最先端光電子分光で拓く

量子物質科学研究に関するワークショップ


2019年9月5日(木), 6日(金)

広島大学・東広島キャンパス

理学部 E102 & E104 講義室


主催:広島大学 放射光科学研究センター

共催:東広島市

軟X線領域の新規国内放射光源の建設が決まり、軟X線領域における国際競争力の大幅な向上が期待されます。本研究会では、角度分解光電子分光(ARPES)の先端利用研究・計測技術/装置開発に関わる先進気鋭の若手研究者を集結し、最先端ARPESの現状を把握するとともに、数年後を見据えたARPES研究、計測装置、技術開発の指針を議論することを目的とします。

また、大学院生・若手研究者の積極的な研究会への参加・ポスター発表の申込を期待します。ポスターセッションでは、ARPESを用いた物性研究から計測技術にわたり、幅広い分野の取り組みを募集します。発展途上・萌芽期の研究成果でも構いません。むしろ、研究・解析・装置開発の現場においての課題・問題点も発表して頂き、ARPES研究の第一線で活躍する先生方と議論することで、今後の研究指針が得られるような会になれば良いと期待しています。

重要なお知らせ

8月 2日(金):講演・参加登録、事前申し込み締切

8月23日(金):ポスター発表申込締切

チュートリアル講演

石坂香子(東大工)

井野明洋 (久留米工大)

招待講演

相浦義弘(産総研)

岡崎浩三(東大物性研)

中山耕輔(東北大理)

Susanna Eriksson (Scienta-Omicron)

Eike Schwier(広大HiSOR)

近藤猛(東大物性研)

橋本信(SSRL)

室隆桂之(JASRI)

岩澤英明(広大理)

佐藤宇史(東北大理)

堀場弘司(KEK・PF)

吉田鉄平(京大)

講演・参加登録

参加費:6,000円(会議費、懇親会費、2日目の昼食(軽食)などを含みます)

下記ボタンから、講演申込・参加登録をして下さい。

参加費は当日受付にて、現金でお支払い下さい。

プログラム

PDF版はこちら

9月5日(木)

12:30― 受付開始

13:00ー18:00 口頭発表&ポスターセッション(1)

18:30―20:30 懇親会


9月6日(金)

9:00ー15:00 口頭発表 & ポスターセッション(2)

15:00―16:00 HiSORツアー(希望者)

会場・アクセス

広島大学 東広島キャンパス理学部 E102 & E104講義室

〒739-8526 東広島市鏡山1丁目-3-1

アクセス詳細はこちら(広島大学公式Webサイト

懇親会

日時:9月5日(木)18:30-20:30

会場:西条HAKUWAホテル

問い合わせ先

岩澤英明(広大理)

E-mail: h-iwasawa@hiroshima-u.ac.jp


広島大学 放射光科学研究センター(事務室)

E-mail: hisor@hiroshima-u.ac.jp