声明‎ > ‎

2018年9月4日の台風による被害報告

2018年9月8日

201894日の台風による被害報告

吉田寮自治会

 

 

1 はじめに


201894日、近畿・四国地方を北上した台風21号により、広い範囲で多くの甚大な被害が発生したと聞いています。被害に遭われた方には、心よりお見舞い申し上げます。また、そのような中、多くの方々に吉田寮の状況を気にかけていただきました。誠にありがとうございます。

 


2 被害状況


 今回の台風により、吉田寮においても建具の破損、樹木の倒壊およびそれによる屋根の損壊などの被害が発生しました。なお、寮生の人的被害は確認されませんでした。

 

                 *** 被害状況の詳細 ***

 

現棟

窓ガラスの破損 約10か所

土壁の剥落 2か所

外部出入り口扉の破損 2か所

屋根(瓦、軒先)の破損 5か所

安全のための自主的な停電:一部の部屋 

(5日中に安全確認をして電気を復旧させましたが、念のため一部の部屋は停電措置を取っています)

 


 食堂

なし

 

 

西寮

外部出入り口扉の破損 1か所

 

 

中庭・外部

根元からの倒木 3本

幹・枝折れ 多数

 

 

3 これからの対応


災害復旧作業

・建物被害の修理、電気系統の安全確認と復旧

・倒木の処理、折れて宙づりになっている枝の処理(※)

大学当局と連携しながら至急行っていく予定です。

 

更なる対策

・樹木剪定

・災害時の対策強化

復旧作業と並行しながら、行っていく予定です。

 

 

 

※ 吉田寮の樹木に関して

 吉田寮には長年をかけて成長した樹木が鬱蒼と生い茂り、独特の景観や豊かな生態系を作り出しています。一方、建築的な観点 からは、継続的な剪定・伐採の必要性が指摘されていました。寮自治会は2017年春に、剪定・伐採の職人さんの協力をいただいて一部樹木の試験的な剪定を行い、この秋にも剪定を進めることを予定していました。

 

 また、これまでも強風や大雪などの影響で、樹木の破損などが発生していました。その都度、寮生らで折れた枝や建物に接触している枝の剪定を行ったり、大学に撤去を要請するといった対応をとってきました。今回の台風の被害に関しても、既に一部の樹木は寮生らの手により撤去・処分が完了しています。