アレルギー性鼻炎

舌下免疫療法


スギ花粉・ダニが原因のアレルギー症状にサヨナラ


アレルギー性鼻炎を根本から治療する


アレルギー性鼻炎(花粉症)は体質であり、一生治らないとあきらめていませんか?

確かに、花粉症は自然に治ることはほとんどありません。

また、これまでの治療は、花粉症の症状を和らげる対症療法でしかありませんでした。


花粉症のメカニズム

<第1段階>花粉などのアレルゲンが鼻腔内の粘膜に付着すると、体内のリンパ球が花粉を異物とみなして、花粉に対する抗体(IgE抗体)を産生します。このIgE抗体は肥満細胞という細胞に結合して体内に存在するようになります。

<第2段階>その後、再び侵入した花粉が肥満細胞の表面のIgE抗体に結合すると、肥満細胞からヒスタミンなどのアレルギー誘発物質が放出されます。このヒスタミンが、鼻水やくしゃみ、眼のかゆみ等の不快な症状を引き起こします。

また、花粉症の他にダニなどのアレルゲンによって引き起こされる鼻炎は通年性アレルギー性鼻炎と呼ばれます。最近では花粉症と通年性アレルギー性鼻炎の併発や、複数の花粉に反応する花粉症など、ほぼ一年中症状に悩まされるという人も少なくありません。




これまでの一般的な花粉症の治療は・・・

特に子どもに対する治療は、くしゃみや鼻水、かゆみのもととなる「ヒスタミン」をブロックする「抗ヒスタミン薬」という飲み薬が主体となっています

この治療は、症状を軽くさせる対症療法であり、花粉症を治す治療ではありません。

また、「抗ヒスタミン薬」は眠気などの副作用があり、そのため服薬が困難な方も少なくありません。

さらに、花粉症は自然に治ることがないため、ほぼ毎年、春先になるとつらい症状に悩ませられ、薬が手放せなくなります。

これを、大人になってもずっと続けなければなりません。



そこで、アレルギー性鼻炎を根本から治療する「舌下免疫療法」の登場です。

これまでの治療と何が違うか・・・


アレルゲンを少量ずつ継続的に体内に取り込むことで、体をアレルゲンに慣れさせていく治療方法です。

●慣れることで、花粉やダニにさらされても、体が反応をおこさなく(おこしにくく)なり、結果としてヒスタミンなどのアレルギー誘発物質を放出しにくくなくなります。

●なので、抗ヒスタミン薬を飲まなくて済んだり(=完治する)、飲む量を減らす(=軽くなる)ことが期待できます。


 <注意1>およそ8割の例で症状の改善がみられたと報告されています。

 <注意2>治療終了後の効果持続期間には、個人差があります(症状が再発する場合もあります)。

月に1回の通院が必要で、治療期間は3~5となります。


具体的な治療法

1日1回舌下(舌の下)にラムネのような薬剤を投与します。

投与後は1分間または2分間舌下に保持して、その後飲み込みます。

それを、毎日続けます。

投与前後2時間程度は入浴や飲酒・激しい運動を控える等の必要があります

ごく稀ではありますが、アナフィラキシー(強いアレルギー症状)を起こすことがありえるため、初回はクリニック内で服用して、30分間は変わりがないかを確認します。それ以降は、自宅での服用となります。

(こちらは正真正銘のラムネです。)

お子さんが舌下に薬を保持できるかどうかの判断に、ラムネで試してみる(練習してみる)といいかと思います。ラムネを1~2分舌下に保持できれば、お薬でも問題なくできます。


こんな方におすすめ

受験を控えている、あるいは数年後に受験をする可能性のある方

スギ花粉飛散の時期は薬だけでは症状を完全に抑えきれない方

毎年花粉症の時期がとても憂うつでそのストレスから解放されたい方

通年性アレルギー性鼻炎の方で血液検査でダニとハウスダストに反応のある方



鼻炎であれば、だれでも治療ができるの?

今のところ治療可能な方は・・・


 ●5歳以上の方(保護者の方も実施できます)


 ●スギ花粉症・ダニ(ハウスダスト)によるアレルギー性鼻炎の方



舌下免疫療法のメリットとデメリットを整理してみると

メリット

体がアレルゲンに慣れるためアレルギー反応の消失が期待できる

●抗ヒスタミン薬の量を減らせる、必要なくなる可能性がある

●抗ヒスタミン薬の副作用(口の渇き、眠気)がなくなる

●抗ヒスタミン薬の効果があまりない人にも効果が期待できる



デメリット

治療期間が3~5年と長い為、根気がいる

すぐに他のお薬が不要になるわけではない

ごく稀ではあるが、アナフィラキシーを起こすことがありえる


いかがでしょうか


スギ花粉症を代表とするアレルギー性鼻炎は、近年若年化が進み、3歳~4歳での発症もまったくめずらしくなくなりました。


自然に治癒することがなく、この先長年、不快な症状と付き合わなければならないことと比べると、3~5年の治療期間は決して長くはないともいえるのではないでしょうか。


実際に治療を開始するにあたっては、アレルゲンの特定のために血液検査が必要となります。

また、重度の気管支喘息や口の中に傷や炎症のある方、他の疾患で治療を受けている方、妊娠・授乳婦の方などでは、舌下免疫療法による治療を受けられないことがあります。


大事なことをもう一つ

●スギ花粉症では、舌下免疫療法の治療開始は花粉症シーズンオフの5月~12月となります。(スギ花粉が多く飛散する1月~4月の間は、治療開始できません。)

●ダニアレルギー性鼻炎は、通年性であるため、一年を通して治療開始ができます。


以上です。

治療を希望される方

興味があり、相談の上治療を考えたい方

是非、一度受診の上ご相談ください。


受診の際は、WEBで予約をお取りいただいた上、WEB問診で受診理由から「アレルギー性鼻炎の舌下免疫療法(初回)」をお選びいただき、必要事項をご入力ください。

※スギ花粉症の場合は、5月以降にご予約下さい。