論文誌

  1. 槇原 絵里奈, 井垣 宏, 吉田 則裕, 藤原 賢二, 川島 尚己, 飯田 元: "ソフトウェア開発PBLにおけるビルドエラーの調査", 情報処理学会論文誌, Vol.58, No.4, pp.871-884, 2017年4月.  [pdf] 利用上の注意事項 
  2. 戸田 航史, 亀井 靖高, 吉田 則裕: "コードレビュー分析におけるデータクレンジングの影響調査", 情報処理学会論文誌, Vol.58, No.4, pp.845-854, 2017年4月. [pdf] 利用上の注意事項
  3. Xin Yang, Norihiro Yoshida, Raula Gaikovina Kula, Hajimu Iida: "Peer Review Social Network (PeRSoN) in Open Source Projects"IEICE Transactions on Information and SystemsVol.E99-D, No.3, pp.661-670, March 2016 [pdf] 利用上の注意事項
  4. 中山 直輝吉田 則裕藤原 賢二飯田 元高田 光隆高田 広章"コードクローンとの位置関係に基づく欠陥混入傾向の調査"情報処理学会論文誌, Vol.57, No.2, pp.681-693, 2016年2月. [pdf] 利用上の注意事項
  5. 槇原 絵里奈, 井垣 宏, 藤原 賢二, 吉田 則裕, 飯田 元: "初学者向けプログラミング演習のための探索的プログラミング支援環境Pocketsの提案"情報処理学会論文誌, Vol.57, No.1, pp.236-247, 2016年1月[pdf] 利用上の注意事項
  6. 藤原 賢二, 吉田 則裕, 飯田 元: "構文情報リポジトリを用いた細粒度リファクタリング検出手法", 情報処理学会論文誌, Vol.56, No.12, pp.2346-2357, 2015年12月.  [pdf] 利用上の注意事項
  7. 舘 伸幸, 山本 雅基, 吉田 則裕, 高嶋 博之, 海上 智昭, 安藤 友樹, 松原 豊, 本田 晋也, 高田 広章: "OJLによる実践的組込みシステム教育", コンピュータソフトウェア, Vol.32, No.2, pp.79-85, 2015年5月.  [pdf] 利用上の注意事項
  8. 崔 恩瀞, 藤原 賢二, 吉田 則裕, 林 晋平: "変更履歴解析に基づくリファクタリング検出技術の調査", コンピュータソフトウェア, Vol.32, No.1, pp.47-59, 2015年2月. [pdf] 利用上の注意事項
  9. 戸田 航史, 亀井 靖高, 濱崎 一樹, 吉田 則裕:  "Chromiumプロジェクトにおけるレビュー・パッチ開発経験がレビューに要する時間に与える影響の分析", コンピュータソフトウェア, Vol.32, No.1, pp.227-234, 2015年2月. [pdf] 利用上の注意事項
  10. 後藤 祥, 吉田 則裕, 藤原 賢二, 崔 恩瀞, 井上 克郎: "機械学習を用いたメソッド抽出リファクタリングの推薦手法"情報処理学会論文誌, Vol.56, No.2, pp.627-636, 2015年2月. [pdf] 利用上の注意事項
  11. Eunjong Choi, Norihiro Yoshida, Yoshiki Higo, Katsuro Inoue: "Proposing and Evaluating Clone Detection Approaches with Preprocessing Input Source Files", IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E98-D, No.2, pp.325-333, February 2015. [pdf] 利用上の注意事項
  12. 山中 裕樹, 崔 恩瀞, 吉田 則裕, 井上 克郎: "情報検索技術に基づく高速な関数クローン検出", 情報処理学会論文誌, Vol.55, No.10, pp.2245-2255, 2014年10月. [pdf] 利用上の注意事項
  13. 後藤 祥, 吉田 則裕, 藤原 賢二, 崔 恩瀞, 井上 克郎: "メソッド抽出リファクタリングが行われるメソッドの特徴調査", コンピュータソフトウェア, Vol.31, No.3, pp.318-324, 2014年8月. [pdf] 利用上の注意事項
  14. 山田 悠太, 吉田 則裕, 藤原 賢二, 飯田 元: "トピック抽出を用いたソフトウェア開発履歴の可視化ツール", コンピュータソフトウェア, Vol.31, No.2, pp.144-150, 2014年5月. [pdf] 利用上の注意事項
  15. Eunjong Choi, Norihiro Yoshida, Katsuro Inoue: "An Investigation into the Characteristics of Merged Code Clones during Software Evolution", IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E97-D, No.5, pp.1244-1253, May 2014. [pdf] 利用上の注意事項
  16. 井岡 正和, 吉田 則裕, 井上 克郎: "プログラム実行履歴を用いた類似クラス・メソッド検出手法", コンピュータソフトウェア, Vol.31, No.1, pp.110-115, 2014年2月. [pdf] 利用上の注意事項
  17. Pei Xia, Makoto Matsushita, Norihiro Yoshida, Katsuro Inoue: "Studying Reuse of Out-dated Third-party Code in Open Source Projects", コンピュータソフトウェア, Vol.30, No.4, pp.98-104, 2013年12月.[pdf] 利用上の注意事項
  18. Raula Gaikovina Kula, Kyohei Fushida, Norihiro Yoshida, Hajimu Iida: "Micro Process Analysis of Maintenance Effort: An OSS Case Study using Metrics based on Program Slicing", Journal of Software: Evolution and Process, Volume 25, Issue 9, pp.935-955, September 2013. [DOI]
  19. 後藤 祥, 吉田 則裕, 井岡 正和, 井上 克郎: "差分を含む類似メソッドの集約支援ツール", 情報処理学会論文誌, Vol.54, No.2, pp.922-932, 2013年2月.[pdf] 利用上の注意事項
  20. 山中 裕樹, 崔 恩瀞, 吉田 則裕, 井上 克郎, 佐野 建樹: "コードクローン変更管理システムの開発と実プロジェクトへの適用", 情報処理学会論文誌, Vol.54, No.2, pp.883-893, 2013年2月.[pdf] 利用上の注意事項
  21. Pei Xia, Yuki Manabe, Norihiro Yoshida, Katsuro Inoue: "Development of a Code Clone Search Tool for Open Source Repositories", コンピュータソフトウェア, Vol.29, No.3, pp.181-187, 2012年8月. [pdf] 利用上の注意事項
  22. Dotri Quoc, Kazuo Kobori, Norihiro Yoshida, Yoshiki Higo, Katsuro Inoue: "ModiChecker: Accessibility Excessiveness Analysis Tool for Java Program", コンピュータソフトウェア, Vol.29, No.3, pp.212-218, 2012年8月. [pdf] 利用上の注意事項
  23. Reishi Yokomori, Harvey Siy, Norihiro Yoshida, Masami Noro, Katsuro Inoue: "Evolution of Component Relationships between Framework and Application", Journal of Computers, Vol.23, No.2, pp.61-79, July 2012.
