日本珍菌賞

日本珍菌賞の設立

 珍奇な生物は純粋な驚きを我々に与えてくれます.類まれな多様性を誇る菌類にも珍奇な形態・生態を持つ種類がたくさんありますが,残念ながらそのほとんどが日の目を見ることはありません.これらの隠れた珍菌たちを発掘し,この感動をより多くの人々と共有することで,菌学の普及に繋げたい.このような動機から,珍奇な菌類,「珍菌」の日本一を決し,これを表彰する「日本珍菌賞」を設立することとしました(日本菌学会の公認ではなく菌学若手の会の間借り企画です).

日本珍菌賞条文

  1. 菌学若手の会に,日本珍菌賞を設ける.本賞は,わくわくするような珍奇な生態や形態をもつ菌類の研究,またその珍奇な菌類を発見する能力を賞賛するものである.
  2. 本賞は,過去の学術論文または学会発表をもとに,その菌の発見者あるいは発表代表者に授与するものとする.
  3. 本賞の選考はSNSなどのオープンな場でおこなう.年に一回,推薦された真菌・偽菌類の中から最も感銘を与えた珍奇な菌の研究者を一件,授賞対象として選考する.
  4. 本賞は,複数回の受賞を妨げない.ただし,3回受賞した者は以降,殿堂入りとする.

選考方法

 過去に論文や学会で発表された真菌・偽菌類の中で,珍奇な「形態」,「生態」,「宿主」や「発見の経緯」等を有する珍菌候補をSNS(Twitter)で募り,その珍奇性に対する反応を調査します.最終的には,菌学若手の会が選考委員となり,候補菌の話題性やインパクトに基づき,珍菌日本一を決します.

 年一回の選考期間中(およそ一ヶ月.時期はTwitter等でアナウンス)に,Twitterでハッシュタグ#珍菌 を付けてツイートします.投稿(エントリー)はTwitterアカウントをもつユーザー全てが可能であり,プロ,アマチュアは一切問いませんが,賞の選考対象となる菌は過去に学術論文や学会で発表されたものに限られます(未記載の菌や,正常な形と比較しての奇形などは対象外です).

 選考期間終了後,選考委員会は速やかにエントリー期間中に投稿のあった珍菌ツイートの数を集計します.カウントされるのはエントリー期間中に投稿されたツイートに限られます(選考期間以前に投稿され,期間中にリツイートされたものは対象外です).

 選考における"珍奇性に対する反応" は,珍菌ツイートに対する以下の数字に基づいて評価されます.
        RT (retweet) 数:自分のフォロワーに対して情報拡散された回数
        Fav (favorite) 数:お気に入りされた回数

公式ロゴ

Japane Prize for Intriguing Fungi

Copyright © 菌学若手の会 2006-2015. All Rights Reserved.

    • 「珍」の文字の中に「チン」があることで「珍菌中の珍菌を決める賞」であることを表現したデザイン
    • 日本の伝統色から菌類やきのこと縁のある緋色(ひいろ;ヒイロタケの由来の色)をメインロゴカラーに採用
    • この他のカラーバリエーションとして麹塵色(きくじんいろ;コウジカビ色)と緑青色(ろくしょういろ;ロクショウグサレキン色)も選択可
 ロゴデザイン: とよ田キノ子(http://toyocity.net/

過去の選考情報

「第四回日本珍菌賞」の候補募集!
 みなさま、長らくお待たせしました!今年も珍菌賞を開催します!選考期間は8月16日~9月13日の一ヶ月間とします.過去に論文や学会で発表された真菌・偽菌類の中で,珍奇な「形態」,「生態」,「宿主」や「発見の経緯」等を有するものが選考対象になります.プロ・アマ問いません.選考期間中にハッシュタグ「#珍菌」 を付けてどんどんツイートしてください(一部で使用が見受けられます「#珍菌4」のハッシュタグはエントリー漏れする恐れがありますので,使用する場合は#珍菌のタグも併記してください).
*第四回日本珍菌賞の選考は終了しました.
報告→第四回日本珍菌賞



「第三回日本珍菌賞」の候補募集!
 みなさま,お待たせしました!珍菌賞の季節がやってきました.第三回日本珍菌賞の選考期間は4月10日〜5月8日の一ヶ月間とします.みなさまの“推しキン”情報を #珍菌 と共にツイートしてください.過去に日本珍菌賞を授賞していない菌(Aenigmatomyces ampullisporusMattirolomyces terfezioides以外)であればエントリー可能です.選考後,最も反響のあった珍菌の研究者に対し,「第三回日本珍菌賞」を贈呈します.なお,本賞の授賞式は,日本菌学会第59回大会)の懇親会の場を借りて行う予定です.あなたの心にグッとくる#珍菌たちをツイートしてください.
*第三回日本珍菌賞の選考は終了しました. 



「第二回日本珍菌賞」の候補募集!
 今年も日本珍菌賞の季節がやってまいりました.「第二回日本珍菌賞」の選考期間は5月1日~5月31日の1ヶ月間とします.みなさまの珍菌情報をTwitter(ハッシュタグ#珍菌)やFacebookで流してください.お一人何点でもかまいません.また,過去に日本珍菌賞を受賞していない菌(Aenigmatomyces ampullisporus R. F. Castaneda & W. B. Kendr. 以外)であればエントリー可能です.選考後,晴れて日本一となった珍菌の研究者に対して「第二回日本珍菌賞」を贈呈します.なお,本賞の授賞式は,日本菌学会第58回大会(小松)の懇親会の場を借りて行う予定です.
皆様の"推しメン"ならぬ"推しキン"の情報をお待ちいたしております.
*第二回日本珍菌賞の選考は終了しました.



「第一回日本珍菌賞」の候補募集!
【日本珍菌賞の設立】

珍奇な生物は純粋な驚きを我々に与えてくれます.類まれな多様性を誇る菌類にも珍奇な形態・生態を持つ種類がたくさんありますが,残念ながらそのほとんどが日の目を見ることはありません.これらの隠れた珍菌たちを発掘し,この感動をより多くの人々と共有することで,菌学の普及に繋げたい.このような動機から,珍奇な菌類,「珍菌」の日本一を決し,これを表彰する「日本珍菌賞」を設立することにしました(日本菌学会の公認ではなく菌学若手の会の間借り企画です).

【選考方法】

過去に論文や学会で発表された真菌・偽菌類の中で,珍奇な「形態」,「生態」,「宿主」や「発見の経緯」等を有する珍菌候補をSNS(TwitterやFacebook)で募り,その珍奇性に対する反応を調査します.最終的には,菌学若手の会が選考委員となり,候補菌の話題性やインパクトに基づき,珍菌日本一を決します.

【珍菌候補の募集】

日夜菌類と戯れている皆様,「これぞ珍菌」という菌をご存知でしたら,その情報をTwitterやFacebookで流してください.お一人何点でもかまいません.むしろ大歓迎です.Twitterでつぶやかれるときはハッシュタグ(#珍菌)をご使用ください.晴れて日本一となった珍菌の発見者(発表者)には栄誉ある「第一回日本珍菌賞」を贈呈します.本賞の授賞式は,日本菌学会第57回大会(東京)の懇親会の場を借りて行う予定です.
皆様の"推しメン"ならぬ"推し菌"の情報をお待ちいたしております.

*第一回日本珍菌賞の選考は終了しました.

Comments