[AVR]JUMBO LED Ver.1

概要

  • 巨大なドットマトリックスLEDを使ったプラットフォームです。
  • プロセッサはAVR。メイン用+サブ用=計3個使用。動作電圧は約3.3Vです。
  • 表示部は単色(赤色)LED 32x16dot LEDは5Vで点灯します。
  • ATARI仕様ジョイスティックを2つまで接続できます。
  • メモリカードからファームウェアを読み込んで起動できます。
  • 動作無保証/サポートなし(non supported)。
  • 非売品です。回路図等は無償で公開しています。
  • 製作: 松原 拓也。

写真


動作イメージ

▲YOKOSHOT.bin(横スクロールシューティング)

▲PACPAC.bin

 
▲DEMO.bin(動作demo)

▲TENNIS.bin(二人プレイ用テニスゲーム)

swatch.bin(ストップウォッチ)

cntdown.bin(カウントダウンタイマ)

▲tetris.bin(落ちモノ)

▲spfight.bin(space fight)

▲spfight2.bin(space fight ver.2)

▲missile.bin(ミサイルコマンドもどき)


ブロック図
 ▲UARTを使って、ビットマップデータを一方通行に伝えます。通信速度は38400bps。1画面あたり64バイト。信号を変換してパソコンのシリアルポートから表示データを取り込むこともできます(capture.hspを実行します)。

部品リスト(ほぼすべて秋月で売ってます)

  • U1 : ATMEL ATTINY2313-20PU
  • U1 : 20pin ICソケット
  • U2/U3/U4/U5 : 74HC595 DIP(鈴商で売ってます)
  • U6/U7 : トランジスタアレイ(8chダーリントン シンクドライバ)TOSHIBA TD62083APG
  • U8/U9 : トランジスタアレイ(8ch高耐圧 ソースドライバ)TOSHIBA TD62783APG
  • U10 : ATMEL ATMEGA328P-PU
  • U10 : 28pin ICソケット
  • U11/U12 : 74HC165 DIP(鈴商で売ってます)
  • U13 : 7805相当 OUTPUT 5V/低損失三端子レギュレーター[5V500mA]TA48M05F
  • X1 : セラミック発振子(セラロック)コンデンサ内蔵タイプ 8MHz
  • X2 : セラミック発振子(セラロック)コンデンサ内蔵タイプ 20MHz
  • LED1-LED256 : LED赤色[5mm][30度]OSR5JA5E34B   (15度だと視野角が狭すぎるのでNG)
  • CN1/5 : 3X2 PIN HEADER 2.54mm
  • CN2/CN3 : 3X1 PIN HEADER  2.54mm
  • CN4 : DC JACK 2.1mm
  • CN6 : SDカード・スロット
  • CN7/CN8 : Dサブ コネクタ 9P・オス(基板取付用Lタイプ)
  • RA1 : 集合抵抗4+1=5PIN 51K ohm
  • RA2/RA3 : 集合抵抗8+1=9PIN 5.1K ohm
  • D1/D2/D3 : DIODE
  • SW1 : タクトスイッチ
  • SW2 : スライドスイッチ/小型スライドスイッチ 1回路2接点 SS12D01G4
  • C1/C6/C8 : 電解コンデンサー100μF 25V
  • C2/C3/C4/C5/C7/C9/C10/C11/C12 : 絶縁型ラジアルリードタイプ積層セラミックコンデンサー0.1μF 50V
  • R1-R16 : 抵抗 510 - 330 ohm
  • R17 : 1.5k ohm
  • R18 : 10k ohm
  • R19 : 10k ohm
  • PSW1 : ポリスイッチ/リセッタブル・ヒューズ 0.1A (LEDへの過電流防止用)
  • 超小型スイッチングACアダプター6V1.8A(入力100V~240V) 内径2.1mm GF12-US0618
  • TR1 / トランジスタ2SC1815Y[60V150mA]
  • 2.1mm標準DCプラグMP-121M
  • 単3x6本 電池ボックス
  • バッテリースナップ(電池スナップ・Bスナップ)プラスチック製
  • SDカード(2GB以下 FAT16)
  • コイルスピーカ
  • 糸はんだ
 
  • A4ファイルケース(キャンドゥで売ってる「NEO 1.0 A4 L SIZE」317x253x27mm)
  • プラスチックナット+連結(6角ジョイント)スペーサー(10mm)セット
  • 3mmプラスチックネジ(7mm)+ナットセット
 

組み立て方法

▲LEDを取り付ける向き。16x16x2 = 512個のLEDを手作業で取り付けます。

▲左右の基板の間を、3本の線で平行につなぐ。



マイコンのセットアップ
  1. 基板を2枚作ります。片方の1枚にはMAIN CPUを搭載しません。
  2. 左画面に相当する基板裏のジャンパJP1をショートさせます。
  3. 基板をつなぎます。5V、GND、RX端子を接続します。
  4. サブCPU2個にHEXファイルを書き込む。ヒューズビットを設定する。
  5. MAIN CPUにブートローダーを書き込む。ヒューズビットを設定する。
  6. いったん、電源を切って、binファイル(たとえばdemo.bin)を書き込んだSDカードをスロットに入れる。
  7. プレイヤー1側にジョイスティックをつなぎます。
  8. 電源を入れる。
ジョイスティックの作り方はこちら

DOWNLOAD


  • BIGLED2.COMP:プリント基板のCADデータです。「CADLUS X」で展開できるファイルです。
  • firm_maincpu.zip : MAIN CPU側のブートローダです。ゆきさん作の「MMCboot(LEDGAME用)」を改造して使っています。FAT16の容量2GB以下のみに対応。
  • firm_subcpu.zip : SUB CPU側のファームウェアです。
  • *.bin : MAIN CPU側のバイナリです。ブートローダで起動します。

ċ
BIGLED2.COMP
(48k)
Matsubara Takuya,
2012/09/03 7:48
Ċ
Matsubara Takuya,
2012/10/11 5:39
ċ
animetool.zip
(248k)
Matsubara Takuya,
2012/10/09 21:14
ċ
capture.zip
(4k)
Matsubara Takuya,
2014/03/01 14:20
ċ
cntdown.bin
(4k)
Matsubara Takuya,
2013/05/19 9:51
ċ
demo.bin
(7k)
Matsubara Takuya,
2012/10/12 7:00
ċ
demo2.bin
(8k)
Matsubara Takuya,
2013/03/11 7:40
ċ
demo_source.zip
(46k)
Matsubara Takuya,
2012/12/09 19:48
ċ
firm_maincpu(bootloader).zip
(45k)
Matsubara Takuya,
2012/10/12 6:51
ċ
firm_subcpu.zip
(9k)
Matsubara Takuya,
2012/10/11 5:23
ċ
missile.bin
(5k)
Matsubara Takuya,
2014/03/01 14:10
ċ
spfight.bin
(4k)
Matsubara Takuya,
2014/02/28 8:45
ċ
spfight2.bin
(5k)
Matsubara Takuya,
2014/03/01 5:11
ċ
swatch.bin
(4k)
Matsubara Takuya,
2013/05/22 14:38
ċ
tennis.bin
(4k)
Matsubara Takuya,
2013/05/19 9:52
ċ
tetris.bin
(4k)
Matsubara Takuya,
2013/06/13 8:29
ċ
yokoshot.bin
(5k)
Matsubara Takuya,
2012/10/09 18:02
Comments