第4回真空・表面科学若手研究会

会場 : 筑波大学 総合研究B棟 1階110号室
日程 : 2013年11月29日()~30日()
参加登録費 : 無料 (弁当代,懇親会費は除く)

主催 : 真空・表面科学若手研究実行委員会
共催 : 日本真空学会
協賛 : 日本表面科学会

リーフレット・会場アクセスこちら (PDFファイル)

参加者 : 41名(阪大・神奈川工大・京大・千葉大・筑波大・東大・東工大・東京理科大・北大・理研・リバプール大・JST・KEK・NIMS)


プログラム    (敬称略,20分講演+40分質疑応答特別講演は45分講演+45分質疑応答)

 11月29日()

10:20~10:30
        
開会式オープニングリマーク>

           中村潤児 (筑波大学)

10:30~11:30
           横田泰之 (大阪大学)  要旨 講義資料
「電気二重層の理解と制御に向けた原子・分子レベルの固液界面研究」

11:50~12:50
           江澤雅彦 (東京大学)  要旨 講義資料 参考資料

「表面科学としてのシリセンの面白さ:実験・理論の現状と今後の展望」

12:50~14:00
        <昼食>

14:00~15:30
        <特別講演>
           中山隆史 (千葉大学)  要旨

「ヘテロ界面の構造と電子状態の物理 ―界面形成・光学応答と電子準位整列を例にして―」

15:50~16:50
           江波進一 (京都大学)  
要旨 講義資料

「水の界面におけるイオンの特殊な挙動~バイオロジーからグリーンケミストリーまで~」  

16:50~18:30
       
<ポスターセッション>

18:30~
        <懇親会>

 11月30日(土)

10:30~11:30
           内橋隆 (物質・材料研究機構(NIMS))  要旨
「表面超構造における超伝導の発見と今後の展望」

11:50~12:50
           神谷克政 (神奈川工科大学)  要旨

「第一原理計算によるReRAMのスイッチングメカニズムの解明」

12:50~14:00
        <昼食>

14:00~15:00
           宮町俊生 (東京大学)  要旨
スピンクロスオーバー錯体を用いた多機能単分子メモリーの開発」

15:00~
        閉会式>

運営委員: (北大) 國貞雄治、 (東大) 武安光太郎、平岡諒一、 太田奈緒香、中澤武夫、 (理研) 南谷英美、 井上賢一、 (東工大) 竹本整司          (筑波大) 栗田圭輔、 矢野雅大、 原山勲、 (京大) 杉本敏樹、 北口 雄也、 塩足亮隼、 (カールスルーエ工大) 一色弘成
Comments