IEEE Ethically Aligned Design version2

Workshop series

Purpose

IEEE Ethically Aligned Design (EAD)はThe IEEE Global Initiativeが作成した報告書で、知的な機械システム(Autonomous and Intelligent System)に対する恐怖や過度な期待を払拭すること、倫理的に調和や配慮された技術をつくることによってイノベーションを促進することが目的です。

本ワークショップでは、EADversion2の内容を理解し、情報系研究者や人文社会科学系研究者、ビジネス、政策立案者ら、関係者同士での議論を深めて交流することを目的に行います。また、これらの議論の内容をまとめてIEEE Global Initiativeにフィードバックするため、議論内容を英語でまとめて日本の事例や意見として発信します。

*本ワークショップは議論を深めるため定員20名とし、積極的に議論に加わっていただける方を参加対象としています。そのため、EAD version2を事前に読んだ上で参加することを推奨します。
申し込みフォームとEAD version2は本ページ内にあります。 


The IEEE Ethically Aligned Design (EAD) document has been created by the IEEE Global Initiative on Ethics of Autonomous and Intelligent Systems. It aims to move beyond the excessive fear and expectations associated with AI and increase innovation by creating ethically aligned designed AI.

The goal of our workshops is to understand the content of EAD version 2 and create a network among AI/IT researchers, social science and humanities researchers, industries, policy makers and other stakeholders. We also send the feedback from our discussions to the IEEE Global Initiative.

We encourage participants to actively join discussions so we limit 20 people in each event. The participation form and EAD version 2 can be found from this website.

What is EAD version2?

IEEE Ethically Aligned Design (EAD)はThe IEEE Global Initiative(The IEEE Global Initiative on Ethics of Autonomous and Intelligent Systems)が作成した報告書で、知的な機械システム(Autonomous and Intelligent System)に対する恐怖や過度な期待を払拭すること、倫理的に調和や配慮された技術をつくることによってイノベーションを促進することが目的です。価値を埋め込む設計論や設計思想、それをどのように技術に落とし込めるかといった論点が整理されています。

EADは人工知能、法、倫理、哲学など他領域にわたる研究者、企業関係者、市民やNPO、政策関係者などの意見を集約して作成されました。 作成に関わった人は全世界で250人以上に上ります。

2016年12月に公開されたEADversion1では8項目について論点整理がされ、コメント募集の上で改訂作業が行われました。2017年12月に公開されたEAD version2では5項目が追加されました。

EAD version2の項目は下記の通りです。

  1. 倫理的に調和したデザインをするための一般原則
  2. 自律型知的システムに価値観を組み込む
  3. 倫理的な研究や設計のための方法論やガイド
  4. 汎用人工知能や人工超知能の安全性や便益
  5. 個人データとアクセス制御
  6. 自律型兵器システムの再構築
  7. 経済 / 人道的課題
  8. 法律
  9. アフェクティブコンピュー ティング
  10. 政策
  11. ICT における伝統的倫理観
  12. 複合現実
  13. ウェルビーイング

今後は、EADversion2に対するコメント募集や議論を経てさらに改定を加え、2019年に最終版を公開予定です。これらのプロセスには誰もが参加をすることができます。

また、IEEEは電気通信関連の標準化活動を行っていますが、EADはこれらの標準化活動の際に参照されます。


The IEEE Ethically Aligned Design (EAD) document has been created by the IEEE Global Initiative. It aims to move beyond the excessive fear and expectations associated with AI and increase innovation by creating ethically aligned designed AI. Among the issues being discussed are embedding values into technologies.

EAD document has been created by over 250 participants from six continents who are thought leaders from academia, industry, civil society and government.

EAD version 1 was released in December 2016. It featured 8 sections and version 2 came out in December 2017 with 5 more sections.

  1. General Principles
  2. Embedding Values Into Autonomous Intelligent Systems
  3. Methodologies to Guide Ethical Research and Design
  4. Safety and Beneficence of Artificial General Intelligence (AGI) and Artificial Superintelligence (ASI)
  5. Personal Data and Individual Access Control
  6. Reframing Autonomous Weapons Systems
  7. Economics/Humanitarian Issues
  8. Law
  9. Affective Computing
  10. Policy
  11. Classical Ethics in Artificial Intelligence
  12. Mixed Reality
  13. Well-being

Input for this document is welcomed and the final version will be released in 2019. Everybody can participate in this process.

Also, EAD inspired the creation of new Standards (The IEEE P7000TM series and beyond).

Documents

  • 以下からEAD version1の英語(全文)と日本語(サマリーのみ)のドキュメントをダウンロードしてください。


  • Please download English version / Japanese translation (summary) version.
EADv2_Overview_Japanese_LR.pdf
ead_v2.pdf

Workshop Schedule

本ワークショップでは、EAD version2の13項目を6つに再構成しました。各回、それぞれの分野に詳しい専門家のゲストにご自身の研究等についてご講演いただいた上で、参加者で議論を行います。


The workshops organizers reconstructed 13 sections of EAD version 2 into six. We will invite experts as guests and discuss with participants.

