AI/IoTシステムのための安全性シンポジウム


開催日:2019年11月26日(火)、11月28日(木)、11月29日(金) 主催:国立情報学研究所 「高信頼な機械学習応用システムによる価値創造(QAML)」プロジェクト 共催:独立行政法人情報処理推進機構(IPA)、有人宇宙システム株式会社、 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ、株式会社チェンジビジョン

AI応用システムやIoTシステムの安全性に対する関心が高まりを見せています。本シンポジウムでは、AI/IoTシステムの安全性に関する基調講演と共に、「FRAMワークショップ」(11/26)と「STAMPワークショップ」(11/28, 29)を開催します。

2つのワークショップでは、レジリエンス・エンジニアリングにおける分析手法FRAM(※1)やシステム理論に基づく安全性分析手法STAMP(※2)によって、複雑性、不確実性、曖昧性などの性質を持つシステムの安全性をいかに高めることができるかについて議論します。

発表募集は終了しました。

現在、こちらで参加募集しています!


募集要項

  • STAMPまたはFRAMを用いたAI応用システムやIoTシステムの安全性分析について、適用事例/手法提案/実証実験等に関するプレゼンを募集します。
  • 発表時間(質疑含む):FRAMワークショップは1時間、STAMPワークショップは30分から40分。
  • 9月30日までに、下記リンクから発表概要をご送付ください。
  • 10月中旬に発表プログラムを確定します。
  • プレゼン用投影資料は、発表日までにご準備ください。FRAMワークショップのプレゼン用投影資料は、日本語と英語の併記、または英語のみの記述にしてください。

以下をクリックして発表概要をお送りください

FRAMワークショップ発表申し込み

STAMPワークショップ発表申し込み

※上の申込フォームにアクセスできない方は、お名前、ご所属、発表タイトル、発表概要(300~500字程度)をページ末尾記載の「問い合わせ先」までメールでお送りください。

開催概要

FRAMワークショップ

日時:2019年11月26日(火) 13:00~18:00 (予定)


STAMPワークショップ

日時:2019年11月28日(木)、29日(金) 13:00~18:00(予定)


※ 以下の招待講演なども予定しています。

講演者予定

  • エリック・ホルナゲル 先生(南デンマーク大学教授・レジリエンスエンジニアリング提唱者)
  • 佐々木 良一 先生(東京電機大学特別専任教授・同大学サイバーセキュリティ研究所所長)


※ 一般発表を含めた詳細プログラムの公開と参加者募集の開始は10月中旬ごろを予定しています。

問合せ先(主催者):ai-iot-safety-symposium@googlegroups.com または t-kaneko@nii.ac.jp (NII 金子朋子)

※ 送付いただいた個人情報は、本シンポジウムの主催者が管理し、本シンポジウムに関わる連絡以外の目的では使用いたしません。


※1:FRAM(Functional Resonance Analysis Method:機能共鳴分析手法)「複数の機能の相互インタラクションが、外乱に柔軟に対応する一方でエスカレーションを起こし、安全を脅かし得る」という考えに基づく分析手法 ※2:STAMP(System Theoretic Accident Model and Process)「安全/事故はシステムの構成要素の相互作用による創発特性である」という理論に基づく分析手法