  24. 山本 哲男, 吉田 則裕, 肥後 芳樹: "ソースコードコーパスを利用したシームレスなソースコード再利用手法",情報処理学会論文誌,Vol.53, No.2, pp.644-652, 2012年2月.[pdf] 利用上の注意事項
  25. 肥後 芳樹, 吉田 則裕: "コードクローンを対象としたリファクタリング", コンピュータソフトウェア, Vol.28, No.4, pp.43-56, 2011年11月. [pdf] 利用上の注意事項
  26. 神谷 年洋, 肥後 芳樹, 吉田 則裕: "コードクローン検出技術の展開", コンピュータソフトウェア, Vol.28, No.3, pp.29-42, 2011年8月. [pdf] 利用上の注意事項
  27. 松村 知子, 森崎 修司, 勝又 敏次, 玉田 春昭, 吉田 則裕, 楠本 真二, 松本 健一: "問題の早期発見・改善を支援するインプロセスプロジェクト管理手法の実プロジェクトへの適用", 電子情報通信学会論文誌D, Vol.J92-D, No.11, pp.1974-1986, 2009年11月. [pdf] 利用上の注意事項
  28. 吉田 則裕, 服部 剛之, 早瀬 康裕, 井上 克郎: "類義語の特定に基づく類似コード検索法", 情報処理学会論文誌, Vol.50, No.5, pp.1506-1519, 2009年5月. [pdf] 利用上の注意事項
  29. 馬場 慎太郎, 吉田 則裕, 楠本 真二, 井上 克郎: "Fault-Proneモジュール予測へのコードクローン情報の適用", 電子情報通信学会論文誌D, Vol.J91-D, No.10, pp.2559-2561, 2008年10月. [pdf] 利用上の注意事項
  30. 森崎 修司, 吉田 則裕, 肥後 芳樹, 楠本 真二, 井上 克郎, 佐々木 健介, 村上 浩二, 松井 恭: "コードクローン検索による類似不具合検出の実証的評価", 電子情報通信学会論文誌D,Vol.J91-D, No.10, pp. 2466-2477, 2008月10月. [pdf] 利用上の注意事項
  31. 吉田 則裕, 肥後 芳樹, 神谷 年洋, 楠本 真二, 井上 克郎: "コードクローン間の依存関係に基づくリファクタリング支援", 情報処理学会論文誌, Vol.48, No.3, pp.1431-1442, 2007年3月. [pdf] 利用上の注意事項
  32. 肥後 芳樹, 吉田 則裕, 楠本 真二, 井上 克郎: "産学連携に基づいたコードクローン可視化手法の改良と実装", 情報処理学会論文誌, Vol.48, No.2, pp.811-822, 2007年2月. [pdf] 利用上の注意事項

国際会議

  1. Katsuhisa Maruyama, Shinpei Hayashi, Norihiro Yoshida, Eunjong Choi: "Frame-Based Behavior Preservation in Refactoring", Proceedings of the 24th IEEE International Conference on Software Analysis, Evolution, and Reengineering (SANER 2017), Poster Track, pp.573-574, Klagenfurt, Austria, February 2017. [pdf]
  2. Norihiro Yoshida: "When, why and for whom do practitioners detect technical debts?: An experience report", Joint Proceedings of the 4th International Workshop on Quantitative Approaches to Software Quality (QuASoQ 2016) and 1st International Workshop on Technical Debt Analytics (TDA 2016), CEUR Workshop Proceedings, Vol.1771, TDA, pp.64-67, Hamilton, New Zealand, December 2016. [pdf] [slideshare]
  3. Seiya Numata, Norihiro Yoshida, Eunjong Choi, Katsuro Inoue: "On the Effectiveness of Vector-based Approach for Supporting Simultaneous Editing of Software Clones"Proceedings of the 17th International Conference on Product-Focused Software Process Improvement (PROFES 2016), LNCS 10027, pp.560-567, Trondheim, Norway, November 2016. [DOI] [pptx]
  4. Shogo Tsutsumi, Eunjong Choi, Norihiro Yoshida, Katsuro Inoue: "Graph-Based Approach for Detecting Impure Refactoring from Version Commits", Proceedings of the 1st International Workshop on Software Refactoring (IWoR 2016), pp.13-16, Singapore, September 2016. [pdf]
  5. Norihiro Yoshida, Tsubasa Saika, Eunjong Choi, Ali Ouni, Katsuro Inoue: "Revisiting the Relationship Between Code Smells and Refactoring", Proceedings of the 24th IEEE International Conference on Program Comprehension (ICPC 2016), Short Paper, Austin, TX, USA, May 2016[pdf] [slideshare] [xlsx (dataset)] 
  6. Erina Makihara, Hiroshi Igaki, Norihiro Yoshida, Kenji Fujiwara, Hajimu Iida: "Detecting exploratory programming behaviors for introductory programming exercises", Proceedings of the 24th IEEE International Conference on Program Comprehension (ICPC 2016), Short Paper, Austin, TX, USA, May 2016[pdf]
  7. Xin Yang, Raula Gaikovina Kula, Norihiro Yoshida, Hajimu Iida: "Mining the Modern Code Review Repositories: A Dataset of People, Process and Product", Proceedings of the 13th International Conference on Mining Software Repositories (MSR 2016), Data Showcase Track, pp.460-463, Austin, TX, USA, May 2016. [pdf] [URL (dataset) ] [slideshare]
  8. Yuta Nakamura, Eunjong Choi, Norihiro Yoshida, Shusuke Haruna, Katsuro Inoue: "Towards Detection and Analysis of Interlanguage Clones for Multilingual Web Applications"Proceedings of the 10th International Workshop on Software Clones (IWSC 2016), pp.17-18, Osaka, Japan, March 2016. [pdf]
  9. Reishi Yokomori, Norihiro Yoshida, Masami Noro, Katsuro Inoue: "Extensions of Component Rank Model by Taking into Account for Clone Relations"Proceedings of the 10th International Workshop on Software Clones (IWSC 2016), pp.30-36, Osaka, Japan, March 2016. [pdf] 
  10. Tsubasa Saika, Eunjong Choi, Norihiro Yoshida, Shusuke Haruna, Katsuro Inoue: "Do Developers Focus on Severe Code Smells?" Proceedings of the 3rd International Workshop on Patterns Promotion and Anti-patterns Prevention (PPAP 2016), pp.1-3, Osaka, Japan, March 2016. [pdf] 
  11. Yusuke Saito, Kenji Fujiwara, Hiroshi Igaki, Norihiro Yoshida, Hajimu Iida: "How do GitHub Users Feel with Pull-Based Development?", Proceedings of 7th IEEE International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP 2016), pp.7-11, Osaka, Japan, March 2016. [pdf] 
  12. Patanamon Thongtanunam, Chakkrit Tantithamthavorn, Raula Gaikovina Kula, Norihiro Yoshida, Hajimu Iida, Kenichi Matsumoto: "Who Should Review My Code? A File Location-Based Code-Reviewer Recommendation Approach for Modern Code Review", Proceedings of the 22nd IEEE International Conference on Software Analysis, Evolution, and Reengineering (SANER 2015), pp.141-150, Montréal, QC, Canada, March 2015. [pdf] [slideshare]
  13. Eunjong Choi, Norihiro Yoshida, Raula Gaikovina Kula, Katsuro Inoue: "What do practitioners ask about code clone? A preliminary investigation of Stack Overflow"Proceedings of the 9th International Workshop on Software Clones (IWSC 2015), pp.49-50, Montréal, QC, Canada, March 2015. [pdf] [pptx]
  14. Tsubasa Saika, Eunjong Choi, Norihiro Yoshida, Akira Goto, Shusuke Haruna, Katsuro Inoue: "What Kinds of Refactorings are Co-occurred? An Analysis of Eclipse Usage Datasets", Proceedings of the 4th International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP 2014), pp.31-36, Osaka, Japan, November 2014. [pdf] [pptx]
