[etc]USBキーボード分解メモ

USBキーボードは、エレコムの「TK-FCP026シリーズ」。
これを分解させて頂きました。

中身を取り出すと、こんな感じです。
基板とキーボードがフレキシブルケーブルで繋がってますので、
フレキシブルケーブルを外します。力任せに引っ張るだけです。
フレキシブルケーブルは2本ありますが、どっちか片方がキーマトリックスの縦軸、もう片方が横軸です。

縦軸と横軸のピンをショートすると、キーが押されます。
たとえば、写真の赤線ように接続すると、「スペースキー」が押されます。
ちゃんと解析すると、全部のキーの組み合わせが分かるはずです。

これを応用すれば、iPad用ジョイスティック(中身はUSBキーボードだけど)も作れるかもしれません。



Comments