chiba mathinfo online

このウェブサイトについて

千葉大学理学部数学・情報数理学科および大学院理学研究院数学・情報数理学コースでは、2020年4月に当ウェブサイトを立ち上げ、メディア授業や学生生活などに関する情報を集約してお伝えしてきました。引き続き2021年度も、このサイトを通じて皆さんに重要な情報を随時お届けします。 当学科の教員は一丸となって皆さんの学業をサポートします。

このサイトには6つのページ(ホーム、メッセージ、計算機、TIPS、掲示板、普遍)があり、画面上部のメニューから選べます。


重要なお知らせ(2021年6月11日更新)

新型コロナウイルスワクチンの職域接種

千葉大学では職域接種が行われます。詳しくはこちら

まん延防止等重点措置に基づく対応

全学の方針「まん延防止等重点措置に基づく千葉大学の対応について」「大型連休を中心とした期間中の課外活動について」が発表されました。

令和3年度の授業

学部生向け: 数理・データサイエンス科目(展開)について、当学科の学生は「データサイエンスA」を履修できないことに注意してください。「統計学B1・B2」が2年次必修となっているためです(Guidance 2021 p.56参照)。なお、理学部履修要項pp.140 - 143に「統計学A」が記載されていますが、こちらは履修しないでください。

2020年度以前入学者向け: 2021年3月31日までにGoogle Workspace (旧G Suite)用アカウント(〜@student.gs.chiba-u.jp)を取得していなかった場合は、Google Workspace のパスワード初期化申請フォームから申請してください。


過去の重要なお知らせ


  • 学部生向け: 新入生・在学生とも、普遍教育科目履修希望クラス抽選申込み(前期分、英語科目は後期分も)の締め切りは4月2日16:00です。4月2日のガイダンスを待たずに申込みを行ってください。

    • 普遍教育ガイダンス(オンライン)で履修希望クラスの申込みについて説明していますので、新入生はこちらを視聴してください。在学生は学生ポータルの全学掲示板も確認してください。

    • 数理・データサイエンス科目(展開)について、当学科の学生は「データサイエンスA」を履修できないことに注意してください。「統計学B1・B2」が2年次必修となっているためです(Guidance 2021 p.56参照)。なお、理学部履修要項pp.140 - 143に「統計学A」が記載されていますが、こちらは履修しないでください。

  • 在学生向け: Google Workspace (旧G Suite)用アカウント(〜@student.gs.chiba-u.jp)をまだ取得していない在学生は、可能な限り3月31日までにこちらの指示に従ってアカウントを取得してください。なお、4月以降のアカウント取得については別途指示があります。

  • 緊急事態宣言に基づく対応:「緊急事態宣言に基づく1月8日現在における千葉大学の対応について」が発表されました。

  • 卒業研究説明会:12月7日に行います。詳しくはこちらをご覧ください。

  • 全教員からのメッセージを一新しました。

  • 入構制限解除に伴う数学・情報数理学科コース)の対応:10/1以降の数学・情報数理学科コース)の施設利用についてはこちらをご覧ください

  • 第4ターム以降の学びについて:10/1からの入構解除や全員留学の方針などを含む学長メッセージが出ています。

  • 新一年生対面式:学部新入生の対面式を9月15日(火)に行いました。詳しくはこちらをご覧ください。

  • 保護者懇談会:9月12日(土)にオンラインで行いました。詳しくは保護者懇談会のページをご覧ください。

  • Wi-Fiルーターの貸与:申請は9月11日までです。詳しくはこちら

  • 入構制限:7月9日から段階的に解除されています。全学の方針数学・情報数理学科(コース)の対応

  • 第3ターム以降の授業:学長メッセージをご覧ください。

  • 「学びの継続」のための「学生支援緊急給付金」制度(国の給付事業)が創設されました。情報(申請締め切りは6/5頃)

  • 大学院オンライン説明会が6/4に行われました。大学院説明会

  • 履修登録は4/27〜5/20でした。

  • 千葉大学緊急学生支援事業の申請は5月11日〜5月14日でした。情報はこちら。

  • 「緊急アンケート」終了しました。ご協力ありがとうございました。回答結果の一部

  • 新入生(学部・院)の皆さんへ:学生証とID・パスワードは郵送されました。

ガイダンス(2021年4月6日更新)

