ENSHARE inc.

にようこそ!!

㈱ENSHAREにようこそ!

先にお伝え致しますが、弊社の採用率は30%未満です。

その採用率を乗り越えたあなたは必ずキャディが出来る能力のある方です。

初期研修の前ではありますが、キャディをするにあたってまずはゴルフについて軽く読んできてくださいね。

まずはゴルフ場について。

こちらのサイトをご覧ください。

祁答院ゴルフクラブ アウトコース ドローン撮影→祁答院ゴルフクラブ



写真①

ゴルフはまず、ティーイングエリアと呼ばれるステージ上になったところからボールを打ち始めます。

ここで1打目をうつことでプレー開始です。

そして、ボールのあるころまでカートで進みます。

写真②

ボールが見つかったらそこから2打目を打ちます。

1ホールには、芝が短く刈ってあるフェアウェイ、芝が長いラフ、砂が入っているバンカーなどがあります。

写真③

グリーンに近づくとバンカーが増えて、カート道路が現れます。

最終的にボールを入れる穴(カップorホール)にはピンと呼ばれる旗が刺さっています(見えますか?)

そして、ボールをカップに入れて、これで1ホール終了して次のホールに向かって、またティーイングエリアからスタートすることを18回繰り返します(後ほど説明します)

写真④

ホールにはほぼすべてのホールにOBという、わかりやすく言うと「敷地外」というエリアがあり、OBにボールを打ってしまうと1打罰(1打打数が増えてしまう)と打ち直し(やり直し)になってしまいます。

そのOBとの境界を示すものが「OB杭」です。

写真⑤

ゴルフ場には様々なホールがあり、このようなまっすぐなホールもあります。

隣ホールに挟まれているホールもたくさんあります。

写真⑥

池(レッドペナルティーエリア)があったり、バンカーがあったりアップダウンがあったりとホールごとに難しさや距離が異なります。

距離が短いホールを「ショートホール」、距離が長いホールを「ロングホール」、距離が普通のホールを「ミドルホール」と言います。

また、ゴルフ場のには「クラブハウス」と呼ばれるレストランやロッカー、受付、風呂などがある大きな建物があります。