  15. Manamu Sano, Eunjong Choi, Norihiro Yoshida, Yuki Yamanaka, Katsuro Inoue: "Supporting Clone Analysis with Tag Cloud Visualization", Proceedings of the International Workshop on Innovative Software Development Methodologies and Practices (InnoSWDev 2014), pp.94-99, Hong Kong, November 2014. [pdf] [pptx]
  16. Patanamon Thongtanunam, Xin Yang, Norihiro Yoshida, Raula Gaikovina Kula, Ana Erika Camargo Cruz, Kenji Fujiwara, Hajimu Iida: "ReDA: A Web-based Visualization Tool for Analyzing Modern Code Review Dataset", Proceedings of the 30th International Conference on Software Maintenance and Evolution (ICSME 2014), Tool Demo Track, pp.605-608, Victoria, BC, Canada, October 2014. [pdf] [slideshare] [URL (tool & video)]
  17. Patanamon Thongtanunam, Raula Gaikovina Kula, Ana Erika Camargo Cruz, Norihiro Yoshida, Hajimu Iida: "Improving Code Review Effectiveness Through Reviewer Recommendations", Proceedings of the 7th International Workshop on Cooperative and Human Aspects of Software Engineering (CHASE 2014), pp.119-122, Hyderabad, India, June 2014. [pdf (paper) ] [pdf (slides) ]
  18. Norihiro Yoshida, Eunjong Choi, Yuki Yamanaka, Katsuro Inoue: "How We Know the Practical Impact of Clone Analysis", Proceedings of the 8th International Workshop on Software Clones (IWSC 2014), Antwerp, Belgium, February 2014. [pdf (paper) ] [pdf (slides) ]
  19. Takuya Moriwaki, Yuki Yamanaka, Hiroshi Igaki, Norihiro Yoshida, Shinji Kusumoto, Katsuro Inoue: "Towards an Analysis of Who Creates Clone and Who Reuses it", Proceedings of the 8th International Workshop on Software Clones (IWSC 2014), Antwerp, Belgium, February 2014. [pdf] [pptx]
  20. Tetsuo Yamamoto, Norihiro Yoshida, Yoshiki Higo: "Seamless Code Reuse using Source Code Corpus", Proceedings of the 20th Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC 2013), Volume 2, International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice 2013 (IWESEP 2013), pp.31-36, Bangkok, Thailand, December 2013. [pdf] [slideshare]
  21. Norihiro Yoshida, Eunjong Choi, Katsuro Inoue: "Active Support for Clone Refactoring : A Perspective", Proceedings of the 6th Workshop on Refactoring Tools (WRT 2013), pp.13-16, Indianapolis, IN, USA, October 2013. [pdf (paper) ] [pdf (slides) ]
  22. Kenji Fujiwara, Kyohei Fushida, Norihiro Yoshida, Hajimu Iida: "Assessing refactoring instances and the maintainability benefits of them from version archives", Proceedings of the 14th International Conference on Product-Focused Software Development and Process Improvement (PROFES 2013), LNCS 7983, pp.313-323, Paphos, Cyprus, June 2013. [DOI]
  23. Kazuki Hamasaki, Raula Gaikovina Kula, Norihiro Yoshida, A. E. Camargo Cruz, Kenji Fujiwara, Hajimu Iida: "Who Does What During a Code Review? Datasets of OSS Peer Review Repositories", Proceedings of the 10th Working Conference on Mining Software Repositories (MSR 2013), Data Showcase Track, pp.49-52, San Francisco, CA, USA, May 2013. [pdf] [slideshare] [URL (dataset) ]
  24. Yuki Yamanaka, Eunjong Choi, Norihiro Yoshida, Katsuro Inoue, Tateki Sano: "Applying Clone Change Notification System into an Industrial Development Process", Proceedings of the 21st IEEE International Conference on Program Comprehension (ICPC 2013), Industry Track, pp.199-206, San Francisco, CA, USA, May 2013. [pdf] [pptx]
  25. Akira Goto, Norihiro Yoshida, Masakazu Ioka, Eunjong Choi, Katsuro Inoue: "How to Extract Differences from Similar Programs? A Cohesion Metric Approach", Proceedings of the 7th International Workshop on Software Clones (IWSC 2013), pp.23-29, San Francisco, CA, USA, May 2013. [pdf] [pptx]
  26. Akira Goto, Norihiro Yoshida, Masakazu Ioka, Eunjong Choi, Katsuro Inoue: "Method Differentiator Using Slice-based Cohesion Metrics", In AOSD 2013 Companion, Demos, pp.11-14, Fukuoka, Japan, March 2013. [pdf (paper) ] [pdf (slides) ]
  27. Norihiro Yoshida, Yoshiki Higo, Shinji Kusumoto, Katsuro Inoue: "An Experience Report on Analyzing Industrial Software Systems Using Code Clone Detection Techniques", Proceedings of the 19th Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC 2012), Volume 1, pp.310-313, Hong Kong, December 2012. [pdf (paper) ] [pdf (slides) ]
  28. Xin Yang, Raula Gaikovina Kula, Ana Camargo Cruz, Norihiro Yoshida, Kazuki Hamasaki, Kenji Fujiwara, Hajimu Iida: "Understanding OSS Peer Review Roles in Peer Review Social Network (PeRSoN)", Proceedings of the 19th Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC 2012), Volume 1, pp.709-712, Hong Kong, December 2012. [pdf]
  29. Raula Gaikovina Kula, Kyohei Fushida, Norihiro Yoshida, Hajimu Iida: "Experimental Study of Quantitative Analysis of Maintenance Effort using Program Slicing-based Metrics", Proceedings of the 19th Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC 2012), Volume 2, SQAM 2012, pp.50-57, Hong Kong, December 2012. [pdf]
  30. Raula Gaikovina Kula, Ana Erika Camargo Cruz, Norihiro Yoshida, Kazuki Hamasaki, Kenji Fujiwara, Xin Yang, Hajimu Iida: "Using Profiling Metrics to Categorise Peer Review Types in the Android Project", Supplemental Proceedings of the IEEE 23rd International Symposium on Software Reliability Engineering (ISSRE 2012), Student Paper, pp.146-151, Dallas, TX, USA, November 2012. [pdf]
  31. Kenji Fujiwara, Kyohei Fushida, Haruaki Tamada, Hiroshi Igaki, Norihiro Yoshida: "Why Novice Programmers Fall into a Pitfall?: Coding Pattern Analysis in Programming Exercise", Proceedings of the 4th International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP 2012), pp.46-51, Osaka, Japan, October 2012. [pdf]
  32. Yuki Yamanaka, Eunjong Choi, Norihiro Yoshida, Katsuro Inoue, Tateki Sano: "Industrial Application of Clone Change Management System", Proceedings of the 6th International Workshop on Software Clones (IWSC 2012), Industrial Experience Paper, pp.67-71, Zurich, Switzerland, June 2012. [pdf] [pptx]
