ゆいデク選書                                                             ゆいデク叢書 



*******************************************************************************************************


ゆいデク叢書(相沢韶男著) 図書目録 


    『大内のくらし』一 (村の一年・村の憲法)           一〇〇〇円 (281頁270g)

    『大内のくらし』二 (里歩きと炭焼き・生業変遷)          整理中

    『大内のくらし』三 (通過儀礼と人の一生と信仰)          整理中

    『大内のすまい』  (建て方と住まい方、各家の図面集)       近刊

    『大内の道具たち』 (村を支えた民具と機械たち)          近刊

    『会津茅手』    (草屋根職人の出稼ぎ)             近刊

    『この宿場、残して!一』(村に入って・保存の経緯と備忘録)    一二〇〇円 (389頁330g)

    『この宿場、残して!二』(村にダムがやって来た)             近刊

    『この宿場、残して!三』(村は文化財)                  近刊

    『わらじぬぎ』   (山形屋聞き書き覚え)              整理中

    『おしめさげる村』 (私の宿場保存)                 近刊

    『村への提案』   (保存の意義と提案・草屋根から森へ)    一〇〇〇円 (319頁270g)

    『村の子どもたちへ』 (私の遺言書)                 近刊

    『瞬間の遺産一』  (草屋根の一年、行事の一年)        一〇〇〇円 (89頁160g)

    『瞬間の遺産二』  (大内の子供たち)               編集中

    『村の電脳事典』  (大内のCD百科事典)             作成中

    『先人たちの記録』    (大内古文書のデーターベース)         作成中

    『美者たらんとす』一九四三七〇年(壊さない建築家をめざして)   一〇〇〇円 (374頁307g)

    『美者たらんとす』 一九七〇七七年(壊さない建築家をめざして)  一〇〇〇円 (375750頁324g)

    『美者たらんとす』一九四三七七年(壊さない建築家をめざして)   二〇〇〇円 (750頁680g 合本)

    『私の民俗博物館』                         近刊

    『私の建築計画集』 (地域計画、建物再生計画)           編集中

    『私の学んだ人』  (職人聞き書き集)               筆耕中

    『西方見聞録』                           編集中

   1ユーラシア大陸編                      受注出版

   2アメリカ大陸編                       受注出版

   3東欧・北アフリカ編                     受注出版

  『人類学からみたデザイン』                     近刊

 

「ゆいデク叢書」のほかに、日本生活学会より「今和次郎賞」をいただいた下記の本、

『宿場 大内 (茅葺きの家並み)』 下郷町大内宿伝統的建造物群保存地区 見直し調査報告書

『馬宿(旧大竹家)母屋解体直前民俗調査報告書』 田島町文化財調査報告書 第三集

 二册の抜き刷りを5000円にてお分けしています。

 その他「絵はがき」、宿場実測図などもあり、ご希望の方には、廉価にてお分けします。



---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


 著者紹介

 相沢韶男(あいざわつぐお)

 昭和十八年生れ、茨城県水戸育ち。昭和四三年武蔵野美術大学建築学科卒。

 日本の古い町を訪ね歩くうちに、大内に出会う。宮本常一(民俗学)の教えを受け、壊さない建築家を模索しはじめる。

 悩んだあげく浪人生活十年。村に居候をしながら、村の人に宿場保存を訴える。

 他の村と比較のために旧街道を歩き、さらに海外を放浪し越えた国境は八十余り。

 その結果、大内という一つの村にこだわり続け、半世紀がまたたく間に過ぎる。

 数年前より破棄寸前の紙を利用して、ささやかな限定一部出版をしてきた。再生紙利用がはかどらぬ時勢を嘆いている。

 武蔵野美術大学を退職し、残された時間を、自著の出版に使うべく準備している。

 

*******************************************************************************************************



 ゆいデク選書 図書目録 


 『日本の古典芸能』 佐藤健一郎著 

           武蔵野美術大学 平成十四年度「演劇」講義録   二〇〇〇円(638頁543g)

 『アイヌの民具実測図集一』

   (漁労/飼育/農耕/脱穀/煮焼蒸/調理食/容器)           一五〇〇円(288頁249g)   

 『アイヌの民具実測図集二』

   (運搬/住/燈火/着/容姿/紡織編/切截/加工/計測/信仰/施設 他)  一五〇〇円(289〜598頁263g)

      平取町立二風谷アイヌ文化博物館・萱野茂二風谷アイヌ資料館・武蔵野美術大学生活文化研究会

 『AINU TOOLS』(アイヌの民具・萱野茂著)英訳プロジェクト(代表小川聡子) 

                                                                                                          二〇〇〇円(382頁304g)

 『先人たちの大内記録一』長沼豊丸著(大内の歴史伝承、戊辰戦争、村のくらし) 

                                                                                                          一五〇〇円(394頁330g) 

