Research

外国語教育の中でも特にライティングの指導と評価に興味を持っています。修士論文では制約に基づく文法理論を用いた英語学習者の誤りの自動検出について研究しました。

主な研究の関心は、下記のとおりです。

1. 日本人英語学習者の文法的誤りの自動検出

2. ライティングの評価

3. パフォーマンス能力の自動評価・測定

4. Writing MaetriX Corpus Project(キー入力ログを活用したライティング研究)

また現在早稲田大学大学総合研究センターでは、下記の業務に関わっています。

1. 統計モジュール展開プロジェクト(全学向け統計教育プログラムの開発)

2. 授業におけるマニュアル・ガイドライン開発(アクティブラーニングマニュアルの開発など)

3. 海外MOOC運営(グローバルMOOCのedXのコース運営・データ解析など)

4. UW-Wasedaジョイントプログラム(ワシントン大学との高等教育に関する国際共同研究)

5. 「反転授業」に関する実証的研究プロジェクト

© 2013-2018,Yutaka Ishii. All Rights Reserved.