第9回DTAシンポジウム

ダークマターハロー研究会

日時:2018年8月27日(月) ー2018年8月28日(火)

場所:国立天文台 三鷹キャンパス

開催趣旨

Ia型超新星を用いた距離測定や宇宙マイクロ波背景放射などの大規模観測が共通して支持する宇宙模型は、標準宇宙模型と呼ばれている。標準宇宙模型における構造形成は、解析的および数値的なアプローチで広く調べられており、 ダークマターが重力的に束縛されて局所的に準安定状態になった"ダークマターハロー"の統計的な性質が、我々の観測できる銀河や銀河団などの天体の形成と進化を理解するのに重要であると言われている。最近の数値シミュレーションの大規模化に伴い、シミュレーションに基づいたダークマターハローの現象論的なモデルは急速な進展を見せており、これらのモデルを観測と比較することや、モデル自身の物理的な描像を確立することが当該研究分野の課題となっている。本研究会では、宇宙大規模構造のビルディングブロックであるダークマターハローに焦点を当て、ダークマターハローの現象論的なモデルを概観し、それらの特徴的な性質がいかにして物理的に理解されうるか、観測的に実証されうるかを議論する。

招待講演者の方には専門分野の進展や未解決問題についての講演をしていただき、一般講演者には目一杯ご自身の研究の話をしていただく予定です。大学院生を含む若手研究者の積極的な参加を期待しています。

招待講演者 (敬称略)

  • 石山 智明 (千葉大学)
  • 大栗 真宗 (東京大学)
  • 奥村 哲平 (中央研究院 天文及天文物理研究所)
  • 宮武 広直 (名古屋大学)

参加登録参加登録はこちらからお願いします

講演申し込みの締め切りは、**8月6日**と致します。

旅費の補助(財源のない方)を受け付けます。ただし、予算に限りがあり、 ご希望に添えない場合があります。希望される方は、お早めに申し込みください。締め切りは、**7月30日**になります (講演締め切り日と異なるのでご注意ください)。

講演プログラム:(準備中)

懇親会:27日の講演終了後、ビール等と軽食を囲んだ懇親会を行います。会費は2-3千円程度を予定しています。ふるってご参加ください。

会場案内

講演会場は 8月27日が中央棟 (北) 一階 講義室、8月28日が中央棟 一階 輪講室 を予定しています。

交通アクセス

キャンパスマップ

宿泊案内

参加を予定していただける方は、お早めに宿泊の予約をお願いします。

キャンパス内のゲストハウス (コスモス会館) が若干数ですが利用できます。 少々不便な所にありますが、希望される方は、7月30日までに参加登録より申し込んで下さい。 ただし、希望に添えない場合がありますのでご了承ください。

世話人:白崎正人、浜名崇

問い合わせ: darkhalo_at_th.nao.ac.jp (_at_ -> @)

主催:国立天文台理論研究部