理工学研究科

機能システム専攻

修了に必要な単位等

  1. 修了要件となる科目で理工学共通分野2単位を含む30単位以上修得すること。

  2. 主指導教授の「特別研究」、「特別輪講」は、それぞれⅠ~Ⅳを原則として修得すること。

履修方法

  1. 博士前期課程を修了するためには、理工学共通分野から必ず2単位以上修得しなければならない。

  2. 研究指導科目の履修は、機械科学分野もしくは機械融合分野のどちらかの分野を選択し、原則として、特別研究Ⅰ~Ⅳおよび特別輪講Ⅰ~Ⅳは、各学期に1科目ずつ順を追って履修登録しなければならない。

研究指導科目の履修分野は、修了まで変更することはできない。

長期履修生は延長したセメスタにおいて、研究指導科目を全て単位修得している時は特別研究Ⅳと特別輪講Ⅳをその都度履修登録すること。(特別研究Ⅳと特別輪講Ⅳで修了要件の単位に充当するのは、それぞれ2単位のみとする。)

  1. 授業科目の履修にあたっては、指導教授の指示を受けなければならない。

  2. 本表に掲げたものの他、主指導教授が教育研究上必要と認めるときは、本学の他研究科・専攻の授業科目を15単位まで単位修得することができる(同一名称の科目は1回のみ単位修得できる)。

修得した単位は修了要件の単位に充当する。

  1. 修士論文の作成にあたっては、指導教授の研究指導を受けなければならない。

※本専攻では、自身の研究を一層深めるために、研究指導の一環として、海外における調査・研究や学会への参加・発表を奨励している。

メディアを利用して行う授業

この制度では、海外留学や長期インターンシップ等へ参加する学生が、主指導教授及び研究会委員により教育研究上必要と認められた場合、一部の科目を海外等からメディアを利用して受講できる。交換留学等を検討している学生は、詳細を教学課へ問い合わせること。

■ 博士後期課程

修了に必要な単位等

主指導教授の「機能システム特殊研究」は、原則としてⅠ~Ⅵを修得すること。

履修方法

  1. 原則として機能システム特殊研究Ⅰ~Ⅵは、各学期に1科目ずつ順を追って履修登録しなければならない。

  2. 機能システム研究指導を担当する教員の「研究指導」を各セメスタで履修登録しなければならない。

  3. 授業科目は指導教授の指示により履修することができる。指導教授が研究指導上必要と認めた場合は、他の専攻もしくは他の研究科の授業科目を履修することができる。

  4. 博士論文の作成にあたっては、指導教授の研究指導を受けなければならない。

※本専攻では、自身の研究を一層深めるために、研究指導の一環として、海外における調査・研究や学会への参加・発表を奨励してい

メディアを利用して行う授業

この制度では、海外留学や長期インターンシップ等へ参加する学生が、主指導教授及び研究会委員により教育研究上必要と認められた場合、一部の科目を海外等からメディアを利用して受講できる。交換留学等を検討している学生は、詳細を教学課へ問い合わせること。

生体医工学専攻

修了に必要な単位等

  1. 修了要件となる科目で理工学共通分野2単位を含む30単位以上修得すること。

  2. 主指導教授の「特別研究」、「特別輪講」は、それぞれⅠ~Ⅳを原則として修得すること。

履修方法

  1. 博士前期課程を修了するためには、理工学共通分野から必ず2単位以上修得しなければならない。

  2. 研究指導科目の履修は、生物科学分野もしくは医工学分野のどちらかの分野を選択し、原則として、特別研究Ⅰ~Ⅳおよび特別輪講Ⅰ~Ⅳは、各学期に1科目ずつ順を追って履修登録しなければならない。研究指導科目の履修分野は、修了まで変更することはできない。

長期履修生は延長したセメスタにおいて、研究指導科目を全て単位修得している時は特別研究Ⅳと特別輪講Ⅳをその都度履修登録すること。(特別研究Ⅳと特別輪講Ⅳで修了要件の単位に充当するのは、それぞれ2単位のみとする。)

