太陽光発電とは

最近よく屋根の上や広い空き地にソーラーパネルがあるのをよくみかけませんか?それは太陽光発電が地球にも家計にも優しいからなんです。必要な時だけ電気を買い、余った時は電気を売る。それが難しいことなく自動で行われたら助かりますよね。太陽光発電の仕組みやメリット・デメリットを見てみましょう

太陽光発電とは?

太陽光発電は、太陽電池と呼ばれる装置を用いて、文字通り太陽の光エネルギーを直接電気に変換する発電方式です。

仮に地球全体に降り注ぐ太陽エネルギーを100%変換できるとしたら、世界の年間消費エネルギーをわずか1時間でまかなうことができるエネルギーと言われています。しかも、枯渇する心配がありません。

また、クリーンであることも特長であり、発電時に地球温暖化の要因とされる二酸化炭素もまったく排出しません。

このため、エネルギー源確保が容易であり、地球にもやさしいエネルギー源として、太陽光発電は大変注目を集めています。また、日本は世界でもトップクラスの太陽光発電技術を有する国といわれており、太陽光発電の導入は今後ますます加速すると思われます。

太陽光発電のしくみ

家やカーポートに載せた太陽光発電は、家庭内で使ったり、電力会社へ売ることができます。

発電した電力量が消費する電力量よりも多いとき、余った電力を電力会社に買い取ってもらえます。

逆に、発電量のほうが少ないときは、足りない電力を電力会社から買います。これらの電気のやり取りは全て自動で行われ、人の操作は必要ありません。

ソーラーパネルで発電

屋根に取り付けたソーラーパネルで、太陽の光エネルギーが電気エネルギーになります。

ここで出力されるのは直流電流で、一般的な家電に使うことはできません。

家電で使うためには、交流電流に変換する必要があります。

パワー・コンディショナーで電力を直流から交流へ

パワーコンディショナーは、直流電流を交流電流に変換するための機械です。

電力を変換するときに、少量のエネルギーロスが発生します。変換効率が高い機種を選ぶと、失われるエネルギーを減らすことができます。

③分電盤で電気を供給する

分電盤はブレーカーや漏電遮断器が収まっている箱のことです。

太陽光発電は、専用の分電盤を使います。パワーコンディショナーから出力された電力を受け取り、家庭内のコンセントや照明に電源を供給するのが役目です。

④蓄電池で電気を貯める※オプション

電気代の節約や非常時のために、太陽光発電の余剰電力や深夜電力を充電できます。

電気代を節約するときは、深夜電力を蓄電して昼間に使います。これが太陽光発電の「押し上げ効果(ダブル発電)」にあたる場合、買取価格が下がります。蓄電池の機種によって、ダブル発電を避けることができます。

🔋 蓄電池について詳しくはこちら

⑤電力メーターから電気の売買

電力会社に売った電力の量(売電量)と、電力会社から買う電力量(買電量)を計測します。かつては売電用メーターと買電用メーターをそれぞれ設置していましたが、今の太陽光発電は、スマートメーター1台でこれらの機能が使えます。

太陽光発電のメリット

太陽光発電はたくさん発電しても有害物質を出さないので環境に優しく魅力的ですが、家庭ではどのようなメリットがあるのでしょうか?メリットをいくつかまとめてみましたのでご覧ください。

1⃣光熱費を削減できる!

太陽光発電は昼間の電気が高いときにソーラーパネルから電気を取り入れて使用し、

電気の安い夜には電力会社から電気を買って使用します。

なので、コスパが良く、家計にも優しいということです。

なによりもこのメリットが一番助かりますよね!

2⃣災害時など停電時にも電気が使える!

地震などで停電したとき、太陽光発電があれば安心して電気が使えるのもメリットの一つです。

蓄電池も取り付ければ、蓄電池に電気を確保しておくことができるのでさらに安心できます。

東日本大震災や熊本の大震災など地震の多い日本では太陽光が活躍できますね!

🔋蓄電池について詳しくはこちら

3⃣余った電気を売ることができる

昼にソーラーパネルで電気を作っても、昼間電気を使わなかったら無駄になるんじゃないかと思いますよね。なんと使わなかった電気は電力会社へ売ることができます!

電気を節約すれば副収入が手に入ります。電気を使っても使わなくても得をするんです!


4⃣蓄電池とエコキュートを使えば電気代ゼロ円!?

昼間に太陽光発電した電気、夜や雨の日には使えない・・・。

電気代は安くなったけどガス代はかかる・・・。

蓄電池を設置すれば、昼に作った電気を貯めて夜に使うこともできますし、

エコキュートを設置すればお風呂を電気で沸かすことができます。

ガス代=ゼロ円! 電気代=ゼロ円! にすることが可能になるんです!

🔋蓄電池について詳しくはこちら

エコキュートについて詳しくはこちら

太陽光発電のデメリット

メリットがあるものにはデメリットがあるのがつきもの・・・。

でもそんなデメリットも見ておかないと安心できません。

これから太陽光発電をご検討している方はつけた後、後悔しないようにご覧ください。

1⃣電力が安定しない

太陽光発電の一番の弱点は夜と曇りの日です。日照時間の短い冬や梅雨の時期は電気代が増えることになります。


✅このデメリットの対策

蓄電池を一緒に設置すれば、充電していた電気を使うことができるので、夜と雨の日は電気を買わずに使うことができます!

日本の天気や気候には蓄電池と太陽光発電のセットがお得ということです!

2⃣設置費用が高い

メーカー・型式・つける面積などで差がありますが、工事費含めて120万~170万ほどかかる場合がほとんどです。軽自動車一台分くらいの値段なので、どのくらい発電できるのか、将来的に得するのか、支払うことが可能なのかグリーンパワーハウジングの営業が詳しく説明させて頂きます!


✅このデメリットの対策

ほとんどの方がソーラーローンを組んで設置されています。支払いが終わった後も経済的なメリットは続くので、これから先の電気代を考えるとコスパは良いといえます。

太陽光発電のまとめ

・太陽光エネルギーは二酸化炭素などの有害物質を出さないので環境に優しい

・パワーコンディショナーを利用して発電した電気を家で使える電気にする必要がある

・昼間は電気を作り、余った電気は電力会社へ売ることもできる

・災害時は太陽光発電で電気を作れるので役にたつ

・蓄電池を使えば昼に発電した電気を貯めて、夜に使うこともできる

・電力が安定しないので蓄電池と一緒に使うと安心できる