  33. Katsuro Inoue, Yoshiki Higo, Norihiro Yoshida, Eunjong Choi, Shinji Kusumoto, Kyonghwan Kim, Wonjin Park, Eunha Lee: "Experience of Finding Inconsistently-Changed Bugs in Code Clones of Mobile Software", Proceedings of the 6th International Workshop on Software Clones (IWSC 2012), Tool Demonstration, pp.94-95, Zurich, Switzerland, June 2012. [pdf] [pptx]
  34. Eunjong Choi, Norihiro Yoshida, Katsuro Inoue: "What Kind of and How Clones are Refactored?: A Case Study of Three OSS Projects", Proceedings of the 5th Workshop on Refactoring Tools (WRT 2012), pp.1-7, Rapperswil, Switzerland, June 2012. [pdf] [pptx]
  35. Norihiro Yoshida, Masataka Kinoshita, Hajimu Iida: "A Cohesion Metric Approach to Dividing Source Code into Functional Segments to Improve Maintainability", Proceedings of the 16th European Conference on Software Maintenance and Reengineering (CSMR 2012), Early Research Achievements Track, pp.365-370, Szeged, Hungary, March 2012. [pdf]
  36. Shunsuke Yoshioka, Norihiro Yoshida, Kyohei Fushida, Hajimu Iida: "Scalable Detection of Semantic Clones Based on Two-stage Clustering", Supplemental Proceedings of the IEEE 22nd International Symposium on Software Reliability Engineering (ISSRE 2011), Fast Abstract, 2-5, pp.1-2, Hiroshima, Japan, December 2011. [pdf]
  37. Masakazu Ioka, Norihiro Yoshida, Tomoo Masai, Yoshiki Higo, Katsuro Inoue: "A Tool Support to Merge Similar Methods with a Cohesion Metric COB", Proceedings of the 3rd International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP 2011), pp.23-24, Nara, Japan, November 2011. [pdf] [pptx]
  38. Yu Kashima, Yasuhiro Hayase, Norihiro Yoshida, Yuki Manabe, Katsuro Inoue: "An Investigation into the Impact of Software Licenses on Copy-and-Paste Reuse among OSS Projects", Proceedings of the 18th Working Conference on Reverse Engineering (WCRE 2011), pp.28-32, Limerick, Ireland, October 2011. [pdf] [pptx]
  39. Masayuki Tokunaga, Norihiro Yoshida, Kazuki Yoshioka, Makoto Matsushita, Katsuro Inoue: "Towards Collection of Refactoring Patterns Based on Code Clone Classification", Proceedings of the 2nd Asian Conference on Pattern Languages of Programs (AsianPLoP 2011), Volume I, pp.86-91, Tokyo, Japan, October 2011. [pdf]
  40. Eunjong Choi, Norihiro Yoshida, Takashi Ishio, Katsuro Inoue, Tateki Sano: "Extracting Code Clones for Refactoring Using Combinations of Clone Metrics", Proceedings of the 5th International Workshop on Software Clones (IWSC 2011), pp.7-13, Waikiki, HI, USA, May 2011. [pdf] [ppt]
  41. Reishi Yokomori, Harvey Siy, Norihiro Yoshida, Masami Noro, Katsuro Inoue: "Measuring the Effects of Aspect-Oriented Refactoring on Component Relationships: Two Case Studies", Proceedings of the 10th International Conference on Aspect-Oriented Software Development (AOSD 2011), pp.215-226, Porto de Galinhas, Brazil, March 2011. [pdf] [pptx]
  42. Masaki Obana, Noriko Hanakawa, Norihiro Yoshida, Hajimu Iida: "Process Fragment Based Process Complexity with Workflow Management Tables", Proceedings of the International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice 2010 (IWESEP 2010), pp.7-12, Ikoma, Japan, December 2010. [pdf]
  43. Yu Kashima, Yasuhiro Hayase, Norihiro Yoshida, Yuki Manabe, Katsuro Inoue: "A Preliminary Study on Impact of Software Licenses on Copy-and-Paste Reuse", Proceedings of the International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice 2010 (IWESEP 2010), pp.47-52, Ikoma, Japan, December 2010. [pdf] [pptx]
  44. Raula Gaikovina Kula, Kyohei Fushida, Norihiro Yoshida, Hajimu Iida: "Using Program Slicing Metrics for the Analysis of Code Change Processes", Proceedings of the International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice 2010 (IWESEP 2010), pp.53-58, Ikoma, Japan, December 2010. [pdf]
  45. Norihiro Yoshida, Takeshi Hattori, Katsuro Inoue: "Finding Similar Defects Using Synonymous Identifier Retrieval", Proceedings of the 4th International Workshop on Software Clones (IWSC 2010), pp.49-56, Cape Town, South Africa, May 2010. [pdf] [pptx]
  46. Norihiro Yoshida, Masatomo Yoshida, Katsuro Inoue: "Towards an Assessment of the Quality of Refactoring Patterns", Proceedings of the 3rd International Workshop on Software Patterns and Quality (SPAQu'09), pp.14-15, Orlando, FL, USA, October 2009. [pdf] [pptx]
  47. Norihiro Yoshida, Takashi Ishio, Makoto Matsushita, Katsuro Inoue: "Retrieving Similar Code Fragments based on Identifier Similarity for Defect Detection", Proceedings of the International Workshop on Defects in Large Software Systems (DEFECTS 2008), Short Paper, pp.41-42, Seattle, WA, USA, July 2008. [pdf] [ppt]
  48. Norihiro Yoshida, Katsuro Inoue: "Towards an Investigation of Opportunities for Refactoring to Design Patterns", Proceedings of the 1st International Workshop on Software Patterns and Quality (SPAQu'07), Position Paper, pp.61-62, Nagoya, Japan, December 2007. [pdf] [ppt]
  49. Norihiro Yoshida, Yoshiki Higo, Toshihiro Kamiya, Shinji Kusumoto, Katsuro Inoue: "On Refactoring Support Based on Code Clone Dependency Relation", Proceedings of the 11th IEEE International Software Metrics Symposium (METRICS 2005), pp.16:1-16:10, Como, Italy, September 2005. [pdf] [ppt]

国内学会シンポジウム,ワークショップ,研究会,全国大会

  1. 田中 大樹, 崔 恩瀞, 吉田 則裕, 藤原 賢二, 飯田 元: "プロセスメトリクスを用いたメソッド抽出事例の調査と予測モデルの構築", 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.116, No.512, SS2016-73, pp.79-84, てんぶす那覇, 2017年3月. [pdf]
  2. 上村 恭平吉田 則裕崔 恩瀞飯田 元, 曲 生国秋庭 真一: "ソースコードの削減可能量計測ツールの開発", 日本ソフトウェア科学会 第23回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE 2016), pp.103-108, 琴参閣, 2016年12月. [pdf]
  3. 中村 勇太, 崔 恩瀞, 吉田 則裕, 春名 修介, 井上 克郎: "複数プログラミング言語で記述されたソフトウェアからのコードクローン検出", 情報処理学会研究報告, Vol.2016-SE-194, No.7, pp.1-8, 長良川国際会議場, 2016年11月[pdf] [pptx] 利用上の注意事項
  4. 舘 伸幸,吉田 則裕,山本 雅基,海上 智昭,松原 豊,本田 晋也,高田 広章"名古屋大学におけるenPiT事業のこれまでとこれから"情報処理学会研究報告, Vol.2016-EMB-043, No.2, pp.1-2, 九州大学, 2016年11月. 
