30年・棚田の1年

棚田保存会は、一年を通し、農業体験をしていただくことで先人たちの知恵である棚田を
 保全して行く活動を行っています。
 主な年間の活動スケジュールは以下の通りです。

★企業の職員が・田の草取に参加
7月29日、(株)良品計画の職員20名・彼岸花の球根も植える
初めての田の草取に歓声      畦に彼岸花の球根を植える
★ 4月中は、棚田の菜の花が満開  撮影のスポットになります
★ 5月28日、田植えの準備作業ーーー畦づくり、堆肥、肥料撒き、耕耘。
代かき(しろかき)は田植え前に水田に水を入れて土塊を砕く作業のことです。
   水田の漏水を防ぎ、田植えを容易にするために行います。また、肥料と土をよく
   混合し、田一面を平にする。これは雑草や害虫等の駆除を助ける働きがあります。
★ 田植え 6月3日(土)AM9時~12時
代掻き後約1週間程度で田植えを行います。
   東京や神奈川他、また県内各地から、こどもづれの家族などが祭り気分で行いま
   す。      
   水路には、メダカ、どじょう、清水しかいないヤモリ、沢カニなどもおり、子供たち  
    歓声をあげています。
   田植えの後、畦に座り、おにぎりなど棚田ならではの野外昼食を楽しみます
(株)良品計画は、棚田オーナー制度を利用し専用の棚田で稲づくりをしています。

東京の新生銀行の職員有志約40名参加
    (株)良品計画が募集した、一般参加者約40名
    お気軽にご参加下さい。(事前に連絡を下さい) 
棚田
7~9月
  田の中の雑草取りと畦草取りの作業
    田の中に雑草が繁茂しますと、稲の生育を妨げますので、雑草と稲に似た稗  
     を抜き
    取ります、
    また、畦に繁茂する雑草を刈とり、田の水漏れがないよう管理をします。
    この時期には、田の中には、食べられる「田螺」や「どじょう」、「イナゴ」などが
    見られます。
10月初旬
稲刈り  
   畦一面に彼岸花が咲き、黄金色の稲と真っ赤な彼岸花の色との
   コントラストは、別世界の景観です。 

10月中旬
脱穀・精米
   その他、地域との交流イベントなどがあります。
   菜の花の種を播種

    また、詳しい日程などは棚田保存会事務所までお問い合わせください。
11月下旬より
「御領棚田米」を販売 
その他、地域との交流イベントなどがあります。

ą
御領棚田,
2013/10/11 0:09
Comments