社会福祉法人善隣福祉会

愛誠園

新卒採用特設サイト

愛誠園の労働環境づくりについて

平成30年度新卒入職者の声

桑江怜(平成30年3月沖縄アカデミー専門学校卒業)

利用者様の生活に寄り添う介護をしたいと思い、働くならユニット型の施設を希望していました。

企業説明会で、従来型からユニット型へ移行することを聞き、立ち上げから関わることができるのはとても貴重な経験になると思い、愛誠園への就職を決めました。

現場に入る前に2週間ほどの集中講義や現場に出てからも月に1、2度の研修会があり、教育環境が整っていると感じます。また、ユニットリーダーや先輩方がしっかりサポートしてくださるので、安心して働くことができています。

知念沙英(平成30年3月ソーシャルワーク専門学校卒業)

初めて現場で働き、特に技術面で慣れていない事が多く、惑うこともありましたが、先輩方に丁寧に教えてもらい、自分なりにコツを見つけて行くことができています。少しずつできる事が増えていくので毎日本当に楽しく働くことができています。一緒に仕事ができる日を楽しみにしています。

石川夏樹(平成30年3月中部商業高等学校卒業)

全く介護の事を知らない状態で入社したんですが、職員の先輩方から色々な事を教えてもらいながら、日々頑張っています。給料面や、働きながら資格等を取得することができるので仕事は充実してます。

お年寄りの方が好きな人、介護に興味がある方は、ぜひ愛誠園までお願いします。

長く勤めてもらえる取り組み

(キャリアパス制度,育児・介護休業制度など)

又吉尚智【養護課長】

(平成5年3月宜野湾高等学校卒業)

宜野湾高等学校を平成5年に卒業して愛誠園へ入職し25年目になります。

高校1年生の頃、当時の校長先生より「君達の卒業後は進学を目指してほしい。」とありましたが、私は就職を希望し高校2年の夏から探し始め、「高齢者社会が目の前」との記事を見て、老人ホームだ!と思いボランティア活動をはじめ愛誠園にたどり着きました。

初めての介護で食事・入浴・排泄等の仕事ではじめは戸惑いもありましたが、高齢者の方々からの励ましの言葉(毎日ありがとう)に癒されることが多く、また先輩方の指導も楽しく学ばせてもらい頑張ってきました。介護職を19年勤め、現在では管理職として5年目になります。頑張れば頑張るほど楽しみが多く感じられる仕事だと私は思います。

下地みな (平成19年3月沖縄アカデミー専門学校卒業)

介護職として入社し現在はケアマネージャーとして働いています。

様々な介護事業を行っている為、色々な職種にチャレンジできるところも魅力の一つです。また、育児休業・看護休暇等の福利厚生もしっかりしており、子育て世代・女性が働きやすい職場となってます。

一緒に働ける日を楽しみにしてます。