  1. 授業科目の履修にあたっては、指導教授の指示を受けなければならない。

  2. 本表に掲げたものの他、主指導教授が教育研究上必要と認めるときは、本学の他研究科・専攻の授業科目を15単位まで単位修得することができる(同一名称の科目は1回のみ単位修得できる)。

修得した単位は修了要件の単位に充当する。

  1. 修士論文の作成にあたっては、指導教授の研究指導を受けなければならない。

※本専攻では、自身の研究を一層深めるために、研究指導の一環として、海外における調査・研究や学会への参加・発表を奨励している。

客員教授

大学院の教育研究の高度化・活性化・国際化を促進するため、学外研究機関等で活躍している研究者等に研究指導等をお願いしているので、指導を希望する場合は、所属の指導教員に申し出ること。

寺田 信幸学校法人 東洋大学

メディアを利用して行う授業

この制度では、海外留学や長期インターンシップ等へ参加する学生が、主指導教授及び研究会委員により教育研究上必要と認められた場合、一部の科目を海外等からメディアを利用して受講できる。交換留学等を検討している学生は、詳細を教学課へ問い合わせること。

■ 博士後期課程

修了に必要な単位等

主指導教授の「生体医工学特殊研究」は、原則としてⅠ~Ⅵを修得すること。

履修方法

  1. 原則として生体医工学特殊研究Ⅰ~Ⅵは、各学期に1科目ずつ順を追って履修登録しなければならない。

  2. 生体医工学研究指導を担当する教員の「研究指導」を各セメスタで履修登録しなければならない。

  3. 授業科目は指導教授の指示により履修することができる。指導教授が研究指導上必要と認めた場合は、他の専攻もしくは他の研究科の授業科目を履修することができる。

  4. 博士論文の作成にあたっては、指導教授の研究指導を受けなければならない。

※本専攻では、自身の研究を一層深めるために、研究指導の一環として、海外における調査・研究や学会への参加・発表を奨励してい

客員教授

大学院の教育研究の高度化・活性化・国際化を促進するため、学外研究機関等で活躍している研究者等に研究指導等をお願いしているので、指導を希望する場合には、所属の指導教員に申し出ること。

寺田 信幸 (学校法人 東洋大学)

メディアを利用して行う授業

この制度では、海外留学や長期インターンシップ等へ参加する学生が、主指導教授及び研究会委員により教育研究上必要と認められた場合、一部の科目を海外等からメディアを利用して受講できる。交換留学等を検討している学生は、詳細を教学課へ問い合わせること。

電気電子情報専攻

修了に必要な単位等

  1. 修了要件となる科目で理工学共通分野2単位及び基礎分野2単位を含む30単位以上修得すること。

  2. 主指導教授の「特別研究」、「特別輪講」は、それぞれⅠ~Ⅳを原則として修得すること。

履修方法

  1. 博士前期課程を修了するためには、理工学共通分野と基礎分野の両分野から、それぞれ必ず2単位以上修得しなければならない。

  2. 研究指導科目の履修は、エネルギー・制御分野またはエレクトロニクス分野または情報通信分野のいずれかの分野を選択し、原則として、特別研究Ⅰ~Ⅳおよび特別輪講Ⅰ~Ⅳは、各学期に1科目ずつ順を追って履修登録しなければならない。研究指導科目の履修分野は、修了まで変更することはできない。

長期履修生は延長したセメスタにおいて、研究指導科目を全て単位修得している時は特別研究Ⅳと特別輪講Ⅳをその都度履修登録すること。(特別研究Ⅳと特別輪講Ⅳで修了要件の単位に充当するのは、それぞれ2単位のみとする。)

  1. 授業科目の履修にあたっては、指導教授の指示を受けなければならない。

  2. 本表に掲げたものの他、主指導教授が教育研究上必要と認めるときは、本学の他研究科・専攻の授業科目を15単位まで単位修得することができる(同一名称の科目は1回のみ単位修得できる)。

