AIDA活動紹介

  • AIDAビデオ講習会 SAFの技術動向

(一社)航空イノベーション推進協議会(AIDA)では、航空CO2削減に向けて期待されるSAF(サステナブル航空燃料)の技術動向を理解いただけるようビデオによりオンデマンド講習会を開催します。ご希望により講習後に修了証をお送りします。

https://sites.google.com/view/videolec1

実施期間: 2022年9月30日~10月31日 ビデオによるオンデマンド受講

参加費: 5,000円(AIDA非会員)、2,000円(AIDA会員)

申し込み先リンク: https://forms.gle/b5grixjjj2dU5TQD9 (締め切り9月26日17:00)

-------------------------------------過去のセミナー--------------------------------  

  • 2022年7月15日開講 AIDA連続講習会No2「サステナブル航空燃料SAF」

日時: 2021年7月15日(金)16:00‾17:307月22日(金)16:00‾17:308月 3日(水)16:30‾17:308月 8日(月)14:00‾15:308月 8日(月)16:00‾17:30開催方法: WEBEX(オンライン)での講習会定員:130名(先着順)概要: 航空機から排出されるCO2削減に関しては、国際航空分野においてICAOで削減プログラムが策定され実施されていますが、2050年に向けた更なる削減計画が検討され、国内においても政府が推進する「グリーンイノベーション戦略推進」において航空分野のCO2削減が取り上げられています。その達成には、技術開発のみならず、経済的スキームの導入、低炭素燃料への転換が必要で、その実現に向けた政策的誘導など総合的な取り組みが求められます。(一社)航空イノベーション推進協議会(AIDA)は、航空産業を構成する多分野のネットワーク構築を目的の一つとしており、CO2削減に向けた取り組みを総合的・俯瞰的に理解いただけるよう講習会を企画しました。受講後に修了証をお送りします。
プログラムは https://sites.google.com/view/aidalecture2  をご覧ください。2-1 航空業界のCO2削減とSAF,および微細藻類からのSAF生産金子典充(IHI)2-2 バイオマスガス化FT合成によるSAF製造実証および事業化検討について田邊一太郎(JERA)、山内康弘(MHI)、寺井聡 (東洋エンジニアリング)2-3 FT合成技術を中心としたSAF製造技術寺井聡 (東洋エンジニアリング)2-4 OPERAプロジェクトのSAF重点化河野重行(東大)2-5 ICAO CORSIA及び長期目標でのSAFの位置付け中島陸博 (SAFコンサルタント)
  • 2021年度第6回AIDA航空セミナー

開催日:2022 年3月29日(火)10:00~12:00

開催地:WebEx(接続情報はご登録のメールアドレス宛に開催日までにお送りいたします)

参加費:AIDA会員無料

    

ご講演①:「航空機製造及び開発の最新動向」

ご講演者:一般財団法人 日本航空機開発協会(JADC)

     プロジェクト・エグゼクティブ  戸井 康弘 様 

概要  :安定成長からコロナ禍で一変した航空機産業での、世界の旅客機生産の現状と、

今後の開発に関する最新動向をまとめて紹介いたします。DXでの新たな基盤構築、

急激なカーボンニュートラルへの対応シナリオがポイントとなります。

 