全学年向けの連絡事項です。大学院生には当てはまらない部分もありますが、一度目を通してください。

4月2日(金)に総合校舎3号館G3-11講義室で学部生のガイダンスが、4月6日(火)に理学部1号館2階123講義室で大学院生向けのガイダンスがありました。

学部1年次向け: 1年次学科ガイダンススライド 2021年度普遍教育ガイダンス(オンライン)
学科ガイダンススライドで分かりにくい部分があったかもしれませんが、計算機演習で変更してもらうのはアカウント連絡紙の1枚目に対応する学術情報システムのパスワード(統合認証パスワード)です。2枚目に対応する Google Workspace (旧G Suite)のパスワードは「計算機演習」を待たずに変更し、Google Workspace を使用する授業のクラスに参加てください。初回が4月12日の「計算機演習」を待っていると、オンラインで行う4月8日の「数学・情報数理学基礎セミナー」に間に合わなくなってしまいます。以下の手順で至急 Google Workspace の「数学・情報数理学基礎セミナー」のクラスに参加してください。

  1. アカウント連絡紙2枚目「Google Workspace(旧G Suite)アカウントの通知について」のアカウント名と初期パスワードを用いて、Google Workspace にログイン、パスワードの変更と、再設定用メールアドレスや電話番号の設定を行う。
    どのようなパスワードを設定すべきかについてはGoogleアカウントのパスワードに関するページを見てください。ブラウザのパスワード自動生成機能を利用してもよいですが、その場合は生成されたパスワードを確認する方法を調べておいてください。今後、大学のパソコンでそのパスワードを入力する場面があります。

  2. Google Workspace アカウントで Classroom にログインする。

  3. クラスコードを入力してクラスに参加する。
    「数学・情報数理学基礎セミナー」のクラスコードは 65zaqws です。他の授業のクラスコードはシラバスや、千葉大学の教育・学修で使用する各システムへのログイン方法について中のクラスコード一覧を参照してください。

  4. iOS や Android で授業に参加する場合は Google Meet のアプリもインストールしておく。
    4月8日の「数学・情報数理学基礎セミナー」で使用します。

授業(2021年4月5日更新)

  • 多くの授業は対面授業とメディア授業(非対面型授業)を織り交ぜて行われます。メディア授業に用いられる主なシステムは Moodle と Google Workspace (旧G Suite) です。受講人数等によっては Zoom を用いる場合もあります。なお、2020年度に使用されていた Microsoft Teams は授業では非推奨となりましたが、数学質問室オンラインや、研究室のゼミなどで利用することがあります。

  • メディア授業についてはメディア授業サイト(学生向け)を参照してください。大きく分けてオンデマンド型と同時双方向型があります。

  • メディア授業のためのパソコンについては、Windowsマシンでも Mac でも特段問題になることはありません。ただし、UNIX を用いる授業では Mac の方が環境構築が楽な面はあります。もし新規に Mac を購入する場合は、「Intelプロセッサ」よりも「Apple M1チップ」とある新しい機種の方が、パフォーマンスや消費電力・バッテリ駆動時間の面で有利です。新入生は入学手続きの際に配付された「学生生活で用いるパソコンの推奨要件について」も参照してください。その資料にもありますが、千葉大学は Microsoft社と包括契約を結んでいるため、Microsoft Office 付きのモデルを選ぶ必要はありません。

  • 対面授業と同時双方向型メディア授業が時間的に連続する場合に学生が受講する場所の情報が、理学部1号館2階事務室前の掲示板に掲示されています。

  • 千葉大学のニュース・イベント情報大学院理学研究院・理学部ホームページ普遍教育ホームページを頻繁にチェックしてください。

教職関係について(2021年4月1日更新)

理学部数学・情報数理学科では数学の中学校教諭一種免許状と、数学、情報の高等学校教諭一種免許状が取得できます。

学部生に対する教職ガイダンスが以下の日時・場所で行われます。

  • 1年次: 4月2日(金) 16:00~ 総合校舎3号館G3-12講義室
    2年次は原則的には教職ガイダンスはありませんが、新たに教員免許取得を考えている人は上記ガイダンスに出席を推奨します。