  • (4)汎用人工知能や人工超知能の安全性や便益
  • (6)自律型兵器システムの再構築

ゲスト:

  • 嘉幡久敬さん(朝日新聞社科学医療部専門記者)
  • 山川宏さん(ドワンゴ人工知能研究所所長 / 全脳アーキテクチャ・イニシアティブ代表)

日程:2018年2月15日(木)19:00〜21:00

場所:理研AIPセンター

詳細はこちら

1 Risk

  • Safety and Beneficence of AGI and ASI (4)
  • Reframing Autonomous Weapons Systems (6)

Guests:

  • Hisatoshi Kabata (The Asahi Shimbun)
  • Hiroshi Yamakawa (DWANGO Co., Ltd. / The Whole Brain Architecture Initiative)

Date: 2018/2/15 19:00~21:00

Venue: RIKEN AIP Center

  • (9)アフェクティブコンピュー ティング
  • (12)複合現実

ゲスト:

  • 木村忠正さん(立教大学社会学部教授)
  • 鳴海拓志さん(東京大学大学院情報理工学系研究科講師)

日程:2018年2月23日(金)19:00〜21:00

場所:東京大学工学部2号館 3階 31A会議室

詳細はこちら

2 Emotion

  • Affective Computing (9)
  • Mixed Reality (12)

Guests:

  • Tadamasa Kimura (Rikkyo University)
  • Takuji Narumi (University of Tokyo)

Date: 2018/2/24 19:00~21:00

Venue: The University of Tokyo


  • (3)倫理的な研究や設計のための方法論やガイド
  • (7)経済 / 人道的課題
  • (10)政策

ゲスト:

  • 井﨑武士さん(NVIDIAエンタープライズ事業部事業部長 / 日本ディープラーニング協会理事)
  • 城山英明さん(東京大学大学院法学政治学研究科教授)

日程:2018年3月6日(火) 19:00〜21:00

場所:理研AIPセンター

詳細はこちら

3 Society

  • Methodologies to Guide Ethical Research and Design (3)
  • Economics / Humanitarian Issues (7)
  • Policy (10)

Guests:

  • Takeshi Izaki (NVIDIA / Japan Deep Learning Association)
  • Hideaki Shiroyama (University of Tokyo)

Date: 2018/3/6 19:00~21:00

Venue: RIKEN AIP Center

  • (5)個人データとアクセス制御
  • (8)法律

ゲスト:

  • 中川裕志さん(東京大学情報基盤センター教授 / 理化学研究所革新知能統合研究センター)
  • 山本龍彦さん(慶応義塾大学大学院法務研究科教授)

日程:2018年3月11日(日)16:00〜18:00

場所:理研AIPセンター

詳細はこちら

4 Law

  • Personal Data and Individual Access Control (5)
  • Law (8)

Guests:

  • Hiroshi Nakagawa (University of Tokyo / The RIKEN Center for Advanced Intelligence Project)
  • Tatsuhiko Yamamoto (Keio University)

Date: 2018/3/11 16:00~18:00

Venue: RIKEN AIP Center

  • (11)ICT における伝統的倫理観
  • (13)ウェルビーイング

ゲスト:

  • 安藤英由樹さん(大阪大学大学院情報科学研究科准教授)
  • 久木田水生さん(名古屋大学大学院情報科学研究科准教授)

日程:2018年3月24日(土)15:00〜17:00

場所:理研AIPセンター

詳細はこちら

5 Foundations

  • Classical Ethics in Artificial Intelligence (11)
  • Well-being (13)

Guests:

  • Hideyuki Ando (Osaka University)
  • Minao Kukita (Nagoya University)

Date: 2018/3/24 15:00~17:00

Venue: RIKEN AIP Center


  • (1)倫理的に調和したデザインをするための一般原則
  • (2)自律型知的システムに価値観を組み込む

ゲスト:

  • 神嶌敏弘さん(産業技術総合研究所人間情報研究部門情報数理研究グループ 主任研究員)
  • 神崎宣次さん(南山大学国際教養学部教授)

日程:2018年3月24日(土)17:15〜19:15

場所:理研AIPセンター

詳細はこちら

6 Ethics and Principles

  • General Principles (1)
  • Embedding Values (2)

Guests:

  • Toshihiro Kamishima (The National Institute of Advanced Industrial Science and Technology)
  • Nobutsugu Kanzaki (Nanzan University)

Date: 2018/3/24 17:15~19:14

Venue: RIKEN AIP Center

How to join

参加ご希望の方は、以下のGoogleフォームから日程を選択してお申込み下さい。事前にIEEE “Ethically Aligned Design, Version 2”に目を通した上で、ワークショップでの議論に参加してください。


Please fill the form below and read the document before attending workshops.