AIによる生物画像解析トレーニングコース

開催趣旨

近年の顕微観察技術の向上により日々産生される大量のデジタル画像データを高い精度で,かつ効率的に処理・解析する技術が求められている.人工知能・AI として認知される機械学習技術は,人手に代わり高い効率で画像処理を遂行し得る技術として注目を集めている.本コースでは,初心者を対象に,座学・そして実践的な実習を織り交ぜながら機械学習を基盤とした生物画像処理技術の初歩について解説し,受講者が自ずから発展的な解析を行うことが可能となる端緒となることを目指す.


講師

  • 舟橋 啓(慶応義塾大学)
  • 内田 誠一(九州大学)
  • 檜垣 匠(熊本大学)


アドバイザー

  • 安永 卓生(九州工業大学)


日程

2019年8月29日(木)

  • 10:00-11:00 講義: 実習に先駆けて(舟橋)
  • 11:00-12:00 実習: 機械学習のためのPython講習(舟橋)
  • 13:00-18:00 実習: 細胞の生死判定AIの構築(舟橋)
  • 18:00-20:00 懇親会・相談会(熊本大学 カフェ&レストラン FORICO)

2019年8月30日(金)

  • 10:00-11:00 講義: 画像情報学と機械学習(内田)
  • 11:00-12:00 講義: 画像情報学と機械学習(内田)
  • 13:00-14:00 講義: 画像解析を前提とした生物画像取得法(檜垣)


場所

熊本県熊本市中央区黒髪2丁目39番1号

熊本大学 黒髪キャンパス 黒髪南C2(工学部1号館) 2階

共用会議室A(8月29日),共用会議室B(8月30日)

アクセスはこちらをご参照ください。


参加応募(募集は締切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。)

基本的には中国・四国以西の地域からの応募に限定させて頂きます.参加希望者は応募フォームより必要事項をご記入の上,お申し込み下さい.会場の都合上,受講生は15~20名程度を想定しております.なお,応募者多数の場合は主催者による選考をさせて頂く場合がございます.参加可否は7月末にメールにてお知らせする予定です.


応募申込締切り

2019年6月30日(日)


参加費

トレーニングコース:無料

懇親会:3,000円


宿泊

宿泊につきましては各自にてご手配いただけますようお願いいたします.


主催

文部科学省科学研究費助成事業

新学術領域研究(学術研究支援基盤形成)

「先端バイオイメージング支援プラットフォーム」(ABiS

上野直人・加藤輝・太田裕作


お問い合わせ先

熊本大学 国際先端科学技術研究機構

檜垣 匠

E-mail: thigaki[at]kumamoto-u.ac.jp

※[at]は@に置き換えてください。