  5. 田中 大樹, 吉田 則裕, 藤原 賢二, 崔 恩瀞, 飯田 元: "プロセスメトリクスを用いたメソッド抽出事例の特徴調査"ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2016論文集, pp.241-246, 東洋大学2016年9月. [pdf] 利用上の注意事項
  6. 山本 椋太吉田 則裕竹田 彰彦舘 伸幸高田 広章"組込みソフトウェアを対象とした状態遷移表抽出手法", 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.116. No.127, SS2016-3/KBSE2016-9, pp.13-18, 北海道立道民活動センター, 2016年7月. [pdf] 利用上の注意事項
  7. 沼田 聖也, 吉田則裕, 崔 恩瀞, 井上克郎: "欠陥の同時修正支援における関数クローン検出ツールの有効性調査"電子情報通信学会技術研究報告, Vol.116. No.127, SS2016-7, pp.77-82, 北海道立道民活動センター, 2016年7月.  [pdf] [pptx] 利用上の注意事項
  8. 石津 卓也, 吉田 則裕, 崔 恩瀞, 井上 克郎: "メタヒューリスティクスを用いた集約可能コードクローン量の推定"情報処理学会研究報告, Vol.2016-SE-193, No.4, pp.1-8, 北海道立道民活動センター, 2016年7月. [pdf] [pptx] 利用上の注意事項
  9. 堤 祥吾, 吉田 則裕, 崔 恩瀞, 井上 克郎: "探索的手法によるimpureリファクタリング検出", 情報処理学会研究報告, Vol.2016-SE-193, No.5, pp.1-8, 北海道立道民活動センター, 2016年7月. [pdf] [pptx] 利用上の注意事項
  10. 森崎 亮太, 吉田 則裕, 天嵜 聡介, 軽部 禎文, 高田 広章: "産学連携による組込みプログラミング教材の開発", 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.116. No.85, ET2016-14, pp.37-40, 名古屋工業大学, 2016年6月.
  11. 清水 隆也, 吉田 則裕, 高田 広章: "組込みプログラムへのパターン違反検出技術の適用", 情報処理学会研究報告, Vol.2016-SE-191, No.9, pp.1-4, 大阪大学, 2016年3月.
  12. 槇原 絵里奈, 井垣 宏, 吉田 則裕, 藤原 賢二, 飯田 元: "探索的プログラミング行動の自動検出によるモデル化の検討", 情報処理学会研究報告, Vol.2016-SE-191, No.16, pp.1-8, 大阪大学, 2016年3月. [pdf] 利用上の注意事項
  13. 雜賀 翼,崔 恩瀞, 吉田 則裕,春名 修介, 井上 克郎: "リファクタリングの実施履歴を用いたCode Smellの深刻度に関する調査", 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.115, No.508, SS2015-91, pp.91-96, 2016年3月. [pdf] [pptx] 
  14. 森光 勇太, 横川 智教, 近藤 真史, 宮崎 仁, 佐藤 洋一郎, 有本 和民, 吉田 則裕: "Verilog-HDLによる大規模ハードウェア設計の検証支援ツールの開発"電子情報通信学会技術研究報告, Vol.115, No.465, VLD2015-111, pp.1-6, 沖縄県青年会館, 2016年2月.
  15. 佐野 真夢, 吉田 則裕, 春名 修介, 井上 克郎: "情報検索技術に基づく関数クローン検出を用いた変更管理システムの開発", 情報処理学会研究報告, Vol.2015-SE-190, No.4, pp.1-8, JR博多シティ, 2015年12月. [pdf] [pptx] 利用上の注意事項
  16. 川島 尚己, 藤原 賢二, 井垣 宏, 吉田 則裕, 飯田 元: "ソフトウェア開発実習におけるビルドログを対象とした初学者の特徴的な振る舞いの調査", 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.115, No.248, SS2015-40/DC2015-30, pp.29-34, 東大寺総合文化センター, 2015年10月. [pdf] 
  17. 中山 直輝吉田 則裕藤原 賢二飯田 元高田 光隆高田 広章: "コードクローンとの位置関係に基づく欠陥混入傾向の調査"ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2015論文集, pp.28-37, 慶應義塾大学, 2015年9月. [pdf] 利用上の注意事項
  18. 雜賀 翼, 崔 恩瀞, 吉田 則裕, 春名 修介, 井上 克郎: "Code Smellの深刻度がリファクタリングに与える影響の調査"ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2015論文集, pp.176-181, 慶應義塾大学, 2015年9月. [pdf] [pptx] 利用上の注意事項
  19. 中村 勇太, 崔 恩瀞, 吉田 則裕, 春名 修介, 井上 克郎: "パターンマイニング技術を用いたC言語プログラムからのコーディングパターン抽出", 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.115, No.20, SS2015-9, pp.41-46, 熊本大学, 2015年5月. [pdf] [pptx]
  20. 齋藤 雄輔, 藤原 賢二, 井垣 宏, 吉田 則裕, 飯田 元: "Pull Request 駆動型の開発を支援するツールの検討", 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.114, No.416, SS2014-50, pp.103-108, ブランナールみささ, 2015年1月. [pdf]
  21. 槇原 絵里奈, 井垣 宏, 藤原 賢二, 上村 恭平, 吉田 則裕, 飯田 元: "初学者向けプログラミング演習における探索的プログラミングの実態調査と支援手法の提案", 日本ソフトウェア科学会 第21回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE 2014), pp.123-128, 霧島国際ホテル, 2014年12月. [pdf] 利用上の注意事項
  22. 中山 直輝, 吉田 則裕, 藤原 賢二, 飯田 元: "開発履歴分析を用いたコードクローン内外における欠陥発生率の調査", 情報処理学会研究報告, Vol.2014-SE-186, No.2, pp.1-8, 大阪大学, 2014年11月. [pdf] 利用上の注意事項
  23. 辻 健二, 崔 恩瀞, 吉田 則裕, 春名 修介, 井上 克郎: "コードクローン編集者数に着目した開発履歴の分析", 情報処理学会研究報告, Vol.2014-SE-186, No.1, pp.1-7, 大阪大学, 2014年11月. [pdf] [ppt] 利用上の注意事項
  24. 槇原 絵里奈, 藤原 賢二, Putchong Uthayopas, Chantana Chantrapornchai, Jittat Fakcharoenphol, 井垣 宏, 吉田 則裕, 飯田 元: "日本とタイにおけるプログラミング初学者のプログラミング行動の比較", 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.114, No.260, ET2014-46, pp.47-52, 金沢大学, 2014年10月. [pdf]
  25. 舘 伸幸, 山本 雅基, 吉田 則裕, 高嶋 博之, 海上 智昭, 安藤 友樹, 松原 豊, 本田 晋也, 高田 広章: "OJLによる実践的組込みシステム教育", 日本ソフトウェア科学会第31回大会講演論文集, rePiT2-1, pp.1-6, 名古屋大学, 2014年9月.