ご講演②:「航空研究の最新動向:JAXAの新しい研究計画について」

ご講演者:国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 航空技術部門 事業推進部

     計画マネージャ  原田 賢哉 様 

概要  :JAXA航空技術部門が目指す「人と環境に優しい持続可能な航空利用社会」の将来像と、

その実現に向けて取り組む研究開発領域/技術課題についてご紹介します。


  • 2021年度第5回AIDA航空セミナー
開催日:2021 年12 月10 日(金)16:30~18:30開催地:WebEx(接続情報はご登録のメールアドレス宛に開催日までにお送りいたします)参加費:AIDA会員無料、    非会員有料(¥5,000)後日請求書をお送りします
講演題目:「2050年カーボンニュートラルに向かう世界ー最新動向と課題」ご講演者:東京大学 未来ビジョン研究センター 高村ゆかり 先生ご講演者略歴:島根県出身。1989年京都大学法学部卒業、1997年一橋大学大学院法学研究科博士後期課程単位取得退学。1998年静岡大学人文学部法学科助教授、2004年龍谷大学法学部助教授、2006年同大学同学部教授、2011年名古屋大学大学院環境学研究科教授、2018年東京大学サステイナビリティ学連携研究機構(IR3S)教授、2019年4月から現職。専門は、国際法学、環境法学。所属学協会は、国際法学会、世界法学会、環境法政策学会、環境経済・政策学会、国際法協会など。共編著に『気候変動政策のダイナミズム』、『気候変動と国際協調—京都議定書と多国間協調の行方』、『国際環境条約・資料集』など。
  • 2021年度第4回AIDA航空セミナー
開催日:2021 年11 月 25 日(木)10:00~11:30開催地:WebEx(接続情報はご登録のメールアドレス宛に開催日までにお送りいたします)参加費:AIDA会員無料、    非会員有料(¥5,000)後日請求書をお送りします
講演題目:「水素航空機:開発経緯と実用化に向けての動向」ご講演者:株式会社航想研 代表取締役 奥田 章順 様
  • 2021年度第3回AIDA航空セミナー
開催日:2021 年11 月 4 日(木)10:00~11:30開催地:WebEx(接続情報はご登録のメールアドレス宛に開催日までにお送りいたします)参加費:AIDA会員無料、    非会員有料(¥5,000)後日請求書をお送りします
講演題目:「水素社会実現に向けた産総研福島再生可能エネルギー研究所での研究開発」ご講演者:国立研究開発法人産業技術総合研究所 再生可能エネルギー研究センター     研究センター長  古谷 博秀 様概  要:世界的なカーボンニュートラルの動きと共に、利用側でゼロエミッションが     実現できる水素エネルギーが注目を集めている。     本講演では、水素エネルギーに関する動向と、産業技術総合研究所の     福島再生可能エネルギー研究所で実施している水素関連技術開発     について紹介する。

  • AIDA連続講習会(第1回) 航空CO2削減
2021年7月2日~8月6日 毎週金曜 17:30~19:001)7月2日 CO2削減に向けた技術ロードマップ(IATAレポートを中心に) 東大 鈴木真二特任教授2)7月9日 CO2削減の技術(構造、空力設計) 東大 青木隆平教授、李家賢一教授3)7月16日 CO2削減の技術(推進、飛行制御・管制)東大 渡辺紀徳教授、土屋武司教授4)7月30日 燃料関係(バイオ燃料、水素燃料) 東大 中村裕子特任准教授、産総研 古谷博秀5)8月6日 CO2削減への国際連携(ICAOでの活動を中心に) 都立大 日原勝也准教授
プログラムと申し込み 