  • 3年次: 4月1日(木) 13:00~ 理学部1号館大講義室

  • 4年次 (同年に教育実習実施予定の者)(全学実施・理学部実施の両方に要出席)
    全学ガイダンス: 4月7日(水) 12:50~ 総合校舎2号館
    理学部ガイダンス: 4月9日(金) 16:10~ 理学部1号館大講義室

例年と異なり、複雑になりましたので、情報の一元化もあり、不明な点は学務係に相談ください。重要な情報は随時こちらでもお知らせします。

シラバスについて

シラバスは授業のロードマップです。授業内容だけでなく、学習目標の設定と到達する手順が示されています。どのような授業を組み合わせて履修計画をたてるか、各自の学習体系の構築に有効に活用してください。

シラバスは、学生ポータルでどこからでもオンラインで検索できます。履修予定の授業について読んでおきましょう。

千葉大学シラバス検索システム

履修登録について(2021年4月4日更新)

学部新入生用に履修登録方法の説明動画を公開しました。ただしこれは2020年度の新入生用に必修科目の計算機演習の一部として作成したものです。2021年度にはそのまま当てはまらない部分もありますので、あくまで参考動画として見て、必ず自分で今年度の資料で確認してください。

初回授業の前日までに履修登録を終えてください。とくに Moodle を用いるメディア授業主体の授業を初回から受けるために必要です。登録・修正期間は取り消しが可能な期間と考えるとよいでしょう。

学部生向け: 4月6日に普遍教育科目履修希望クラスの抽選結果発表が行われたら、初回授業の前日までに履修登録を終えてください。自動登録ではありませんので、必ず自分で履修登録手続きが必要です。

メディア授業に Google Workspace を用いる授業に関しては、履修登録しただけではクラスに登録されません。Classroom アプリでクラスコードを入力するか、招待リンク(URL)からクラスに参加します。クラスコードは千葉大学の教育・学修で使用する各システムへのログイン方法についてから一覧が得られます。シラバスの備考欄にクラスコードや招待リンクが書かれているものもあります。こちらも初回授業の前日までに参加しておきましょう。

履修登録し忘れおよび履修しない授業科目の取り消しのし忘れに注意!

教科書販売について

各講義の教科書・参考書はシラバスにあります。

今後の生協の営業については千葉大学生協ブックセンターをご確認ください。

学生ポータルについて(2021年3月24日更新)

千葉大学においては、「学生ポータル」システムが導入されています。このシステムにおいては、大学からの連絡、シラバスの閲覧、成績情報などを、学生がウェブ上で確認できることになっています。新入生の皆さんは4月以降、「利用者番号」と「パスワード」が配付されてから使用できます。

  • 学生が授業を受講するためには履修登録が必要です。「学生ポータル」からWEB履修登録を行ってください。履修登録方法等の詳細は「Guidance 2021(PDF, 8MB)」の 77 - 78 ページを参照してください。

  • 授業に関する情報等、大学側からの情報が学生ポータルを通じて、周知されることがあります。自分が受講する授業の掲示板など、学生ポータルを頻繁に確認するようにしてください。

  • システム使用時において、画面表示にエラーが発生してしまい、例えばWEB履修登録手続きができない場合などは、その旨を理学部学務係窓口へ相談してください。

千葉大学学生ポータル Campus Square

千葉大学Moodle 2021について(2021年4月5日更新)

いくつかの授業ではメディア授業用のシステムとして Moodle を使用します。

Moodle は皆さんの学習をサポートするためのオンラインの授業サポートシステムです。Moodle を利用することで、1)授業資料をダウンロードして予習・復習に活用すること、2)課題レポートを提出すること、3)小テストを通して授業内容の理解を確認することなどができます。使い方に関する詳細は、「Guidance 2021(PDF, 8MB)」の 192 - 193 ページを参照してください。Moodle のフロントページにも操作マニュアルを掲載していますので、操作が分からない場合はそちらも参照してください。

