ドローン操縦士 募集

今や日本においてもドローンの普及は進んでおり、趣味だけでなく産業にも多く利用されています。

日本屋根ドローン協会(Japan Roof Drone Association : JRDA)では、業界の高齢化に伴う事故を低減し、屋根点検の効率を高めるため、ドローンを用いた屋根点検を推進しています。しかし、点検を行うべき屋根に対し、ドローンの操縦士、技術者が圧倒的に足りていないのが現状です。

そこでJRDAでは、ドローンを用いた屋根点検士を募集しております。屋根や修繕に関する特別な知識は不要であり、撮影いただいた屋根画像をJRDAに送付していただくだけの簡単なお仕事です。

個人でお持ちのドローンを、日本の屋根産業の効率化に役立ててはみませんか?