  • 2021年度第2回AIDA航空セミナー
「空飛ぶクルマ、海外の最新動向」開催日時:2021年6月18日(開催時間 13:00-14:45)場所:  WEBEX (申し込み後にご案内いたします)費用:  5000円/人(AIDA会員は無料)講師:  鈴木真二(AIDA代表理事、東京大学名誉教授・特任教授)、中村裕子(AIDA RPAS研究会幹事、東京大学特任准教授)講演概要: エアタクシーとしてビジネス構想、技術開発が急速に展開する「空飛ぶクルマ」(電動垂直離着陸機:eVTOL)に関して、最新の技術動向、マーケット、社会受容性などを最新の海外レポートをもとに報告します。
  • 2021年度第1回AIDA航空セミナー
「民間航空・ドローン・空飛ぶクルマのためのEUROCAEでの標準化活動」開催日時:2021年4月15日 16:00~17:30場所: WEBセミナー(Webex使用)講師:Mr. Christian Schleifer-Heingärtner (EUROCAE事務局長)民間航空およびドローン・空飛ぶクルマの産業において、安全性の向上はもちろん社会的価値に貢献する技術の実装にあたっては、官民協力して、その技術の不確実性を解消し、利用者や第三者の安心につながる仕組みを作っていくことが重要です。多くの空港とエアバスのような代表的な航空機メーカーを有し、2019年には世界に先駆けて垂直離発着機の特別要件を発表し、また2020年に域内統一してのドローンの新しい規則をもうけたばかりの欧州ですが、EUROCAEは、認証プロセスを支える適合方法などについての業界標準作成活動を行う非営利団体です。今回、EUROCAE事務局長より、EUROCAEの概要に続き・VTOL Special Condition に対応する標準化活動 (VTOL)・電動化に対応する標準化活動(Hydrogen Fuel Cells, Electric Hybrid Propulsion)・ドローンに関する標準化活動(UAS / C-UAS)・空港のイノベーションに関する標準化活動の最新動向をご紹介いただきます。なお、AIDAは2020年9月に、EUROCAEと、新しい技術の実装に向けた協力協定を結んでおります。言語:英語参加費:AIDA会員  無料    AIDA非会員 5,000円



  • 2020年度第3回AIDA航空セミナー
耐空性審査要領第Ⅱ部(飛行機N類)の改正に関するセミナー 』わが国の飛行機N類の耐空性審査要領が、欧米の安全基準のパーフォンマンス・ベース化に伴い、この度改正されます。その背景と改正の内容に関するセミナーをWEB開催いたします。開催日時 2021年2月16日 10:00~12:00場所:WEBセミナー主催:AIDA、東京大学未来ビション研究センター、法政大学アーバンエアモビリティ研究所プログラム:・開会挨拶:AIDA代表理事、東京大学名誉教授・特任教授 鈴木真二・1)パフォーマンス・ベースの耐空性審査要領について:国土交通省航空局 航空機安全課・2)FAA/EASAの基準づくりのプロセスと考え方:法政大学アーバンエアモビリティ研究所特任研究員 白井一弘・閉会挨拶:法政大学教授 御法川学

  • 2020年度第2回AIDA航空セミナー
『パーソナルVTOL開発国際コンテストGoFlyを通じたテトラ・アビエーションの取り組みと今後の展望』開催日時:2020年11月25日(水)15:00~16:30場所:  WEBセミナー講師:  中井 佑 氏  teTra aviation corp.(CEO)講演概要: 昨年度2月に開催された eVTOL 開発国際コンペ GoFlyにおいて受賞を得た     テトラ・アビエーションの開発の実際や開発の過程で協力を得た企業・団体     の取り組みをご紹介いただきます。     また、米国の企業からのパーソナルエアモビリティに対する関心を踏まえた     上で、国内での開発、海外での開発や事業化を見据えた今後の取組みと展望     をお話し頂きます。


