔助教(東洋大学) 「聖と俗の境界のデザイン 」

星貴之助教(東京大学) 「超音波を用いた巧みな計測法」


ご講演終了後、ラボ内で簡単な懇談会を予定しています。

第6回セミナー出欠登録はこちら (9月20日締切)

場所

東京大学 本郷キャンパス 工学部1号館4階403号室 (Living Lab Hongo) 地図

PHONE: 03-5841-1671

過去のセミナー

  • 第5回 2017年7月20日 (木) 17:00-

簗瀬洋平先生 (ユニティテクノロジーズジャパン) 「期待をコントロールするコンテンツデザイン」

加賀谷友典先生 (プランナー・”neurowear”プロジェクト等) 「ちょっと先の未来のつくり方」

竹内祐太先生 (株式会社電通) 「『クリエイティブ業界』に身を置くエンジニアの生存戦略 」

  • 第4回 2017年6月23日(金) 17:00~

安原広和先生(ユニティテクノロジーズジャパン) 「黎明期のVRテクノロジーをめぐるテーマパークビジネスの興亡」


  • 第3回 2017年5月25日 (木) 17:00-

青木俊介先生 (ユカイ工学 CEO) 「Lateral Thinking with Withered Technology (枯れた技術の水平思考) 」

山本一成先生 (Ponanza 開発者 / 稲見・檜山研客員研究員) 「名人を倒す将棋プログラムの存在と社会の変化」

  • 第2回 2017年5月9日 (火) 11:00-12:00

Mr. ​Achuta Kadambi (MIT Media Lab.) "Computational 3D Photography"

[ABSTRACT]

Computer science and optics are usually studied separately -- separate people, in separate departments, meet at separate conferences. This is changing. The exciting promise of technologies like virtual reality and self-driving cars demand solutions that draw from the best aspects of computer vision, computer graphics, and optics.

Very specifically, this talk explores the potential of computational photography in the context of 3D imaging. First, we demonstrate a mapping from the polarization of light (orientation of a light wave in space) to the 3D geometry of a scene. Second, we show how it may be possible to use modify existing 3D camera technology to venture "beyond geometry", demonstrating new forms of photography like imaging through scattering media, relighting of photographs, and fluorescence imaging. Such applications are enabled through the use of a time of flight camera, which has been altered to spatially and temporally encode light transport into the captured images. Finally, we discuss the future impact computational photography may have in new application domains like bioengineering and data sciences.

[BIO] ​

Achuta Kadambi is a PhD candidate at the Massachusetts Institute of Technology, working at the intersection of computer science and optics. Kadambi has taught courses on computational photography and light transport at SIGGRAPH and ICCV and co-lectured an MIT class titled "mathematical methods in imaging". His website is here: http://web.media.mit.edu/~achoo/

  • 第1回 2017年4月26日 (水) 17:00-

羽田久一先生 (東京工科大学 准教授) 「(Un) Controllable Media」

高須正和先生 (チームラボ株式会社) 「メイカームーブメントにおける天使度と悪魔度」

  • 稲見・檜山研究室改装記念シンポジウム・レセプション 2017年3月4日 17:30-