  26. 後藤 祥, 吉田 則裕, 藤原 賢二, 崔 恩瀞, 井上 克郎: "機械学習を用いたメソッド抽出リファクタリングの推薦手法", ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2014論文集, pp.170-175, 芝浦工業大学, 2014年9月. [pdf(論文)] [pdf(スライド)] 利用上の注意事項
  27. Xin Yang, Norihiro Yoshida, Kenji Fujiwara, Yong Jin, Hajimu Iida: "Categorizing Code Review Result with Social Networks Analysis: A Case Study on Three OSS Projects", ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2014論文集, pp.200-201, 芝浦工業大学, 2014年9月. [pdf] 利用上の注意事項
  28. 雜賀 翼, 崔 恩瀞, 後藤 祥, 吉田 則裕, 井上 克郎: "組み合わせて実施されたリファクタリングの調査", 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.114, No.23, SS2014-1, pp.1-6, いせ市民活動センター,2014年5月. [pdf] [pptx]
  29. 佐野 真夢, 崔 恩瀞, 山中 裕樹, 吉田 則裕, 井上 克郎: "識別子名のタグクラウドを用いたコードクローン理解支援ツールの開発", 情報処理学会研究報告, Vol.2014-SE-184/2014-EMB-33, No.8, pp.1-8, 日立システムプラザ勝田, 2014年5月. [pdf] [pptx] 利用上の注意事項
  30. 丸山 勝久, 沢田 篤史, 小林 隆志, 大森 隆行, 林 晋平, 飯田 元, 吉田 則裕, 角田 雅照, 岩政 幹人, 今井 健男, 遠藤 侑介, 村田 由香里, 位野木 万里, 白石 崇, 長岡 武志, 林 千博, 吉村 健太郎, 大島 敬志, 三部 良太, 福地 豊: "産学連携によるソフトウェア進化パターン収集の試み", 情報処理学会研究報告, Vol.2014-SE-184/2014-EMB-33, No.1, pp.1-8, 日立システムプラザ勝田, 2014年5月. [pdf] 利用上の注意事項
  31. 梅川 晃一, 井垣 宏, 吉田 則裕, 井上 克郎: "細粒度作業履歴を用いたTask Level Commit支援手法の提案", 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.113, No.489, SS2013-82, pp.61-66, てんぶす那覇, 2014年3月. [pdf] [pptx]
  32. 藤原 賢二, 吉田 則裕, 飯田 元: "ソフトウェアリポジトリを対象とした細粒度リファクタリング検出", 日本ソフトウェア科学会 第20回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE 2013), pp.101-106, ゆのくに天祥, 2013年11月.
  33. 戸田 航史, 濱崎 一樹, 亀井 靖高, 吉田 則裕: "Chromium Projectにおけるレビュアーと開発者の関係がレビュー効率に与える影響の分析", 日本ソフトウェア科学会 第20回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE 2013), pp.59-64, ゆのくに天祥, 2013年11月.
  34. 浦田 大地, 吉田 則裕, 藤原 賢二, 飯田 元: "ファイル編集履歴に基づいてデザインパターン適用事例を分析する手法の検討", 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.113, No.277, KBSE2013-55, pp.13-18, 愛媛大学, 2013年11月. [pdf]
  35. Patanamon Thongtanunam, Ana Erika Camargo Cruz, Norihiro Yoshida, Hajimu Iida: "Reviewer Recommendation for Peer Review Based on File Path Similarity: a Case Study of the Android Open Source Project", 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.113, No.277, KBSE2013-58, pp.25-29, 愛媛大学, 2013年11月. [pdf]
  36. 山中 裕樹, 吉田 則裕, 崔 恩瀞, 井上 克郎: "テキストマイニング技術を応用したメソッドクローン検出手法の提案", 情報処理学会研究報告, Vol.2013-SE-182, No.28, pp.1-8, ITビジネスプラザ武蔵, 2013年10月. [pdf] [pptx] 利用上の注意事項
  37. 藤原 雄介, 藤原 賢二, 吉田 則裕, 飯田 元, "版管理システムを用いた開発プロセスに適したコードクローン修正支援ツールの検討" 情報処理学会研究報告, Vol.2013-SE-182, No.30, pp.1-6, ITビジネスプラザ武蔵, 2013年10月. [pdf] 利用上の注意事項
  38. 山田 悠太, 吉田 則裕, 藤原 賢二, 飯田 元: "トピック抽出を用いたソフトウェア開発履歴の可視化ツール", 日本ソフトウェア科学会第30回大会講演論文集, FOSE1-4, pp.1-6, 東京大学, 2013年9月. [pdf] 利用上の注意事項
  39. 後藤 祥, 吉田 則裕, 藤原 賢二, 崔 恩瀞, 井上 克郎: "メソッド抽出リファクタリングが行われるメソッドの特徴調査", 日本ソフトウェア科学会第30回大会講演論文集, FOSE1-3, pp.1-6, 東京大学, 2013年9月. [pdf] [pptx] 利用上の注意事項
  40. 伏田 享平, 吉田 則裕, 井垣 宏, 大平 雅雄: "第35回ソフトウェア工学国際会議(ICSE2013)参加報告", 情報処理学会研究報告, Vol.2013-SE-181, No.14, pp.1-2, 和歌山県立情報交流センター ビッグ・ユー, 2013年7月. [pdf] 利用上の注意事項
  41. 山口 佳久, 吉田 則裕, 後藤 祥, 井上 克郎: "スライスに基づく凝集度を用いたメソッド抽出支援手法の実験的評価", 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.113, No.24, SS2013-3, pp.13-17, 香川大学, 2013年5月. [pdf] [pptx]
  42. 藤原 賢二, 吉田 則裕, 飯田 元: "構文情報を付加したリポジトリによるメソッド抽出リファクタリングの検出", 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.113, No.24, SS2013-4, pp.19-24, 香川大学, 2013年5月. [pdf]
  43. 梅川 晃一, 井垣 宏, 吉田 則裕, 井上 克郎: "コーディングにおける細粒度作業履歴を用いた手戻り支援ツールの検討", 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.113, No.24, SS2013-5, pp.25-30, 香川大学, 2013年5月. [pdf] [pptx]
  44. 森脇 匠哉, 井垣 宏, 山中 裕樹, 吉田 則裕, 井上 克郎, 楠本 真二: "ソフトウェアリポジトリにおけるコードクローン作成者・利用者関係分析手法とその適用", 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.113, No.24, SS2013-7, pp.37-42, 香川大学, 2013年5月. [pdf] [pptx]
  45. 浦田 大地, 藤原 雄介, 平山 力地, 濵﨑 一樹, 吉田 則裕, 飯田 元: "ソフトウェア品質の第三者評価を目的としたメトリクス基準値導出法の提案", 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.113, No.24, SS2013-10, pp.55-60, 香川大学, 2013年5月. [pdf]
