エコキュートとは

エコキュートという言葉を聞いたことがあるかと思いますが、どういう仕組みなのか、どういうものなのか具体的にはわからない方が多いと思います。

なんとなくお得なイメージがありますが、特徴や仕組み、電気温水器との違いなどをまとめてみましたので、ご検討される方は是非参考にされてくださいね。

エコキュートとは

エコキュートとは、電気を使ってお湯を沸かす給湯器のことです。給湯器はお風呂を沸かすときに操作するパネルを想像すると分かりやすいかもしれません。

お風呂のお湯だけではなく、キッチンの水道で温かいお湯を使いたいときにも給湯器が使われています。

お湯を沸かすときにはガスを使用するのが一般的でしたが、光熱費を抑えられることから電気給湯器の一つであるエコキュートの人気が出てきています。

エコキュートのしくみ

貯湯ユニットは作ったお湯を貯めておくタンクです。エアコンの室外機に似た外観のヒートポンプユニットは、エコキュート独自のもので、屋外の空気から熱を集めて、その熱をお湯のわき上げに活用します。

わき上げには、電気エネルギーも当然必要になりますが、「ヒートポンプ式」の為、少ない電気で高効率な運転が可能です。

(1)外気中の熱を冷媒に移す

(2)冷媒を圧縮して高温にする

(3)高温になった冷媒の熱を水に移す

(4)冷媒を膨張させて温度を下げる。このサイクルを繰り返すことでお湯をつくり、貯湯タンクに貯めていく

電気温水器との違い

お湯を沸かす機能を持つ機器にはさまざまな種類があります。その中でもエコキュートと電気温水器の違いが分かりにくいと思っている人も多いかもしれません。エコキュートと電気温水器はどちらも電気給湯器の種類です。電気を使ってお湯を沸かすという点は同じですが、空気の熱を使ってお湯を沸かすエコキュートに対して、電気温水器は電熱ヒーターでお湯を沸かす仕組みになっています。 ポットでお湯を沸かすのと一緒のイメージです。

エコキュートはお湯を沸かす際、大気熱エネルギー2に対して、電気エネルギーを1しか使いません。電気だけでお湯を沸かす場合と比べて電力消費量は1/3になるんです!

エコキュートのメリット

エキュートの仕組みと電気温水器の違いがよく分かったところで、ほかにもエコキュートにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

現在、ガスでお湯を沸かしている方にはぜひご覧になっていただきたいです!

1⃣光熱費がすごく安い!

一番大事なことは光熱費がどのくらい安くなるかですよね!実は家庭内のエネルギー消費の約3割が給湯エネルギーなんです。なので、給湯エネルギーを減らすのことが省エネ対策のポイントになります。

エコキュートは電気温水器と比べて約4倍も安いんです!

ガス代と比べると約5倍も安くなります!

ガスでお湯を沸かしている家と比べて、年間で計算すると、7万円以上も得するんです!

2⃣夜間に賢く沸き上げ

電気代が一番安い時間帯をご存知でしょうか。実は皆さんが眠っている深夜が一番電気代が安くなります。エコキュートは深夜に電気を沸かし、1日分のお湯を作ります。なので、いつお湯を使っても安い電気代で済むんです!

太陽光発電がついている場合は、夜間に沸かす量を減らし、昼間に太陽光で作った電気で沸かすので、更に安く、賢く電気を使うことが出来るんです。

3⃣災害時にも備えられる

災害時、電気やガス・水道が止まることがあります。

エコキュートなら、タンクにたまったお湯であればしばらく使うことができるので、停電しても体を洗えないという心配は軽減されます。

水道が止まったときはタンクにたまった水を生活用水として使うこともできます。(飲用水としては利用できない)

また、ガスに比べて電気は復旧が早いのもメリットです。

エコキュートのデメリット

メリットばかりのエコキュートですが、デメリットはあるのでしょうか。設置する前にメリットをいくつか確認しておきましょう。

1⃣タンクの湯量の心配

一般的なエコキュートは370ℓや470ℓの湯量を貯めることが出来るのですが、来客がお風呂をつかったりしていつもよりお湯を使うこともあります。

タンクのお湯が0になるとそのあとお湯が使えなくなるので心配になります。

✅このデメリットの対策

お昼くらいから来客が来ることが分かっていれば、沸き増しをすればお昼でもお湯を作ることができます。完全になくなると沸かすのに時間がかかるので注意しましょう。

2⃣き場所の問題

エコキュートは貯湯タンクとヒートポンプユニットがあり、必要なスペースの大きさは製品によっても異なりますが、一般的には貯湯タンクユニットが幅900mm前後、奥行き3000mm前後でヒートポンプユニットが幅550~650mm、奥行き600~750mm程度となります。

屋外とはいえ、かなり大きく重たいものになりますので、しっかりと置き場所を決める必要があります。

✅このデメリットの対策

最近は薄型の貯湯タンクもありますので、営業が前もってしっかりと現場を確認させていただき、環境に最適なエコキュートをお選びいたします。まずはご相談ください。

まとめ

・エコキュートは電気だけで沸かすのではなく、2/3は空気のエネルギーを利用しているので、環境にも家計にも優しい

・ガス代の1/5、電気給湯器の電気代の1/4でお湯を沸かす事が出来る

・夜間の沸き上げ機能で、電気の安い時間帯にお湯を作る

・災害時にも水として、お湯として役に立つ!

・1日にどのくらいの湯量が必要か確認しておくとよい

・置くスペースが必要なので、場所を確認しておくとよい