大阪大学 超域イノベーション博士課程プログラム シンポジウム

オールラウンド型博士人材育成の“今”と“これから”

大阪大学超域イノベーション博士課程プログラムは、以下のとおり「オールラウンド型博士人材育成の“今”と“これから”」と題したシンポジウムを開催いたします。

本シンポジウムでは、超域イノベーション博士課程プログラムが育成を目指してきたオールラウンド型博士人材の具体像と、産官学民の各方面の方々と協働しながら開発してきた教育プログラムとその成果を総括すると共に、21世紀の人類と社会が抱える課題の解決を試みる際に、大学院の博士課程における人材育成を今後どのように改革していくべきなのか、大阪大学としての展望を描く、貴重な機会となります。

*なお現在、申し込みリンクが閲覧できない不具合が発生しているため、メールでのお申し込みも受け付けております。(メールでのお申し込み方法については本ページの下欄をご覧ください)

  • 日時: 2018年1月15日 (月) 13:30~18:45(13:00開場)

シンポジウム:13:30〜16:50 懇親会:17:15〜18:45

  • 場所: グランフロント大阪北館タワーB10階(ナレッジキャピタルカンファレンスルームタワーB)

〒530-0011 大阪市北区大深町3-1(06-6372-6417:平日10:00-17:00)

  • 主催・企画・運営:大阪大学超域イノベーション博士課程プログラム
  • お問い合わせ: 大阪大学超域イノベーション博士課程プログラム

sympo_info@cbi.osaka-u.ac.jp

■プログラム

13:30~13:35 趣旨説明

13:35~13:45 開会の挨拶:西尾章治郎 大阪大学総長

第一部:オールラウンド型博士人材育成の“今”

13:45~14:05 基調講演「社会に求められる博士人材について」

平野博紀 氏 文部科学省高等教育局大学振興課大学改革推進室長

14:05~14:25 報告「履修生から見たプログラムの特色」

14:25~15:05 パネルディスカッション「修了生が語るプログラムでの学び」

15:05~15:45 休憩・ポスターセッション

第二部:オールラウンド型博士人材育成の“これから”

15:45~16:45 パネルディスカッション

登壇者:藤山 知彦 氏 JST(科学技術振興機構)研究開発戦略センター上席フェロー

村上 由美子氏 OECD東京センター所長

藤田 喜久雄 大阪大学教授/超域イノベーション博士課程プログラム

プログラムコーディネーター

モデレーター:多賀谷 克彦 氏 朝日新聞編集委員

16:45~16:50 閉会の挨拶:小林傳司 大阪大学理事・副学長

第三部:交流会

17:15~18:45 意見交換会


※ 演題・登壇者は都合により変更となる場合があります