授業を履修登録すると、翌日に Moodle のコースにも自動的に登録されます。初回授業の前日までに履修登録を終えてください。

※ すべての授業で利用するわけではありません。また、その使い方も授業によってさまざまです。授業で利用する場合は授業担当教員から指示がありますので、教員の指示に従って利用してください。

千葉大学Moodle 2021

Google Workspace (旧G Suite) について(2021年4月5日更新)

Google Workspace は、Google 社が提供する教育機関向けのサービスで、皆さんの学習をサポートするオンラインシステムのひとつです。Google Workspace では、Gmail, Classroomなどのさまざまなアプリを使用できます。 それらを使って、1) 授業に参加すること、2) 授業資料をダウンロードして予復習に活用すること、3) 他の学生とグループワークをすること、4) 課題レポートを提出することなどができます。前項記載の Moodle と合わせ、在学中のさまざまなシーンで使用します。使い方に関する詳細は、「Guidance 2021(PDF, 8MB)」の 194 - 195 ページやメディア授業サイト(学生向け)を適宜参照してください。

クラスへの参加について

Moodle と違い、Google Workspace のクラスへの参加は履修登録と連動していませんので、Classroom アプリでクラスコードを入力するか、招待リンク(URL)から参加してください。クラスコードは千葉大学の教育・学修で使用する各システムへのログイン方法についてから一覧が得られます。シラバスの備考欄にクラスコードや招待リンクが書かれているものもあります。

使用時の注意点について

Google Workspace は、Google 社のサービスであるため、同社のサービスを利用できない一部の国・地域からアクセスすることはできません。

Google Workspace の各アプリを使用する際のブラウザには、Chrome を推奨します。 千葉大学のものを含む Google のアカウントは、ひとつのブラウザで複数のアカウントにログインできますが、このとき、最初にログインしたアカウントがデフォルトアカウントとして優先的に扱われます。千葉大学のもの(〜@student.gs.chiba-u.jp)以外の、たとえば皆さん個人の Google アカウント(〜@gmail.com)がデフォルトとなっているブラウザで、千葉大学のものがデフォルトアカウントでなければアクセスできないファイル等にアクセスしようとすると、「アクセス権が必要です」と表示されます。そのときは、アカウントから一度ログアウトして Google Workspace に再度ログインするなどして、千葉大学のものをデフォルトアカウントにしてアクセスし直してください。「アクセス権をリクエスト」は選択しないでください。

※ Google Workspace は、すべての授業で利用されるわけではありません。使い方も授業によってさまざまです。 授業で利用する場合は、授業担当教員からの指示やシラバスに従ってください。

※ 資料によっては旧称である「G Suite」を用いているものがあります。適宜「Google Workspace」に読み替えてください。

TOEFL ITP, TOEIC IP について(2021年4月8日更新)

2020年度は新型コロナの影響でキャンセルされたTOEFLなどの試験について、2021年度は以下の通り実施されます可能な限り受験してください。

  • 1年次生:2021年4月10日 TOEFL ITP
    Guidance 2021 pp
    .37〜38 をよく読んでください。

  • 2年次生:2021年4月11日(日) TOEFL ITP
    Guidance 2021 pp
    .39〜40 をよく読んでください。
    今回の2年次生向けの試験は昨年度試験がなかったことへの救済措置で、毎年2年次生向けの試験があるわけではありません。

  • 4年次生 (H30年度入学者):2021年4月17日(土) TOEIC IP

全員留学について(2021年3月18日更新)

3月18日付のこちらのお知らせから、2021年度前期の留学に関する部分を引用します。

 原則として、渡航先の国・地域を問わず、すべての海外留学プログラムは、引き続き実施しないこととします。あわせて、皆さんが個別に計画する留学についても見合わせてください。

 ただし、状況に応じて、実施可能と判断できるプログラムが今後ある場合には、別途お知らせします。

 なお、「全員留学」の対象となっている学生のうち令和2年度入学の方については、令和3年度に限り、オンライン留学プログラムの受講等により「留学」とみなす代替措置を実施します。詳細については、4月初旬に学生ポータル等で通知しますので、確認してください。

お問い合わせ