  46. Eunjong Choi, Norihiro Yoshida, Yoshiki Higo, Katsuro Inoue: "A Clone Detection Approach for a Collection of Similar Large-Scale Software Products", 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.112, No.275, SS2012-43, pp.117-121, 広島市立大学, 2012年11月. [pdf] [pptx]
  47. 井岡 正和, 吉田 則裕, 井上 克郎: "プログラム実行履歴を用いたコードクローン検出手法", 情報処理学会研究報告, Vol.2012-SE-178, No.13, pp.1-7, 広島市立大学, 2012年11月. [pdf] [pptx] 利用上の注意事項
  48. 山田 悠太, 藤原 賢二, 吉田 則裕, 飯田 元: "トピック抽出に基づく開発者の活動に着目したリポジトリ可視化手法", 情報処理学会研究報告, Vol.2012-SE-178, No.16, pp.1-7, 広島市立大学, 2012年11月. [pdf] 利用上の注意事項
  49. 吉田 則裕, 崔 恩瀞, 肥後 芳樹, 楠本 真二, 井上 克郎: "産学連携による携帯端末用ソフトウェアに対する品質改善の取り組み", ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2012 (SES2012) 論文集, pp.1-6, 東京電機大学, 2012年8月. [pdf(論文)] [pdf(スライド)] 利用上の注意事項
  50. 山中 裕樹, 崔 恩瀞, 吉田 則裕, 井上 克郎, 佐野 建樹: "コードクローン変更管理システムの開発と実プロジェクトへの適用", ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2012 (SES2012) 論文集, pp.1-8, 東京電機大学, 2012年8月. [pdf] [pptx] 利用上の注意事項
  51. 後藤 祥, 吉田 則裕, 井岡 正和, 井上 克郎: "差分を含む類似メソッドの集約支援ツール", ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2012 (SES2012) 論文集, pp.1-6, 東京電機大学, 2012年8月. [pdf] [pptx] 利用上の注意事項
  52. 平山 力地, 吉田 則裕, 飯田 元: "スライスに基づく凝集度を用いて自動分割を行うプログラム理解支援手法", 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.112, No.164, SS2012-31/KBSE2012-33, pp.127-132, はこだて未来大学, 2012年7月. [pdf]
  53. 亀井 靖高, 伊原 彰紀, 畑 秀明, 吉村 健太郎, 吉田 則裕: "第34回ソフトウェア工学国際会議ICSE2012 参加報告", 情報処理学会研究報告, Vol.2012-SE-177, No.5, pp.1-7, 大阪大学, 2012年7月. [pdf] 利用上の注意事項
  54. 濵﨑 一樹, 藤原 賢二, 吉田 則裕, Raula Gaikovina Kula, 伏田 享平, 飯田 元: "Android Open Source Projectを対象としたパッチレビュー活動の調査", 情報処理学会研究報告, Vol.2012-SE-176/Vol.2012-EMB-25, No.12, pp.1-7, 早稲田大学, 2012年5月. [pdf] 利用上の注意事項
  55. 吉岡 俊輔, 吉田 則裕, 伏田 享平, 飯田 元: "近傍ハッシュ法を用いた2段階のクラスタリングに基づくNear-missクローンの検出", 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.111, No.481, SS2011-63, pp.37-42, てんぶす那覇, 2012年3月. [pdf]
  56. 伏田 享平, 玉田 春昭, 井垣 宏, 藤原 賢二, 吉田 則裕: "プログラミング演習における初学者を対象としたコーディング傾向の分析", 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.111, No.481, SS2011-68, pp.67-72, てんぶす那覇, 2012年3月. [pdf]
  57. Pei Xia,Yuki Manabe,Norihiro Yoshida,Katsuro Inoue: "Development of a Code Clone Search Tool for Open Source Repositories", 情報処理学会研究報告, Vol.2011-SE-174, No.2, pp.1-8, 奈良県新公会堂, 2011年11月. [pdf] [pptx] 利用上の注意事項
  58. 吉田 則裕, 木下 正喬, 飯田 元: "プログラム理解のための凝集度に基づく機能候補抽出", 日本ソフトウェア科学会第28回大会講演論文集, 5C-4, pp.1-6, 沖縄産業支援センター, 2011年9月. [pdf] 利用上の注意事項
  59. 藤原 賢二, 伏田 享平, 吉田 則裕, 飯田 元: "オープンソースソフトウェアを対象としたリファクタリングが欠陥混入に与える影響の調査", 日本ソフトウェア科学会第28回大会講演論文集, 5C-3, pp.1-5, 沖縄産業支援センター, 2011年9月. [pdf] 利用上の注意事項
  60. Dotri Quoc, Kazuo Kobori, Norihiro Yoshida, Yoshiki Higo, Katsuro Inoue: "Modi Checker: Accessibility Excessiveness Analysis Tool for Java Program", 日本ソフトウェア科学会第28回大会講演論文集, 6C-2, pp.1-7, 沖縄産業支援センター, 2011年9月. [pdf] [pptx] 利用上の注意事項
  61. 山本 哲男, 吉田 則裕, 肥後 芳樹: "ソースコードコーパスを利用したシームレスな再利用手法", 情報処理学会 ソフトウェアエンジニアシンポジウム 2011 (SES 2011) 論文集, 東京女子大学, 2011年9月. [pdf] 利用上の注意事項
  62. 井岡 正和, 吉田 則裕, 政井 智雄, 井上 克郎: "凝集度メトリクスCOBを用いたTemplate Methodパターン適用候補の順位付け手法", 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.111, No.168, SS2011-22/KBSE2011-19, pp.57-62, 北海道情報大学, 2011年7月. [pdf] [pptx]
  63. 吉岡 一樹, 吉田 則裕, 徳永 将之, 松下 誠, 井上 克郎: "コードクローンの特徴に基づくメソッド引き上げリファクタリングパターンの提案", 情報処理学会研究報告, Vol.2011-SE-173, No.7, pp.1-8, 岡山国際交流センター, 2011年7月. [pdf] [pptx] 利用上の注意事項
  64. Eunjong Choi, Norihiro Yoshida, Takashi Ishio, Katsuro Inoue, Tateki Sano: "Finding Code Clones for Refactoring with Clone Metrics: A Case Study of Open Source Software", 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.111, No.107, SS2011-10, pp.53-57, 高麗大学, 2011年6月. [pdf] [ppt]
  65. Kenji Fujiwara, Kyohei Fushida, Norihiro Yoshida, Hajimu Iida: "An Approach to Investigating How a Lack of Software Refactoring Effects Defect Density", 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.111, No.107, SS2011-11, pp.59-62, 高麗大学, 2011年6月. [pdf]
  66. オユンビレグ チングン, 伏田 享平, 吉田 則裕, 飯田 元: "ソフトウェア開発の要件変更・追加がコストに及ぼす影響の分析支援", 電子情報通信学会 2011年総合大会 情報システム講演論文集2, D-13-3, p.203, 東京都市大学, 2011年3月.