  • 「COVID-19が航空に与える影響と今後を考える」第3回
主催 (一社)航空イノベーション推進協議会、東京大学未来ビジョン研究センター開催日:2020年11月13日(水)15:00~16:00講師:キュール・デニース(Denise Kuehl) キャビン・マーケティング・マネジャー題目: Keep Trust in Air Travel 空の旅の信頼保持概要:As part of the Keep Trust in Air Travel campaign we would like to share facts to reassure and to dispel myths so that flying continues to be a source of enjoyment for all.In this talk we will focus on three key aspects· The optimum health considerations that are integrated in the cabin from the moment the aircraft is designed· The recent study published with IATA on the research that shows potential exposure to the coronavirus onboard an aircraft is very low· A look at technical solutions under investigation to protect everyone even further when travelling onboard our aircraftAirbus has always taken great care to enable a safe environment on board an aircraft - a commitment that remains unchanged and enhanced in a post-pandemic world. Our aircraft are designed and equipped by leveraging the latest technology for the most rigorous and absolute best in health, safety, and comfort.WebexによるWEB開催(言語:英語)
  • 「COVID-19が航空に与える影響と今後を考える」第2回
主催 (一社)航空イノベーション推進協議会、東京大学未来ビジョン研究センター開催日:2020年11月11日(水)9:00~10:00講師:Pradeep Fernandes、Director, Strategy for Confident Travel Initiative、ボーイング社題目: Confident Travel Initiative Overview and findings概要: Discuss multi-layered strategy to combat the pandemic. Describe airport layer and need for testing. Describe aircraft disinfection layer and new technologies. Describe the aircraft airflow system. Share data-driven modeling effort. Share results of the modeling effort.WebexによるWEB開催(言語:英語)
  • AIDA 航空イノベ―ション・AC・JRPAS 3研究会合同セミナー
AIDA研究会メンバー限定日時:2020年10月30日(金)13:30~15:30場所:オンライン主題:機能安全分析セミナー講演①題目「無人航空機が“飛ぶ”環境と自動車が“走る”環境の違いとは」   サイバネットシステム株式会社 森 智哉 氏 講演②題目「これから取り組む方向け 機能安全分析フローと手法」   サイバネットシステム株式会社 柏村 陽介 氏   

  • ASES2020 第2回航空機システム環境評価試験シンポジウム
主 催:AIDA (一社)航空イノベーション推進協議会、(公財)南信州・飯田産業センター開催日:10月27日(火)11:00~16:30オンライン開催:申し込まれた方にYoutubeの配信情報をお知らせします
プログラム(予定)開 会 式 11 :00~11:05>挨拶・講演 11 :Q5~11:20 我が国の航空機産業の現状と今後の展望経済産業省製造産業局航空機武器宇宙産業課航空機部品・素材産業室長 宮越 朗氏>基調講演 11 :20~12:00 無人航空機に係る航空法の概要と環境整備に向けた取組国土交通省航空局安全部安全企画課課長補佐 山村 肇氏>講 演 1 13:00~13:40 航空機装備品における環境試験実施例ナブテスコ株式会社 航空宇宙カンパニー技術部第1 技術課 参事 鈴木一行氏>講 演 2 13:50~14 :30 装備品メーカーから見た認証における課題東京航空計器株式会社航空宇宙事業本部民航営業部部長 川島 賢太郎 氏>講 演 3 14:40~ 16: QQ ドローン等関連施設紹介および環境試験機器紹介・(公財)福島イノベーション・コースト構想推進機構 福島ロボットテストフィールド副所長 細田慶信氏・大分県産業科学技術センター電子・情報担当主幹研究員 幸嘉平太氏・飯田工業技術試験研究所>講 演 4 16:QQ~ 16:25 環境試験設備活用調査報告三菱UFJリサーチ&コンサルティン株グ式会社政策研究事業本部名古屋本部研究開発部 長尾尚訓氏>閉 会 式 16:25~ 16:30