修得した単位は修了要件の単位に充当する。

  1. 修士論文の作成にあたっては、指導教授の研究指導を受けなければならない。

※本専攻では、自身の研究を一層深めるために、研究指導の一環として、海外における調査・研究や学会への参加・発表を奨励している。

メディアを利用して行う授業

この制度では、海外留学や長期インターンシップ等へ参加する学生が、主指導教授及び研究会委員により教育研究上必要と認められた場合、一部の科目を海外等からメディアを利用して受講できる。交換留学等を検討している学生は、詳細を教学課へ問い合わせること。

■ 博士後期課程

修了に必要な単位等

主指導教授の「電気電子情報特殊研究」は、原則としてⅠ~Ⅵを修得すること。

履修方法

  1. 原則として電気電子情報特殊研究Ⅰ~Ⅵは、各学期に1科目ずつ順を追って履修登録しなければならない。

  2. 電気電子情報研究指導を担当する教員の「研究指導」を各セメスタで履修登録しなければならない。

  3. 授業科目は指導教授の指示により履修することができる。指導教授が研究指導上必要と認めた場合は、他の専攻もしくは他の研究科の授業科目を履修することができる。

  4. 博士論文の作成にあたっては、指導教授の研究指導を受けなければならない。

※本専攻では、自身の研究を一層深めるために、研究指導の一環として、海外における調査・研究や学会への参加・発表を奨励してい

メディアを利用して行う授業

この制度では、海外留学や長期インターンシップ等へ参加する学生が、主指導教授及び研究会委員により教育研究上必要と認められた場合、一部の科目を海外等からメディアを利用して受講できる。交換留学等を検討している学生は、詳細を教学課へ問い合わせること。

応用化学専攻

修了に必要な単位等

  1. 修了要件となる科目で理工学共通分野2単位を含む30単位以上修得すること。

  2. 主指導教授の「特別研究」、「特別輪講」は、それぞれⅠ~Ⅳを原則として修得すること。

履修方法

  1. 博士前期課程を修了するためには、理工学共通分野から必ず2単位以上修得しなければならない。

  2. 研究指導科目の履修は、環境化学分野またはバイオ・健康化学分野または物質化学分野のいずれかの分野を選択し、原則として、特別研究Ⅰ~Ⅳおよび特別輪講Ⅰ~Ⅳは、各学期に1科目ずつ順を追って履修登録しなければならない。

研究指導科目の履修分野は、修了まで変更することはできない。

長期履修生は延長したセメスタにおいて、研究指導科目を全て単位修得している時は特別研究Ⅳと特別輪講Ⅳをその都度履修登録すること。(特別研究Ⅳと特別輪講Ⅳで修了要件の単位に充当するのは、それぞれ2単位のみとする。)

  1. 授業科目の履修にあたっては、指導教授の指示を受けなければならない。

  2. 本表に掲げたものの他、主指導教授が教育研究上必要と認めるときは、本学の他研究科・専攻の授業科目を15単位まで単位修得することができる(同一名称の科目は1回のみ単位修得できる)。

修得した単位は修了要件の単位に充当する。

  1. 修士論文の作成にあたっては、指導教授の研究指導を受けなければならない。

※本専攻では、自身の研究を一層深めるために、研究指導の一環として、海外における調査・研究や学会への参加・発表を奨励している。

客員教授

大学院の教育研究の高度化・活性化・国際化を促進するため、学外研究機関等で活躍している研究者等に研究指導等をお願いしているので、指導を希望する場合は、所属の指導教員に申し出ること。

安藤 寿浩(独立行政法人 物質・材料開発機構)

角野 立夫(元東洋大学生命科学部 教授)

メディアを利用して行う授業

この制度では、海外留学や長期インターンシップ等へ参加する学生が、主指導教授及び研究会委員により教育研究上必要と認められた場合、一部の科目を海外等からメディアを利用して受講できる。交換留学等を検討している学生は、詳細を教学課へ問い合わせること。

