BOCCO x IFTTT'webhooks' を

利用したアクションの設定

BOCCO APIを活用することで、IFTTTのトリガーで受け取った内容をwebhooksを利用して、 BOCCOにおしゃべりさせることができます。

利用手順は以下になります。

  1. BOCCO APIの申込みを行う
  2. API KEYを利用してアクセストークンを取得する
  3. アクセストークンを利用してIFTTTのアクションを設定する

1. BOCCO APIの申込みを行う。

http://api-docs.bocco.me/ にアクセスし「BOCCO APIに申し込む」ボタンをクリックして、API利用の申込みをしてください。

5営業日以内に、お申し込みされたメールアドレス宛てに「API KEY」が届きます。

2. API KEYを利用してアクセストークンを取得する

1で取得したAPI KEYを利用して、アクセストークンを取得します。以下のA~Cの手順で進めてください。

A. BOCCOアプリでメールアドレスとパスワードを設定する

B. BOCCO APIリクエストを送信してアクセストークンを取得する

C. メッセージを投稿したい部屋の情報を取得する

A. BOCCOアプリでメールアドレスとパスワードを設定する

BOCCOにメールアドレスとパスワードが設定されていない場合は、BOCCOアプリの「設定」から、

「アカウントの登録」(下記の画面↓)を利用し、 メールアドレスとパスワードの設定を行ってください。

B. BOCCO APIリクエストを送信してアクセストークンを取得する

パソコンのコマンドプロンプト(Macの場合、「ターミナル」でお探しください)から以下のコマンド(2行目まで↓)を実行して、アクセストークン(2行目以降のレスポンス)を取得します。

$ curl -sS --dump-header - 'https://api.bocco.me/alpha/sessions' -X POST -F 'apikey={取得したAPIキー}' -F 'email={BOCCOに登録済みのメールアドレス}' -F 'password={BOCCOに登録済みのパスワード}'

{
    "access_token" : "x2c4sjxacw4tq72q5h9vrsgjbcz3p55ixxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx",
    "uuid" : "e8bdc076-4045-45a7-abea-xxxxxxxxxxxx"
}

詳細は以下のドキュメントを参照ください。

上記のレスポンスが得られない場合、以下をご確認下さい。

・apikey, email, password は正確に記述されているでしょうか?ミスが無いか改めてご確認下さい。

・''のクオーテーションをダブルクオーテーション""またはクオーテーション無しで記述してみて下さい。

・スペースが適切にはさまれているかご確認下さい。

・BOCCO API Documentationの「BOCCO APIのアクセストークンを取得する」にも、別の記述方法を記載しておりますので、お試し下さい→http://api-docs.bocco.me/get_access_token.html


C. メッセージを投稿したい部屋の情報を取得する

Bで取得したアクセストークン(access_token)を利用して、現在BOCCOアプリでお使いになっているチャットルームの一覧を取得し、IFTTTと連携させたい部屋のUUIDを取得します。下記の「このUUIDをメモする」と記載されている行の"uuid"(下記の場合、大文字のEから始まるもの)を記録して下さい。

$ curl -sS --dump-header - 'https://api.bocco.me/rooms/joined?access_token={アクセストークン}'

[
  {
    "uuid": "E7607BA3-2AA0-4DEB-8959-XXXXXXXXXXXX",   /// このUUIDをメモする。
    "name": "Happy Family",
    "updated_at": "2015-07-31T21:47:46+09:00",
    "background_image": "http://localhost:8000/1/rooms/E7607BA3-2AA0-4DEB-8959-XXXXXXXXXXXX/df5dfb71-9d58-4b50-b82f-000000000000.png",
    "members": [
      {
        "user": {
          "uuid": "eb11c90f-f1a2-43a8-8a12-xxxxxxxxxxxx",
          "user_type": "human",
          "nickname": "5",
          "icon": "",
          "seller": ""
        },
        "joined_at": "2015-05-11T23:52:39+09:00",
        "read_id": 23843
      },
      ...
    ],
    "messages": [
      {
        "id": 24686,
        "unique_id": "1DB34B93-0DFA-4150-AEF5-YYYYYYYYYYYY",
        "date": "2015-07-31T21:47:46+09:00",
        "media": "text",
        "message_type": "normal",
        "user": {
          "uuid": "cffbf787-dd20-4157-8279-yyyyyyyyyyyy",
          "user_type": "human",
          "nickname": "mash",
          "icon": "http://localhost:8000/1/users/cffbf787-dd20-4157-8279-yyyyyyyyyyyy/d4187679-bd07-49f8-94c9-000000000000.png",
          "seller": ""
        },
        "text": "hoge",
        "audio": "http://localhost:8000/1/messages/24686.ogg",
        "image": "",
        "sender": "cffbf787-dd20-4157-8279-yyyyyyyyyyyy",
        "detail": null
      }
    ],
    "sensors": [
      {
        "uuid": "AAA5EC17-7981-4FDC-B783-ZZZZZZZZZZZZ",
        "user_type": "sensor_fire",
        "nickname": "sensor_fire",
        "icon": "",
        "seller": "",
        "address": ""
      },
      ...
    ]
  }
]

詳細は以下のドキュメントを参照ください。アクセストークンは正確にご記入下さい。

http://api-docs.bocco.me/reference.html#%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%81%AE%E5%8F%96%E5%BE%97-get-roomsjoined

3. アクセストークンを利用してIFTTTのアクションを設定する

2で取得した、アクセストークンと部屋のUUIDを利用して、BOCCOの部屋にIFTTTのトリガー

(if THIS:myThingsにおける「◯◯したら」に該当します)で得た情報をお喋りさせることができます。

IFTTTのTHENに(myThingsの場合の「◯◯する」に該当します)BOCCO APIを指定してください。

以下では設定手順を説明しますが、IFの設定は割愛いたします。(下記の例ではTwitterと連携しております)

  • [+]thatをクリックします。
  • actionを検索するテキストエディタに"webhooks"と入力しwebhooksを選択します。
  • 「Make a web request」を選択します。


  • 上記の設定を行い"Create action"することで、IFTTTとBOCCOのチャットルームとの連携が完了いたします。

↑連携に成功している場合は上記のようなログがIFTTTに記録されます。