  67. 政井 智雄, 吉田 則裕, 松下 誠, 井上 克郎: "類似メソッド集約支援ツールの開発", 情報処理学会 ウィンターワークショップ2011・イン・修善寺 論文集, pp.19-20, ラフォーレ修善寺, 2011年1月.[pdf] 利用上の注意事項
  68. 徳永 将之, 吉田 則裕, 吉岡 一樹, 松下 誠, 井上克郎: "コードクローンの分類に基づくリファクタリングパターン集の提案に向けて", 情報処理学会 ウィンターワークショップ2011・イン・修善寺 論文集, pp.79-80, ラフォーレ修善寺, 2011年1月. [pdf] 利用上の注意事項
  69. 山本 哲男,吉田 則裕,肥後 芳樹: "ソースコードコーパスを利用したシームレスな再利用支援", 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.110, No.336, SS2010-48, pp.55-60, 伊香保温泉 ホテル天坊, 2010年12月. [pdf]
  70. 木下 正喬, 吉田 則裕, 飯田 元: "凝集度によるコード片の機能別分類手法", 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.110, No.336, SS2010-52, pp.79-84, 伊香保温泉 ホテル天坊, 2010年12月. [pdf]
  71. 政井 智雄, 吉田 則裕, 松下 誠, 井上 克郎: "テンプレートメソッドの形成に基づく類似メソッドの集約支援", 日本ソフトウェア科学会 第17回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE 2010), ソフトウェア工学の基礎XVII,pp.125-130, 越後のお宿 いなもと, 2010年11月. [pdf] [pptx] 利用上の注意事項
  72. 齋藤 晃, 吉田 則裕, 松下 誠, 井上 克郎: "コードの生存期間を考慮したコードクローンと欠陥修正の関係調査", 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.110, No.227, SS2010-31, pp.19-24, 岩手県立大学, 2010年10月. [pdf] [pptx]
  73. 鹿島 悠, 早瀬 康裕, 吉田 則裕, 真鍋 雄貴, 井上 克郎: "ソフトウェアライセンスがコピーアンドペーストによる再利用に与える影響の調査", 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.110, No.227, SS2010-32, pp.25-30, 岩手県立大学, 2010年10月. [pdf] [pptx]
  74. 木下 正喬, 吉田 則裕, 飯田 元: "ソースコード解析に基づいた機能群の推定とその分類手法の提案", 平成22年度 情報処理学会関西支部 支部大会 講演論文集, 大阪大学中之島センター, 2010年9月. [pdf] 利用上の注意事項
  75. 藤原 賢二, 伏田 享平, 吉田 則裕, 飯田 元: "ソースコード履歴情報に基づくリファクタリングと欠陥の関係分析", 平成22年度 情報処理学会関西支部 支部大会 講演論文集, 大阪大学中之島センター, 2010年9月. [pdf] 利用上の注意事項
  76. 山田 吾郎, 吉田 則裕, 井上 克郎: "プログラム依存グラフの一貫性検査に基づく欠陥候補の検出手法", 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.110, No.169, SS2010-20, pp.23-28, 旭川市民文化会館, 2010年8月. [pdf] [pptx]
  77. 政井 智雄, 吉田 則裕, 松下 誠, 井上 克郎: "類似メソッドの集約のための差分抽出支援", 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.110, No.60, SS2010-8/KBSE2010-8, pp.45-50, 同志社大学, 2010年5月. [pdf] [pptx]
  78. 譜久島 亮, 吉田 則裕, 松下 誠, 井上 克郎: "ソースコードに対して適用可能な編集手順を探索するリファクタリング支援手法の提案", 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.109, No.343, SS2009-44, pp.55-60, 香川大学, 2009年12月. [pdf] [pptx]
  79. 吉田 昌友, 吉田 則裕, 松下 誠, 井上 克郎: "リファクタリングのための変更波及解析を利用したテスト支援ツールの提案", 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.109, No.343, SS2009-45, pp.61-66, 香川大学, 2009年12月. [pdf] [ppt]
  80. 齋藤 晃, 吉田 則裕, 松下 誠, 井上 克郎: "同時変更が生じたTemplate Method パターンの適用事例の調査", 情報処理学会研究報告, Vol.2009-SE-166, No.2, pp.1-8, 名古屋大学, 2009年11月. [pdf] [pptx] 利用上の注意事項
  81. 譜久島 亮, 吉田 則裕, 松下 誠, 井上 克郎: "ソースコードに対する適用可能な修正手順を可視化するリファクタリング支援手法の提案", 情報処理学会 ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム 2009 (SES 2009), ソフトウェアエンジニアリング最前線 2009, p.190, 東京女子大学, 2009年9月. [pdf] [pptx] 利用上の注意事項
  82. 山田 吾郎, 吉田 則裕, 井上 克郎: "シーケンシャルパターンマイニングに基づくオブジェクト指向プログラムのための欠陥検出手法", 情報処理学会研究報告, Vol.2009-SE-164/Vol.2009-EMB-13/Vol.2009-CSEC-45, No.15, pp.1-8, 株式会社インターネットイニシアティブ本社, 2009年5月. [pdf] [pptx] 利用上の注意事項
  83. 山田 吾郎, 吉田 則裕, 三宅 達也, 宮崎 宏海, 井上 克郎: "メソッド呼び出しパターン分析ツールの提案と実現", 日本ソフトウェア科学会 第15回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE 2008), ソフトウェア工学の基礎 XV, pp.155-156, 淡路夢舞台国際会議場, 2008年11月. [pdf] [ppt] 利用上の注意事項
  84. 増田 敬史, 吉田 則裕, 浜口 優, 井上 克郎: "UMLモデルを対象としたリファクタリング候補検出の試み", 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.108, No.64, SS2008-5/KBSE2008-5, pp.25-30, 宮崎市民プラザ, 2008年5月. [pdf] [ppt]
  85. 吉田 昌友, 吉田 則裕, 井上 克郎: "コードクローン検出に基づくデザインパターン適用支援", 情報処理学会第70回全国大会講演論文集, 第5分冊, pp.417-418, 筑波大学, 2008年3月. [pdf] [ppt] 利用上の注意事項
  86. 吉田 則裕, 石尾 隆, 松下 誠, 井上 克郎: "欠陥検出を目的とした類似コード検索法", 情報処理学会 ウインターワークショップ2008・イン・道後 論文集, pp.37-38, 愛媛大学, 2008年1月. [pdf] [ppt] 利用上の注意事項
  87. 服部 剛之, 吉田 則裕, 早瀬 康裕, 肥後 芳樹, 松下 誠, 楠本 真二, 井上 克郎: "識別子の共起関係に基づく類似コード検索法の提案と欠陥検出への適用", 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.107, No.392, SS2007-47, pp.55-60, 島根大学, 2007年12月. [pdf] [ppt]
  88. 馬場 慎太郎, 吉田 則裕, 楠本 真二, 井上 克郎: "ソフトウェア保守性を評価するメトリクス間の関連分析", ソフトウェア信頼性研究会 第4回ワークショップ論文集, pp.101-106, 愛媛大学, 2007年6月. [pdf] [ppt]
  89. 玉田 春昭, 森崎 修司, 吉田 則裕, 楠本 真二, 井上 克郎: "APIの使用に伴うコードクローンの特徴分析", 情報処理学会研究報告, 2007-SE-156/2007-EMB-5, Vol.2007, No.52, pp.57-62, 化学会館, 2007年5月. [pdf] 利用上の注意事項
  90. 吉田 則裕, 肥後 芳樹, 神谷 年洋, 楠本 真二, 井上 克郎: "コードクローン間の依存関係に基づくリファクタリング支援環境の実装", 情報処理学会第67回全国大会講演論文集, 第1分冊, pp.337-338, 電気通信大学, 2005年3月. [pdf] [ppt] 利用上の注意事項

主な講演

  1. Norihiro Yoshida: "Active Support for Clone Refactoring", NII Shonan Meeting on Software Analytics: Principles and Practice, Hayama, Japan, October 2013.
  2. 吉田 則裕,井垣 宏: "ソフトウェア開発プロセス「実装・テスト工程」", 大阪大学 大学院情報科学研究科 クラウド開発演習, 大阪大学中之島センター, 2013年7月.
  3. 吉田 則裕,肥後 芳樹: "コードクローンを対象としたリファクタリングに関する研究動向", 2011年度後期OACIS情報科学講座, 大阪大学中之島センター, 2011年11月.
  4. Norihiro Yoshida: "Detection of Chained Clone and Its Application", 9th CREST Open Workshop, London, UK, November 2010. [pdf]

E-mail: yoshida AT ertl.jp [twitter] [facebook]