     上記著作の関連図書『下郷町史資料集(第三集)』 抜刷り<長沼豊丸筆耕古文書が多数あります>


ゆいデク叢書/選書をご希望の方は、yuideku@gmail.com へ御連絡を願います。


*******************************************************************************************************

ゆいデク叢書発刊に寄せて

 戦争の二十世紀が終ろうとしている。これから迎える二十一世紀はいかなる時代になるのだろう。

 環境や人権の問題は、今世紀の延長として問われ続けるだろう。さらに宇宙探検と生命平等が加わる時代になるのではあるまいか。既成の価値観が崩れ、混沌とした中で、人類は破局の道を確実に歩んでいる。どうしたら思い止まることができるだろう。もしかすると、卑近な過去の生活の中に解決の糸口があるのかもしれない。次の世代にその中の何を渡せばよいのか、二十世紀を生きてきた者として責任を感じる。

 ゆいデクの「ゆい」は、村落共同の根幹をなす相互扶助、労働交換の「結(ゆい)」である。共に生ることは、人類にとっての永遠の課題ではなかろうか、村が継承してきた生活のしくみに一つの真理をみる。「デク」は、宮沢賢治の雨ニモマケズのデクノボウから拝借した。ホメラレモセズ、クニモサレズ、そういうものを目指した先達に、宇宙での生命平等の世界観を感じる。

 小さな村の人間の命は、周囲の自然に生かされてきた。その延長に、人類が地球に生かされていることがある。地球が再生する量を人間の消費が越えないように生きる、それが次世紀の生き方と考える。しかも人も動物も植物もその命は、地球という星では平等である。木の恵みが紙となり、文字の載った本が人の心をうるおし、山の神を喜ばして森を栄えさせたい。栃も熊も蛍も人も、共に生きる村ができぬものだろうか。

 村里を歩くと人の情けを受ける。情を受けたまま次の世紀にはうつれない。情報は、情に報いると書く。それならば調べた者が、情報を源泉に直接返すことができぬものだろうか。やがて子どもたちが、自らを知りたがる時代が来る。未来を生きる子たちが、いつの日にか役立ててくれたら、それにまさる幸せはない。

 しかし口頭伝承の世界へ、文字の媒体が最適かどうかの疑問はつきまとう。そこで江戸時代の草双紙を手本に、挿し絵や写真の助けを借りた。過去を引きずりながら進歩とは何かを問い続けたい。


                                         平成十年一月



*******************************************************************************************************


諸国売捌所


ゆいでく有限会社 (社主・相沢韶男)

〒144-0055 東京都大田区仲六郷三の四の一   [電話] 〇三・三七三六・四八三〇


郵便振替口座 00150-4-19141  (加入者 ゆいでく)

ご注文の方法は、当社へのメールまたは、郵便払込取扱票をご利用願います。

代金を振り込まれる時、御希望の書名と册数を、払込取扱票の「通信欄」に記入してください。



メールアドレスは、yuideku@gmail.com です。


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


福島県南会津郡下郷町大内の宿場でも、下記の売捌所で入手できます。


     福島県南会津郡下郷町大字大内字山本43 (〒969-5207)

      山形屋・浅沼弘子    0241(68)2932 手打ち蕎麦・旅籠・物産

       福島県南会津郡下郷町大字大内字山本16 (〒969-5207)

      こめや・吉村徳男    0241(68)2926 手打ち蕎麦

     福島県南会津郡下郷町大字大内字山本40 (〒969-5207)

      分家恵比寿屋・佐藤義一 0241(68)2950 物産・穀物(季節野菜)

     福島県南会津郡下郷町大字大内字山本48 (〒969-5207)

      叶屋・阿部公・公一   0241(68)2954 物産・季節野菜

     福島県南会津郡下郷町大字大内字山本8  (〒969-5207)

      大内宿町並み展示館   0241(68)2657 問屋本陣跡・民具展示

 

ただいま売捌所を募集しています。ご希望の方は、ご一報ください。

助かります。


*******************************************************************************************************





実測


    武蔵野美術大学・建築学科

    武蔵野美術大学・生活文化研究会


叢書/選書 制作協力者


    熊沢祥吉 岩村佐保子 中川大地

    高崎葉子 竹中司 白石学

    岩井友子 樋口潤一 放牧社

    

    生田目江里子 喜多彰子

    英訳プロジェクト(代表・小川聡子)



研究助成


   トヨタ財団研究助成(1979年度) 南会津・大内村の生活研究 
  トヨタ財団研究助成(1998年度) 「村の百科事典」 -南会津・大内の生活記録のCD-ROM電子報告 


    エッソ学際研究助成(1977年度) 「民衆生活と植物生態との相互関連研究」


    武蔵野美術大学出版助成(2014年度) 「美者たらんとす」



叢書/選書 印刷所 


   社会福祉法人・あかつきコロニー印刷


    ㈱博文社



蜘蛛巣制作


    岩下泰三

    斉藤朋久





以下「ゆいでく㈲ 公式ウェブサイト」に関係なし。