■ 博士後期課程

修了に必要な単位等

主指導教授の「応用化学特殊研究」は、原則としてⅠ~Ⅵを修得すること。

履修方法

  1. 原則として応用化学特殊研究Ⅰ~Ⅵは、各学期に1科目ずつ順を追って履修登録しなければならない。

  2. 応用化学研究指導を担当する教員の「研究指導」を各セメスタで履修登録しなければならない。

  3. 授業科目は指導教授の指示により履修することができる。指導教授が研究指導上必要と認めた場合は、他の専攻もしくは他の研究科の授業科目を履修することができる。

  4. 博士論文の作成にあたっては、指導教授の研究指導を受けなければならない。

※本専攻では、自身の研究を一層深めるために、研究指導の一環として、海外における調査・研究や学会への参加・発表を奨励してい

客員教授

大学院の教育研究の高度化・活性化・国際化を促進するため、学外研究機関等で活躍している研究者等に研究指導等をお願いしているので、指導を希望する場合は、所属の指導教員に申し出ること。

安藤 寿浩(独立行政法人 物質・材料開発機構)

メディアを利用して行う授業

この制度では、海外留学や長期インターンシップ等へ参加する学生が、主指導教授及び研究会委員により教育研究上必要と認められた場合、一部の科目を海外等からメディアを利用して受講できる。交換留学等を検討している学生は、詳細を教学課へ問い合わせること。

都市環境デザイン専攻

修了に必要な単位等

  1. 修了要件となる科目で30単位以上修得すること。

  2. 主指導教授の「特別研究」、「特別演習」は、それぞれⅠ~Ⅳを原則として修得すること。

履修方法

  1. 原則として、都市環境デザイン特別研究Ⅰ~Ⅳおよび都市環境デザインプロジェクト特別演習Ⅰ~Ⅳは、各学期に1科目ずつ順を追って履修登録しなければならない。

長期履修生は延長したセメスタにおいて、研究指導科目を全て単位修得している時は特別研究Ⅳと特別演習Ⅳをその都度履修登録すること。(特別研究Ⅳと特別演習Ⅳで修了要件の単位に充当するのは、それぞれ2単位のみとする。)

  1. 授業科目の履修にあたっては、指導教授の指示を受けなければならない。

  2. 本表に掲げたものの他、主指導教授が教育研究上必要と認めるときは、本学の他研究科・専攻の授業科目を15単位まで単位修得することができる(同一名称の科目は1回のみ単位修得できる)。

修得した単位は修了要件の単位に充当する。

  1. 修士論文の作成にあたっては、指導教授の研究指導を受けなければならない。

※本専攻では、自身の研究を一層深めるために、研究指導の一環として、海外における調査・研究や学会への参加・発表を奨励している。

メディアを利用して行う授業

この制度では、海外留学や長期インターンシップ等へ参加する学生が、主指導教授及び研究会委員により教育研究上必要と認められた場合、一部の科目を海外等からメディアを利用して受講できる。交換留学等を検討している学生は、詳細を教学課へ問い合わせること。

建築学専攻

修了に必要な単位等

  1. 修了要件となる科目で30単位以上修得すること。

  2. 主指導教授の「特別研究」、「特別演習」は、それぞれⅠ~Ⅳを原則として修得すること。

履修方法

  1. 原則として、建築学特別研究Ⅰ~Ⅳおよび建築学特別演習Ⅰ~Ⅳは、各学期に1科目ずつ順を追って履修登録しなければならない。

長期履修生は延長したセメスタにおいて、研究指導科目を全て単位修得している時は特別研究Ⅳと特別演習Ⅳをその都度履修登録すること。(特別研究Ⅳと特別演習Ⅳで修了要件の単位に充当するのは、それぞれ2単位のみとする。)

  1. 授業科目の履修にあたっては、指導教授の指示を受けなければならない。

  2. 本表に掲げたものの他、主指導教授が教育研究上必要と認めるときは、本学の他研究科・専攻の授業科目を15単位まで単位修得することができる(同一名称の科目は1回のみ単位修得できる)。

