吉野健太郎の卑怯なTwitter

吉野健太郎は代々木のゼロゼロ物件業者・グリーンウッド新宿店の代表者・吉野敏和の息子である。「連邦」「裏ツール」「激ツール」、コンセプトエンジンでのパクリ商法(類似ソフトウェア販売)、感情失禁事件などで悪名高い。

グリーンウッドも宅建業法違反で悪名高い。貧困ビジネスとしてバッシングされたが、姑息にも株式会社アトラス(東京都知事(1)第93815号、中西真琴)と名前や代表者名を変え、宅建業の免許番号を新たに取得してゼロゼロ物件の営業を続けている。

吉野健太郎はTwitterアカウントyoshinokentarou上で2012年1月16日にtwippleから以下の卑怯な呟きをした。「たまに「俺だけにやれ!!」みたいな事を言われるけども、攻め方って人それぞれだと思うんですよね。相手が一番ダメージがる部分も「セット」でやるから『仕返し』とか『報復』だと思うんですよ」

吉野健太郎は仕返しや報復を正当化している。人格的な浅ましさがツイートに表れている。しかも、相手に直接関係ない勤務先や家族であっても、相手にダメージを与えられるという理由で仕返しや報復になるという卑怯者の論理が丸出しである。

吉野健太郎がツイートしたように人それぞれである。世の中には卑怯・卑劣な人間もいれば公正でフェアな人間も存在する。賃借人を搾取する貧困ビジネスのゼロゼロ物件業者もいれば、その不正を追及する市民運動家もいる。それこそグリーンウッド新宿店と住まいの貧困に取り組むネットワークのように。

「植物とおなじに、人間にもふた通りあるのだろうな。堕ちて腐ってゆくより仕方のない奴と、風雪に耐え抜いて、根を張り枝を張って育ってゆくのと」(船山馨『お登勢』講談社文庫、2001年、537頁)。吉野健太郎は「堕ちて腐ってゆくより仕方のない奴」の側である。吉野健太郎は自分の呟きで自分が卑怯な人間であることを自白した。yoshinokentarou is cunning!

卑怯とは大辞泉によれば「勇気がなく、物事に正面から取り組もうとしないこと。正々堂々としていないこと」である。大辞林によれば「正々堂々としていないこと。正面から事に立ち向かう潔さがないこと。また、そのさま。卑劣。」である。まさに吉野健太郎そのものである。

「目的のためなら手段を選ばず」という考え方も世の中にはあるが、これほど下品で馬鹿げたツイートは恥ずかしい。ユニークな発言で知られるNHKのtwitterアカウントもビックリするだろう吉野健太郎発言である。

Twitterアカウントyoshinokentarouはアカウント名が遅くとも2012年7月には吉野健太郎から「ハローマイメロディ(吉野)」に変更された。グリーンウッド新宿店がアトラスになったことと共通する卑怯さである。7月下旬には吉野健太郎に戻されている。
Comments