  • 2020/8/4 緊急WEBセミナー「COVID-19が航空に与える影響と今後を考える」AIDA、東大未来ビジョン研究センター、日本航空協会共催
(1) 挨拶 鈴木 真二  (航空イノベーション推進協議会代表理事、東京大学名誉教授・特任教授)篠辺 修(日本航空協会会長)(2) 講演IATAでのCOVID-19の航空輸送への影響と見通し、藤原 勇二(IATA日本代表)COVID-19による日本の航空業界への影響とその対応、岡野 まさ子(国土交通省航空局航空ネットワーク部航空事業課長)エアラインでの感染症対策、 石塚 卓志(ANA企画室企画部事業推進チームリーダー) https://www.youtube.com/watch?v=RnTSi5tgQy8 成田空港での新型コロナウイルス対策、宮本 秀晴(成田国際空港(株) 経営企画部門 上席執行役員) https://www.youtube.com/watch?v=AJGWiV74jww機内空調における感染症対策、奥山 哲((株) JALエンジニアリング 技術部 技術企画室 客室仕様・技術グループ:マネジャー) https://www.youtube.com/watch?v=SQsxDl8fGhs 航空機製造業へのCOVID-19の影響、巽 重文(日本航空機開発協会 専務理事) ポストCOVID-19を見据えた航空技術政策の展望、畑田 浩之(経済産業省航空機武器宇宙産業課 課長) (3) パネルディスカッション ・モデレータ:鈴木 真二(東京大学名誉教授、特任教授、AIDA代表理事)、山田 圭一(日本航空協会 常務理事 文化情報室長) ・登壇者:上記講演者に加え福原 裕悟(三菱航空機(株)営業部 マーケティンググループリーダー)伊藤 健(JAXA航空技術部門 次世代航空イノベーションハブ ハブ長)李家 賢一(東京大学大学院工学系研究科教授)
  • 2020/2/14 航空機安全認証と業界標準化活動, 標準化及び認証取得におけるプラットフォーム形成に向けたシンポジウム~新技術の社会実装及び航空産業の発展に向けたキーストーン~, 大手町ファイナンシャルシティー カンファレンスホール
  • 2020/01/21 航空セミナー③ 「国内外の無操縦者航空機の概要」(国際航空連盟(FAI)自作機・HPA機委員会日本デリゲート/エクスペリメンタル航空機連盟 山下 祐作 氏)、「ソフトバンク/HAPS Mobile社による成層圏プラットフォーム」(ソフトバンク株式会社/HAPS Mobile社  木村 潔 氏)、「対談 : 『なぜいま無操縦者航空機なのか?』」
  • 2019/12/20 航空セミナー② 「コンコルド小史」(東京大学 鈴木 真二)、「JAXAでの次世代超音速機研究」(宇宙航空研究開発機構 吉田 憲司 氏 )、「Boom社の超音速機開発構想とJAL グループとの提携について」(日本航空株式会社 大森 康史 氏 )
  • 2019/11/8 航空セミナー① 「エアバス最新鋭機A350の開発と現状」(エアバスジャパン株式会社 好田 二郎 氏)、「A350の最新飛行技術」(日本航空株式会社 能勢 知英 氏 )
  • 2019/10/23-24 「第1回 航空機システム環境評価試験シンポジウム ASES2019」
基調講演「民間航空機の現状と将来展望」ボーイングジャパン株式会社 益田 様, 講演1「民間航空機装備品における環境試験の必要性」住友精密工業株式会社 高橋 様 講演2「航空法改正による装備品産業の更なる発展に向けた環境整備」国土交通省 長谷 様 講演3「我が国の航空機装備品産業支援等について」経済産業省 新倉 様 長野県飯田市エスバード
  • 2019/7/12 特別セミナー「特別講演「電動航空機へのAmpaireの挑戦とその世界動向」(Ampaire共同創業者、CTO Cory Combs 氏)
  • 2019/7/2 AIDA総会特別講演会
「航空法改正の概要」(国土交通省航空局 佐藤 圭悟 氏 )「空飛ぶクルマによる空の移動革命」(株式会社SkyDrive 福澤 知浩 氏)
  • 2019/2/18 AIDA記念セミナー「日本の産業における航空機産業と今後の展望」
特別講演「航空機産業が日本の製造業において持つ意義と今後の展望」大宮 英明 (一社)日本航空宇宙工業会会長(日本経済団体連合会副会長・三菱重工業取締役会長)講演「航空機の先端技術とその標準化~JA2018での話題を中心に」鈴木 真二 (一社)航空イノベーション推進協議会代表理事(東京大学大学院工学系教授 航空機産業と今後の展望に関する会場との意見交換、モデレーター 渋武 容 (東京大学総括プロジェクト機構特任教授)


AIDA入会申込書