修得した単位は修了要件の単位に充当する。

  1. 修士論文執筆もしくは特定課題研究(修士設計)の作成にあたっては、指導教授の研究指導を受けなければならない。

修士論文もしくは特定課題研究(修士設計)の選択は、指導教員の指導を受け修了見込みセメスタ履修登録時に確定し、その後は変更できない。

※添付の教育課程表の◎の教員のみ修士論文もしくは特定課題研究(修士設計)を選択のこと。

  1. 一級建築士受験の学歴要件を満たす学生で、大学院において一級建築士実務経験認定(意匠系は1年または2年、構造系・設備系は1年)を希望する場合、主指導教授の指導のもと別表に示す「財団法人建築技術教育普及センター」より認定された、「インターンシップ(学内、あるいは学外)」「インターンシップ関連科目(演習)」「インターンシップ関連科目(講義)」の所定の単位数を履修する必要がある。別表については教学課に問い合わせること。

なお、「インターンシップⅠ~Ⅴ」のうち、博士前期課程の修了単位としてカウントすることができるのは4単位までである。

  1. インターンシップⅣ、インターンシップⅤは2年次以降受講科目である。

※本専攻では、自身の研究を一層深めるために、研究指導の一環として、海外における調査・研究や学会への参加・発表を奨励している。

特定課題研究(修士設計)について

本専攻では、修士学位論文または特定課題研究(修士設計)の提出を認めている。

『特定課題研究(修士設計)』とは、「特定の課題について、調査・研究した上での具体的案設計」をいう。

「特定課題研究(修士設計)」での提出を下記のとおり認める。

  1. 修士論文か特定課題研究(修士設計)かは、原則として3セメスタでの履修登録時までに決定、修了見込セメスタでの履修登録時に確定、その後は変更できない。

  2. 博士後期課程への進学希望者は修士論文を選択すること。

  3. 発表時には、A1図面10枚以上をパネル化して展示し、模型・透視図等を提出する。

  4. また、A3サイズ横使いとして、設計段階における調査報告書及び研究内容と設計図面の縮小版と透視図・模型写真等をファイリングして提出する。提出時期は、修士学位論文提出時期に準じる。

  5. なお、ポートフォリオとして使用できるように、クリアファイル等にまとめる。

授業計画(指導教員の指示に従うこと)

  1. 3セメスタの最初にポートフォリオおよび計画書を提出

  2. 研究課題の絞り込み、類似施設の研究、敷地調査を行う

  3. 中間発表で概要の説明

  4. 1次提出(配置図・平面図・断面図・立面図・矩計図・各種詳細図

  5. テクニカル指導(外部の専門家及び、学内教員の指導)

最終審査

  1. 最終審査は常勤の教員が行い、決定する

メディアを利用して行う授業

この制度では、海外留学や長期インターンシップ等へ参加する学生が、主指導教授及び研究会委員により教育研究上必要と認められた場合、一部の科目を海外等からメディアを利用して受講できる。交換留学等を検討している学生は、詳細を教学課へ問い合わせること。

建築・都市デザイン専攻

修了に必要な単位等

主指導教授の「建築・都市デザイン特殊研究」は、原則としてⅠ~Ⅵを修得すること。

履修方法

  1. 原則として建築・都市デザイン特殊研究Ⅰ~Ⅵは、各学期に1科目ずつ順を追って履修登録しなければならない。

  2. 建築・都市デザイン研究指導を担当する教員の「研究指導」を各セメスタで履修登録しなければならない。

  3. 授業科目は指導教授の指示により履修することができる。指導教授が研究指導上必要と認めた場合は、他の専攻もしくは他の研究科の授業科目を履修することができる。

  4. 博士論文の作成にあたっては、指導教授の研究指導を受けなければならない。

※本専攻では、自身の研究を一層深めるために、研究指導の一環として、海外における調査・研究や学会への参加・発表を推奨している。

メディアを利用して行う授業

この制度では、海外留学や長期インターンシップ等へ参加する学生が、主指導教授および研究会委員により教育研究上必要と認められた場合、一部の科目を海外等からメディアを利用して受講できる。交換留学等を検討している学生は、詳細を教学課へ問い合わせること。