さて、君が辿り着いたのは木製の木の扉の前だ。古びた釘で「14」と記されている。ここは死んだガンマンがやっているという、曰くつきの酒場だ......。扉の下にはボロボロの紙束が落ちている。一番上の紙には「14簡易案内書」とだけ文字が書かれている。

勇気を出して扉を開ける

急いでいるので(まさか怖気づいたのではあるまいな?)簡易案内書に目を通す