指導者について

このウェブサイトは、当部門での研修を希望される医師の方を想定して運営しています。福井大学医学部附属病院「子どものこころ診療部」の受診を希望される方は、このウェブサイトを経由したご連絡ではなく、 https://www.hosp.u-fukui.ac.jp/consultation/ を参照してください。初診予約は、当診療部または適した診療科に振り分けられます。

福井大学における児童青年精神科研修は、児童青年期こころの専門医育成部門が中心となり、以下の部門に所属するスタッフの先生方の支援を受けて行われています。

杉山登志郎

静岡県生まれ。昭和51年、久留米大学医学部を卒業し、同小児科学教室に入局。昭和53年、名古屋大学医学部精神医学教室に入局。その後静岡県立病院養心荘、愛知県心身障害者コロニー中央病院精神科医長を経て昭和61年~62年、アメリカ合衆国カリフォルニア大学ロサンゼルス校神経精神医学研究所に留学。自閉症の研究に従事し、またこの間にユング派分析家シュピーゲルマン博士から教育分析を受ける。帰国後、名古屋大学医学部精神科助手、静岡大学教育学部教授、あいち小児保健医療総合センター保健センター長兼心療科部長。浜松医科大学児童青年期精神医学講座特任教授、同客員教授、浜松市子どものこころの診療所顧問を経験。平成29年からは福井大学子どものこころの発達研究センター児童青年期こころの専門医育成部門客員教授。日本精神神経学会精神科専門医、日本精神神経学会精神科専門医制度指導医。日本小児精神神経医学会常務理事、日本子ども虐待防止学会代議員、日本子ども虐待防止医学会代議員を務める。

主な著書:「子育てで一番大切なこと」「発達障害の豊かな世界」「杉山登志郎著作集」など。

森本武志

京都市生まれ。平成3年、京都大学医学部卒業。京都大学附属病院内科・大阪赤十字病院各科にて研修をした後に京都大学大学院医学研究科に入学し、平成10年、京都大学大学院医学研究科助手。あいち小児保健医療総合センター、京都市児童福祉センター児童精神科、大阪市こども相談センター児童精神科医務主幹を経て、平成29年、福井大学子どものこころの発達研究センター児童青年期こころの専門医育成部門准教授。児童青年精神医学、特に神経発達症・トラウマ関連障害・非行を専門としており、療育機関や児童相談所等の児童福祉領域で活動してきたため、診察室にとどまらず広く地域での連携活動を行っている。

主な研修歴:ADOS-2臨床ワークショップ修了、ADI-R臨床ワークショップ修了、京都自閉症支援者養成トレーニングセミナー修了、PECS 2-day Workshop修了、CAPS-IV/5研修修了、Eye Movement Desensitization and Reprocessing (EMDR) Part2トレーニング修了、Trauma-Focused Cognitive Behavioral Therapy (TF-CBT) ベーシックトレーニング修了、Cognitive Processing Therapy (CPT/CPT-C) 研修修了、Prologed Exposure (PE) 研修修了、複雑性悲嘆Complex Grief Treatment (CGT)研修修了。

鈴木太

愛知県生まれ。平成11年、大阪市立大学医学部卒業。平成17年、同大学院医学研究科脳神経科学修了(医学博士)。その後、大阪市立総合医療センター精神神経科/児童青年精神科医長、名古屋大学医学部附属病院親と子どもの心療科助教を経て、現在、福井大学子どものこころの発達研究センター児童青年期こころの専門医育成部門准教授。精神保健指定医、日本精神神経学会精神科専門医、日本精神神経学会精神科専門医制度指導医。科学研究費補助金「青年期うつ病に対する治療ガイドラインの確立に向けた研究」の研究代表者として、うつ病や自傷行為を伴う青年期のクライエントを主な対象とした対人関係療法の臨床研究を行っている。

主な所属学会: 日本精神神経学会、日本児童青年精神医学会 (代議員, 学会誌編集委員)、日本摂食障害学会 (評議員)、日本小児心身医学会、日本認知・行動療法学会

主な研修歴: EMDR Part2トレーニング修了、 TF-CBTベーシックトレーニング修了、Family based Treatment for adolescent anorxia (FBT) ベーシックトレーニング修了、 Adolescent & Parent Therapy (APT) ベーシックトレーニング修了、Headache Master School Japan 2016 in Osaka 及び Headache Master School Japan 2017 in Shizuoka 及び Headache Master School Japan 2018 in Toyama 修了。

研究歴:

主な訳書:

牧野拓也

愛知県生まれ。平成23年、日本福祉大学大学院修士課程修了。名古屋大学医学部附属病院精神科・親と子どもの心療科および国立病院機構東尾張病院にて臨床心理士としてのトレーニングを受けた。医療法人社団恵生会江南こころのクリニックを経た後、平成29年福井大学子どものこころの発達研究センター児童青年期こころの専門医育成部門特命助教。専門は臨床心理学、認知行動療法(特に不安とうつの統一プロトコルなど、診断を超えた治療)を中心に臨床に従事している。

主な所属学会:日本臨床心理士会、日本心理臨床学会、日本うつ病学会、日本児童青年精神医学会、日本精神分析学会、日本認知・行動療法学会、東海精神神経学会

Last modified: 2018/10/15