Carbon Copy Metaphor: Combining Absolute and Relative Coordinates Inputs for Trackpads

マルチタッチを利用したデバイス間情報移動

Kaori Ikematsu, Itiro Siio

池松香, 椎尾一郎

Carbon Copy Metaphor is a novel input technique involving seamless switching between relative and absolute coordinate modes based on a real-world metaphor for trackpads. In the method, a small workspace (“carbon copy area”) that corresponds in a one-to-one manner to a trackpad surface is displayed on a computer screen. While working on this virtual carbon copy paper, a user can operate in absolute coordinates; outside the paper, relative coordinates are used to move it anywhere and resize it.

一般的なPCに装備されたトラックパッドでの手書きの文字入力やイラスト描画は,スマートフォンやタブレットPCでの入力に比べて操作に時間を要する.これは後者においては,入力面座標が画面座標に1対1対応する絶対座標系による入力であるのに対し,前者はマウスと同じく指の移動量をポインタの移動量に対応させた相対座標系を基準とした入力方式だからである.本研究では,トラックパッド入力においてこれら2つの入力方式を直感的に切り替えるインタフェースとして,カーボンコピーメタファを利用したトラックパッド用対話技法を提案する.