ホーム/About us

公益財団法人 教育振興協会
吉田学生センター

京都で学び暮らし、国際社会で活躍する人になる!

沿革

吉田学生センターは、全国から京都に集まってくる大学生が充実した大学生活を送ることができるよう、1963年に設立された学生寮です。現在、公益財団法人 教育振興協会は女子学生を対象とした学生会館 下鴨アカデミーと男子学生を対象とした吉田学生センターを運営しています。


吉田学生センターについて
 吉田学生センターは様々な課外活動を通じて、大学だけで得られない人間形成を提供し、それに適した環境を整えている学生寮です。彼らが家庭的な環境で暮らしながら、各種活動に参加することにより、有意義かつ楽しい学生生活を過ごせることが私たちの目標です。その目標に達するために、当センターは学生一人ひとりを《学問的な面》、そして《人間的な面》でサポートしています:

①学問的な面でのサポート
 学生たちが自分の教養・学問的能力を培う努力をすることによって、より高い目標を常に目指す習慣を身につけます。また、大学という短い期間こそ、学生たちが自分の視野を広げ、自分の専門分野を超えた知識を得たり、あるいは外国語や異文化を通して未知の世界に出会う機会となるでしょう。そのため、以下の活動を実施しています:

英語プレゼンテーション技術のワークショップ
京都国際フォーラム
(ゲストによる講演会)
勉強合宿
吉田カフェ(現代社会の様々な問題についての気楽な談話)
スペイン語クラブ
  など

②人間的な面でのサポート

 学生たちが大学で身につけるべきことは学問的知識にとどまらず、バランスの取れた生活を送り、人間的な面でも自分自身を成長させることです。彼らがムラのない感情や人格を磨き、社会改善のために率先して献身的に協力できるような人材の育成を目指します。また、違った価値観をもつ人たちと交流することによって、互いに理解し合うことができるでしょう。そのため、以下の活動を行っています:

個人指導
人格教育プログラム
社会奉仕活動や海外ボランティアワークキャンプ
各種勉強会
  など

寮長

 吉田学生センターの現責任者は仲里仁宏です。
 また、同じ精神をもった国内外の学生寮と合同活動や交流イベントをしています。

About us

Yoshida Student Center (YSC) is an international student residence established in Kyoto in 1963 as a place of encounter for students from around the world. The Center strives to develop character strengths for international leadership in young men aspiring to excellence in their future careers. Friendship among students of different countries facilitates a wider perspective on life, deeper understanding of other cultures, and a maturing personality. A spirit of service to others, particularly the elderly and the less fortunate, is encouraged. Students find an atmosphere of freedom and friendship and chances for sports, outings and volunteering. Activities are open to non-residents as well.

The Center is an undertaking of The Foundation for the Advancement of Education, which also sponsors Shimogamo Academy, a student residence in Kyoto for women.

 Activities

 Guidance in academic life

YSC helps students take full advantage of their university years. Personal endeavor in study develops self-confidence and daring for planning a professional future and formulating ideals of working for a better world. And the short years of university life are a time to widen horizons and perhaps think more internationally. The Residence offers chances for volunteering abroad and activities towards proficiency in foreign languages. The following, for example, are some of the programs:

- Training in English presentation skills: weekly classes with practical exercises in public speaking, pronunciation and effective slides.

- The Kyoto International Forum: get-togethers bringing Japanese and International students together for presentations and discussions.

- Study workshops: intensive study sessions.

- Yoshida Café: informal discussions on current issues and cultural topics.

- Spanish language club: weekly practice to develop speaking skills.



 Personal development

A rich university life reaches beyond academic and professional studies to include character improvement, a growing knowledge of ethical principles, and emotional maturity. To help students in these areas, activities such as the following are offered:

- Personal mentoring

- Workshops on character building

- Seminars on human virtues

- Social service in Japan and volunteer workcamps abroad

- Study groups


Director

The Director of Yoshida Student Center is Yoshihiro Nakazato.